内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2013年1月

 家族  ため に | 子育て

十代の子どもとのコミュニケーション

十代の子どもとのコミュニケーション

難しく する 要素

子ども  小さい              に,十   入る    閉ざす よう  なり ます。話しかけ  も,そっけない 返事  返っ  くる だけ です。あるいは,すぐ 言い合い  始まり,家庭  争い    なっ  しまい ます。

   子ども  話す 方法  習得 する こと  でき ます。その   まず,難しく する 二つ  要因  取り上げ ましょ う。

なぜ そう なる 

自立  求める 気持ち。子ども  大人     責任  担える よう  なる  は,運転  覚える よう  もの です。それ まで  言っ  みれ    乗せ  もらっ   まし  が,今や 危険  多い 人生 行路  自分  進ん  ゆく 必要  ある  です。もちろん,むやみ  自由  欲しがる 子ども   ます が,親  本来 与える べき 自由  与え   ない  いう 状況  あり得 ます。こう   対立 は,親 だけ  なく 子ども   大きな ストレス  なり ます。16   ブラッド は,こう 文句  言い ます。 * 「うち    細かい こと まで いちいち   挟み ます。18   なっ   自由  させ  くれ ない なら,家   よう  思い ます」。

多面   考える。子ども  幼い ころ  物事  良い  悪い   いう 視点 だけ   がち です が,たいてい     入る と,単純   割りきれ ない 状況  ある こと  理解 できる よう  なり ます。これ は,物事  いろいろ   から 考える うえ  重要  要素  あり,健全  判断     つける   役立ち ます。例  挙げ ましょ う。幼い 子ども  とっ て,公平   いう 概念  単純 明快 です。「ママ  お菓子  半分   て,わたし    くれ た」と いう 場合,公平   厳密  数値  測ら  ます。しかし,十   なっ  くる と,公平    もっと 多く    関係 する こと  理解  ます。公平  扱い  は,人  対し  必ずしも 全く 同じ 待遇  する こと   ない  です。十   お子さん も,単純   割りきれ ない 事柄  多面   考え  判断  できる よう  なり ます。と  いえ,難しく 思える 状況  生じ   ます。  見方  あっ  も,すぐ   受け入れ なく なる  です。

  できる 

可能   に,気軽  話す。日常  ひとこま  活用  ましょ う。例えば,ある  たち は,十   子ども    向かっ  話す  より も,一緒  雑用  する     乗る  など,何気ない ひととき  ほう  いろいろ    くれる  感じ   ます。―聖書  原則: 申命記 6:6,7

短く 簡潔  伝える。どんな 問題  つい   険悪  なる まで 話し合う 必要  あり ませ ん。むしろ,簡潔  伝える よう  し,そこで   切り上げ ましょ う。お子さん  たいてい,あと  独り  なっ   に,あなた  言っ  こと  思い返し,理解  ます。その 機会  お子さん  持たせ ましょ う。―聖書  原則: 箴言 1:1‐4

よく 聴き,柔軟  対応 する。  さえぎら   よく 聴き ましょ う。何  問題   きちんと 把握 する ため です。答える   は,物分かり  よさ  示し  ください。規則  縛る なら,お子さん  抜け穴  探そ   する でしょ う。「十   子ども  気持ち  通わせる」(英語)と いう    こう あり ます。「子ども  二つ    使い分ける よう  なる。親  望む 答え  する 一方 で,親    届か ない 場所  は,し たい よう  行動 する」。―聖書  原則: フィリピ 4:5

平静   保つ。カリ  いう 少女  こう 言い ます。「意見  合わ ない と,母  わたし  言う こと  いちいち   立て ます。わたし    気持ち  なり,いつ     言い合い  なっ  しまい ます」。過敏  反応 する    なく,お子さん  気持ち  受け止め,それ  言葉  表わし ましょ う。例えば,「そんな こと  悩ん    の?」と 言う    なく,「それ  つらかっ  ね」と 答える こと  でき ます。―聖書  原則: 箴言 10:19

できる だけ 指針  示し,一方   押しつけ ない。物事  多面   考える 能力 は,鍛える 必要  ある 筋力  例え られ ます。子ども  どう  べき  悩ん  いる  は,“トレーニング”の よい 機会    ください。一緒  話し,何らか  解決   自分  考え出す チャンス  与え ます。そして,幾つ   選択   つい  一緒  考え  後,こう 言え ます。「この よう  選択     ね。どの 方法  いい  思う か,なぜ そう 思う か,一日    考え    ごらん。そして また 話そ う」。―聖書  原則: ヘブライ 5:14

^ 7節 この 記事    くる 名前  変え  あり ます。

 

もっと調べる

「ものみの塔」

十代の子どもと話す 口げんかせずに

“自分”を確立する途上にある子どもは,自分の信念を言い表わせるような雰囲気を必要とします。親はどうすれば助けになれるでしょうか。

「ものみの塔」

思春期の子どもとのコミュニケーションを図る

何かを尋ねても返事をしようとしない子どもにどのように話しかければよいでしょうか。