内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2013年1月

 世界    人々

カメルーンを訪ねて

カメルーンを訪ねて

カメルーン  最初  定住     バカ   ある  思わ  ます。その 人々  ピグミー     知ら    ます。1500 年代   ポルトガル   やっ   まし た。その 数百  後,イスラム   フラニ   カメルーン 北部  征服  ます。現在   人口  40   キリスト 教徒  ある  言わ れ,20   イスラム 教徒,他  40   アフリカ  伝統 宗教  奉じ   ます。

エホバ  証人  カメルーン  言語  一つ  ある バッサ    聖書 関係  文書  発行   いる

カメルーン  田舎  住む  たち  とりわけ,もてなし  精神  富ん   ます。訪れる   歓迎     招じ入れ,水  食べ物  出し ます。この もてなし  受け入れる   礼儀  され  おり,応じ ない   失礼  こと  みなさ  ます。

まず 家族  あいさつ し,それぞれ 元気  どう  尋ねる こと    始まり ます。家畜  様子  尋ねる   普通  こと です。カメルーン   ジョセフ  こう 言い ます。「客  帰る  は,『さようなら』と あいさつ する だけ    十分 です。たいてい  途中 まで 見送り,その   雑談  ます。そして,適当  ところ  別れ  あいさつ  し,家  戻り ます。客  そう   もらえ ない なら,自分  歓迎     なかっ     感じる  です」。

サナガ    カヌー  よく 見かける。帆       入る 材料  作ら れる

食事        て,友人 同士  同じ  から 食べ ます。その  から   食べる こと  あり ます。カメルーン   この 習慣 は,絆  証し です。実際,何   こと  疎遠  なっ  しまっ   同士  こう   食事  友情  取り戻す こと  あり ます。共  食事  する こと  よっ  言っ  みれ ば,自分 たち  友好 関係  ある こと  示し  いる  です。

本誌  発行 する エホバ  証人  カメルーン   活動   いる。300 以上  会衆  あり,約 6万5,000   聖書  教え  いる