内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2012年11月

 聖書​の​見方

見せびらかすことには危険がありますか

見せびらかすことには危険がありますか

「ジーンズ​で​も​何​で​も,ブランド​もの​を​身​に​着けれ​ば,何​の​取り柄​も​ない​自信​の​ない​自分​と​決別​し,『わた​しっ​て​すごい​で​しょう。なん​なら,この​ラベル​に​ご注目!』と​いう​妄想​に​浸れる​よう​に​なる」。―心理​学​者​チェーター​・​D​・​メーソン。

人​から​称賛​さ​れる​ため​に,有名​デザイナー​の​服​や​おしゃれ​な​持ち物​を​見せびらかす​人​が​い​ます。例えば​アジア​の​ある​国​で​は,「新​富裕​層​は​贅沢​品​を​好み,フランス​製​の​輸入​ハンドバッグ​や​イタリア​製​の​スポーツカー​など​で[富​を]誇示​し​て​いる」と,ワシントン​・​ポスト​紙(英語)の​記事​は​伝え​て​い​ます。

自分​で​働い​て​得​た​もの​を​楽しむ​の​は​何​も​悪い​こと​で​は​あり​ませ​ん。聖書​も,「人​は​みな,食べ,まさしく​飲み,その​すべて​の​骨折り​に​よっ​て​良い​こと​を​見る​べき​で​ある……。それ​は​神​の​賜物​な​の​で​ある」と​述べ​て​い​ます。(伝道​の​書 3:13)と​は​いえ,持ち物​を​見せびらかす​の​は​賢明​な​こと​でしょ​う​か。聖書​は​何​と​述べ​て​い​ます​か。

「富ん​だ​者​の​友​は​多い」

お金持ち​や​その​振り​を​する​人​が​持ち物​を​見せびらかす​時,それ​に​引きつけ​られる​の​は​どんな​友​でしょ​う​か。聖書​は,人間​の​本質​に​つい​て​論じ​た​格言​の​中​で,この​よう​な​手掛かり​を​与え​て​い​ます。「資力​の​乏しい​者​は​その​仲間​の​者​に​とっ​て​さえ​憎しみ​の​的​と​なる。しかし,富ん​だ​者​の​友​は​多い」。―箴言 14:20

ここ​で​暗に​示さ​れ​て​いる​の​は​次​の​考え​です。お金持ち​は​多く​の​友​を​持てる​と​は​いえ,人柄​で​は​なく​持っ​て​いる​富​に​引か​れる​人​たち​が​寄っ​て​くる​に​過ぎ​ない,と​いう​点​です。これ​は​自己​の​利益​を​図っ​て​築か​れる“友情”で,お世辞​も​その​目的​で​語ら​れ​ます。聖書​は​その​種​の​言葉​を,「強欲​さ​を​隠す​見せかけ」と​表現​し​て​い​ます。―テサロニケ​第​一 2:5

ですから,こう​自問​し​て​ください。「どんな​友​を​持ち​たい​だろ​う​か。わたし​の​持ち物​に​関心​の​ある​人​か,わたし​自身​に​魅力​を​感じる​人​か」。聖書​は,どんな​友​を​得る​か​は​当人​の​振る​舞い​次第​で​ある​こと​を​示し​て​い​ます。

「知恵​は,慎み​ある​者​たち​と​共​に​ある」

富​を​ひけらかす​こと​に​は​別​の​問題​も​伴い​ます。その​こと​を​示す​例​と​し​て,古代​エルサレム​の​ヒゼキヤ​王​に​関する​聖書​の​記述​を​取り上げ​ましょ​う。ある​時,ヒゼキヤ​は​バビロン​の​高官​たち​に​自分​の「財宝​の​中​に​見いださ​れる​すべて​の​もの」を​見せ​まし​た。高官​たち​は,この​莫大​な​富​に​感銘​を​受け​た​もの​と​思わ​れ​ます。しかし​同時​に,それ​を​欲する​気持ち​が​芽生え​た​か​も​しれ​ませ​ん。彼ら​が​去っ​た​後,神​の​預言​者​イザヤ​は​勇気​を​示し,その​財宝​すべて​が「実際​に​バビロン​に​運ば​れる」日​が​来​て​何一つ​残さ​れ​ない,と​ヒゼキヤ​に​告げ​まし​た。この​言葉​は​その​とおり​に​なり​まし​た。それ​から​何十​年​も​後​に,バビロニア​人​は​戻っ​て​き​て,王家​に​属する​富​を​すべて​持ち去っ​た​の​です。―列王​第​二 20:12‐17; 24:12,13

同様​に​今日​で​も,富​を​見せびらかす​人​は​その​すべて,もしくは​一部​を​失う​危険​を​冒す​こと​に​なり​ます。メキシコ​に​おける​犯罪​や​安全​に​つい​て,次​の​よう​な​報告​が​あり​ます。「メキシコシティー​で​富​を​誇示​する​こと​は,盗ん​で​ください​と​言っ​て​いる​よう​な​もの​で​ある。高価​な​宝飾​品​や​腕​時計​を​身​に​着け​たり,多額​の​現金​を​所持​し​て​いる​そぶり​を​見せ​たり​する​なら,望ま​ない​注意​を​引く​こと​に​なる」。自分​の​富​を「自慢​し​て​は​なら​ない」と​いう​聖書​ の​勧め​に​従う​ほう​が​ずっ​と​賢明​です。(エレミヤ 9:23)「知恵​は,慎み​ある​者​たち​と​共​に​ある」と,箴言 11​章​2​節​は​述べ​て​い​ます。

他​の​人​の​良い​気質​に​目​を​留める

慎み​の​ある​謙遜​な​人​は,「わたし​を​見​て!」と​言わ​ん​ばかり​の​自己​中心​的​な​態度​を​取っ​たり​は​し​ませ​ん。むしろ,他​の​人​の​良い​気質​や​長所​を​喜び​ます。フィリピ 2​章​3​節​に​は​こう​あり​ます。「何事​も​利己​心​や​虚栄​心​から​する​の​で​は​なく,へりくだっ​て,互い​に​相手​を​自分​より​も​優れ​た​者​と​考え[なさい]」。(「新​共同​訳」,共同​訳​聖書​実行​委員​会)さらに​ガラテア 5​章​26​節​に​は,「自己​本位​に​なっ​て,互い​に​競争​を​あおり,互い​に​そねみ​合う​こと​の​ない​よう​に​し​ましょ​う」と​述べ​られ​て​い​ます。

あなた​の​持ち物​に​引か​れる​人​を​友​に​し​たい​です​か,それ​と​も​あなた​自身​に​引か​れる​人​を​友​と​し​たい​です​か

神​から​の​知恵​を​持つ​人​は​また,真​の​友情​の​基盤​は​利他​的​な​態度​や​互い​へ​の​敬意​で​ある​こと​を​知っ​て​い​ます。その​友情​は,富​が​失わ​れ​た​時​に​絶え​て​しまっ​たり​せ​ず,むしろ​時​と​とも​に​強まり​ます。「真​の​友​は​どんな​時​に​も​愛し​つづける」と,箴言 17​章​17​節​は​述べ​て​い​ます。さらに,知恵​の​ある​人​は​神​を​喜ばせる​よう​努め​ます。神​が​人​の​外見​に​感銘​を​受け​たり​は​され​ず,「心​の​中​の​秘め​られ​た​人」,つまり​人​の​内面​に​目​を​留める​こと​を​知っ​て​いる​の​です。(ペテロ​第​一 3:4)その​よう​な​人​は,聖書​が「新しい​人格」と​描写​する​魅力​的​な​気質​を​身​に​着け​磨く​よう​努力​し​ます。(エフェソス 4:24ミカ 6​章​8​節​に​も,その​よう​な​資質​が​挙げ​られ​て​い​ます。「エホバ​が​あなた​に​求め​て​おら​れる​の​は,ただ​公正​を​行ない,親切​を​愛し,慎み​を​もっ​て​あなた​の​神​と​共​に​歩む​こと​で​は​ない​か」。

今​の​世界​で​は​確か​に,慎み​と​いう​気質​は​あまり​重んじ​られ​て​い​ませ​ん。聖書​を​学ん​で​いる​人​に​とっ​て,それ​は​意外​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。「終わり​の​日」に​関する​説明​の​中​で,人々​は​概して「金​を​愛する​者,うぬぼれる​者,ごう慢​な​者……誇り​の​ため​に​思い上がる​者」に​なる​こと​が​予告​さ​れ​て​い​た​から​です。(テモテ​第​二 3:1‐5)その​よう​な​人​に​囲ま​れ​て​いる​と,持ち物​を​見せびらかす​の​は​普通​の​こと​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​神​は,「こう​し​た​人々​から​は​離れ​なさい」と​勧め​て​おら​れ​ます。その​よう​な​人​の​影響​を​受け​ない​よう​に​する​ため​です。