アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2013年2月

 家族ために | 結婚生活

言い争いをやめるには

言い争いをやめるには

現実問題

あなたは,夫婦物事穏やか話し合うことできますか。それとも,ちょっとことすぐ口論なるため,二いつも緊張ますか。

たとえそうも,事態改善すること可能です。しかし,まず,なぜそんな言い争っしまうか,理由知る必要あります。

なぜそうなる

誤解生じるため。

主婦ジリアン *こう認めます。「主人に,ある事柄ついも,自分思っとおり結果ならなかったり,話し思っも,実そう思い込んだけだったりすることあります。実際そういうこと起きるです」。

意見なるため。

どれほど合う夫婦も,何関し見方異なることあるものです。なぜなら,二人間あらゆる同じいうことないからです。そう違いが,結婚生活彩り添えることあれば,緊張生じさせることあります。多く夫婦とっ緊張生じさせる結果なっいるです。

良い手本なかっため。

主婦レイチェルは,こう述べます。「父も,よく言い争っは,互い対し敬意欠けこと言っました。それわたしも,結婚する対して,母同じよう話し方ました。敬意示し方教わっなかっです」。

問題。

激しい言い争い本当争点は,往々にして,きっかけなっ出来事ところあります。例えば,「あなたいつも時間遅れる!」という言葉口論なる場合,本当争点は,時間厳守必要なく,待たされる日頃から思いやり示さない感じいることあるしれません。

 原因あれ,言い争いばかりいると,健康よくありませし,やがて離婚することなるしれません。では,どうすれ言い争いやめることできるでしょか。

どうすれよい

言い争い避けるかぎは,根底ある問題見極めることです。平穏に,配偶こうください。

1. 夫婦それぞれが,別々に,最近どんなこと言い争っ書き出します。例えば,夫は,「君一日じゅう友人たち一緒過ごして,僕電話一つかけなかった」と書くしれません。また,妻は,「あなたは,わたし友人たち一緒過ごしこと立てた」と書くしれません。

2. ついて,先入抱か話し合っください。その問題本当それほど重大ことだっか,目つぶることできないか,といっです。場合よっ平和保つために,意見異なるいう事実互い認め,問題覆うだけ十分しれません。―聖書原則: 箴言 17:9

もし夫婦に,問題ささいことだっいう結論達するなら,互い謝り,解決ことましょう。―聖書原則: コロサイ 3:13,14

もしも夫婦一方あるいは両方とって,問題もっと深刻こと思える場合は,次ようください。

3. 言い争っとき自分どういう気持ちだっ書き,配偶そうもらいます。例えば,夫は,「僕一緒いるより友達一緒たいだ,と思った」と書くしれず,妻は,「子どもなら父親自分居所知らせなけれならないけど,わたし子どもじゃない,と思った」と書くしれません。

4. その交換て,相手コメント読んください。言い争っとき,相手本当問題でしょか。言い争うことなく根底ある問題解決するため各々どうすれよかっか,話し合いましょう。―聖書原則: 箴言 29:11

5. これまでところで,どんなこと分かっでしょか。今後,言い争い解決たり避けたりするで,そのことどう生かしゆけるでしょか。

^ 7節 名前変えあります。

 

もっと調べる

どうすれば家族として幸せに暮らせますか

エホバは幸福な神であり,家族の幸せを願っておられます。聖書には,夫婦,親,子どもに役立つ実際的なアドバイスが収められています。

折り合うには

夫婦にとって,口論を避けて一緒に解決策を見いだすうえで,4つの段階を踏むのが有益です。