内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

健全な価値観を教える

健全な価値観を教える

賢い​親​は,聖書​の​健全​な​価値​規準​を​子ども​に​教える

「聖書​の​規準​を​知ら​なかっ​た​ころ​は,子ども​を​教える​の​に​苦労​し​て​い​まし​た。でも​今​は,聖書​の​アドバイス​の​おかげ​で,ずいぶん​楽​に​なり​まし​た」。―エリザベス,南​アフリカ。

難しさ。

子ども​たち​は,学校​の​友達​から​の​圧力​や​世間​の​低俗​な​道徳​観​に​さらさ​れ​て​い​ます。それら​に​抵抗​する​に​は,健全​な​価値​観​が​必要​です。その​よう​な​価値​観​が​ない​と,責任​感​の​ある​しっかり​し​た​礼儀正しい​大人​に​は​なれ​ない​でしょ​う。

アドバイス。

この​一連​の​記事​に​出​て​き​た​人​たち​を​含む​多く​の​ひとり親​は,聖書​を​導き​と​し​て​い​ます。聖書​に​は,神​の​比類​ない​知恵​が​収め​られ​て​いる​から​です。一例​と​し​て,真​の​愛​を​示す​と​いう​大切​な​点​に​つい​て​聖書​が​何​と​述べ​て​いる​か,見​て​み​ましょ​う。

「愛​は​辛抱強く,また​親切​です。愛​は​ねたま​ず,自慢​せ​ず,思い上がら​ず,みだり​な​振る舞い​を​せ​ず,自分​の​利​を​求め​ず,刺激​さ​れ​て​も​いら立ち​ませ​ん。傷つけ​られ​て​も​それ​を​根​に​持た​ず,不義​を​歓ば​ない​で,真実​な​こと​と​共​に​歓び​ます。すべて​の​事​に​耐え,……すべて​の​事​を​希望​し,すべて​の​事​を​忍耐​し​ます。愛​は​決して​絶え​ませ​ん」。―コリント​第​一 13:4‐8

親​から​この​よう​な​愛​を​受ける​子ども​は,のびのび​育ち​ます。フランス​に​住む​コレット​は​こう​述べ​て​い​ます。「子ども​たち​に『愛し​て​いる』と​何​度​も​言い​まし​た。そして,『あなたたち​は​神​から​の​贈り物​な​の。だから​大切​に​され​て​いる​の​よ』と​言い聞かせ​まし​た。子ども​たち​の​ほう​も,大切​に​され​て​いる​の​で,わたし​と[親権​の​ない]父親​に​礼儀​と​敬意​を​示さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​よう​に​説明​し​た​の​で,我​が​家​は​敬意​と​信頼​に​満ち​た​場所​に​なっ​て​い​ます」。―詩編 127:3

ポーランド​の​アンナ​は​こう​言い​ます。「子ども​たち​が​けんか​を​する​と,イエス​の​言葉​を​思い出さ​せ​ます。自分​に​し​て​ほしい​と​思う​とおり​に​他​の​人​に​し​なさい,と​いう​言葉​です」。(マタイ 7:12)先​ほど​の​ロベルト​は,ひとり親​に​よく​ある​問題​に​直面​し​て​い​ます。こう​語り​ます。「子ども​たち​は​二つ​の​価値​観​に​接し​ます。わたし​の​価値​観​と​もう​一方​の​親​の​価値​観​です。わたし​が​聖書​の​価値​規準​を​守ろ​う​と​する​と,子ども​たち​は​一時​的​に​もう​一方​の​親​の​ほう​を​好き​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。相手​が​子ども​たち​に​好か​れ​よう​と​し​て​プレゼント​を​する​と,こちら​も​プレゼント​で​対抗​し​たく​なり​ます。でも,よく​コミュニケーション​で​き​て​いれ​ば,子ども​たち​は​何​が​大切​か​分かる​もの​です」。

聖書​の​規準​に​従う​の​が​大変​な​時​も​ある​でしょ​う。でも,努力​する​価値​が​あり​ます! 南​アフリカ​の​サラ​は​こう​言い​ます。「エホバ​の​導き​に​従っ​て​子ども​を​育て​て​本当​に​良かっ​た​と​思い​ます。難しい​時​も​あり​まし​た。でも,いつも​神​が​助け​て​ください​まし​た」。