アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2012年11月

中世の優れた機械技師たち

中世の優れた機械技師たち

シリア  ハマー  ある 水車。中世 イスラム 帝国  各地  この よう  水車  建設   

今日,産業   自動   浸透   おり,特に 同じ 作業  繰り返す 場面  活用     ます。それにしても,プログラム 可能  自動 装置  最初  登場     いつ  こと でしょ  か。数 世紀   ヨーロッパ  おける 産業 革命   です か。意外  思わ れる   しれ ませ  が,実  それ より  ずっ    発明       です。

ジャザリー  2 ピストン   吸い上げ ポンプ

イスラム 科学  黄金  は,西暦 8 世紀 から 13 世紀 ない   それ 以降 まで 続い   され   ます。その 時代  初期,中東    たち  それ 以前  科学  哲学  文献  アラビア   翻訳  まし た。それ  よっ て,有名  ギリシャ   ある アルキメデス,アリストテレス,クテシビオス,アレクサンドリア  ヘロン,ビザンティウム  フィロン など  著作  後世  残さ  まし た。 * これら  はじめ,他  文献  擁し    イスラム 帝国  版図 は,スペイン から  アフリカ,さらに  中東  アフガニスタン  まで 及び まし た。その 世界  人々  豊富  知識  持ち,自動 装置  作り出す こと  でき まし た。

ジャザリー  13 世紀  著作  描か    時計

当時  機械  つい て,科学 技術  歴史  詳しい ドナルド  ヒル は,「人間  よる 介入 なし   期間,つまり  時間 も,何  も,さらに  それ 以上  期間,稼働  続け た」と 述べ   ます。それ  可能  なっ   は,技術  たち  自動   必要  効率  よい 制御 機構  すでに 発明     から です。それら  機械 は,高い 位置  置か   水槽 から 落下 する   よっ  定常   エネルギー   まし た。また バルブ  自動  開閉 し,水  流れる 方向  自動  変え まし た。フィードバック 制御  仕組み や,ヒル   言う「安全 装置  原型」も 備わっ   まし た。その   幾つ  ご紹介  ましょ う。

発明  バヌー  ムーサー

アラビア  で「ムーサー  息子 たち」を 意味 する バヌー  ムーサー  兄弟 は,9 世紀  バグダッド  暮らし   まし た。彼ら は,先人  ある ギリシャ  フィロン  ヘロン  著作  加え,インド,中国,ペルシャ  技術  たち  著作  参照  ながら 100 余り  装置  作り まし た。科学 関係  著述  エサン  マスード は,その 発明    て,一定  周期    噴き出し   変わる 噴水,からくり 時計,浮き  バルブ  サイフォン  巧み  組み合わせ  飲み物  自動  注ぎ,給水  自動  行なう 装置 など  挙げ   ます。科学   専門  ジム  アルハリーリー  よれ ば,この  兄弟  また,等身   単純  仕組み  自動 人形  作り まし た。実際    注ぐ“茶 つぎ 娘”と,「プログラム 可能   初期  機械  思わ れる」フルート 奏者 です。

これら  自動 装置 は,現代  機械  共通   たくさん あり ます。マスード も,「彼ら  電気   なく おもに 水力  用い  が,作動 原理  多く  場合  同じ  ある」と 述べ   ます。

 「ロボット 工学  父」ジャザリー

1206 年,イブン  アッラッザーズ  アルジャザリー は,「機械 技術  理論  実践  つい   概説」と 訳さ れる こと  ある 著書  完成   まし た。この 著作 は“機械 システム 設計  集大成”と 呼ば    ます。ジャザリー  技術  ある もの は,バヌー  ムーサー  著作  紹介    いる もの  はるか  しのい   ます。詳細  説明  図解  ある ため,現代  技術   それら  装置  再び 作れる ほど です。

ジャザリー    は,揚水 機,水 時計,ろうそく 時計,給水 装置,音楽  演奏 する 自動 人形,水車  回転 運動  ピストン  往復 運動  換え  大きな   押し出す ポンプ など  図解     ます。歴史  たち は,水力 ポンプ  設計  ジャザリー  功績     ます。西洋 世界  同じ 基本   設計  なさ    は,それ から 300  以上   こと   です。

ジャザリー は,遊び心 たっぷり   いえ,きちんと 機能 する 時計  造り まし た。ここ  描か   いる 時計  再建   もの が,ドバイ  ショッピングモール  置か    ます。時間  計る 仕組み は,ゾウ  おなか    ある 水槽  浮かべ た,穴  空い    あり ます。鉢 は,30     たまる  沈み,それ  連動   一連  動作  引き起こさ  ます。その 動作 は,縄 や,ゾウ  背中 の“城”から   くる   活用   もの です。30   その サイクル  終わる と,鉢  再び 自動   浮かび,同じ 動作  始まり ます。この 装置    自動 機械  よっ て,ジャザリー は「ロボット 工学  父」と 呼ば れる よう  なっ   です。

人間  よる 創意 工夫  歴史  は,驚嘆  べき もの  あり ます。と  いえ,それ  興味深い 実話 以上  もの で,わたしたち  視野  広げ  くれ ます。今  時代  多く    新しい 技術  誇り ます が,それら  実際  は,利発  発想  豊か  先人 たち  功績  負う ところ  大きい  です。

^ 3節 アラビア    たち  よる 翻訳 作業  つい  は,本誌  2012  2   「アラビア   学術     発展   いきさつ」 いう 記事  ご覧 ください。