内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

中世の優れた機械技師たち

中世の優れた機械技師たち

シリア​の​ハマー​に​ある​水車。中世​イスラム​帝国​の​各地​で​この​よう​な​水車​が​建設​さ​れ​た

今日,産業​界​で​自動​化​が​浸透​し​て​おり,特に​同じ​作業​を​繰り返す​場面​で​活用​さ​れ​て​い​ます。それにしても,プログラム​可能​な​自動​装置​が​最初​に​登場​し​た​の​は​いつ​の​こと​でしょ​う​か。数​世紀​前​の​ヨーロッパ​に​おける​産業​革命​の​時​です​か。意外​に​思わ​れる​か​も​しれ​ませ​ん​が,実​は​それ​より​も​ずっ​と​前​に​発明​さ​れ​て​い​た​の​です。

ジャザリー​の​2​ピストン​式​の​吸い上げ​ポンプ

イスラム​科学​の​黄金​期​は,西暦​8​世紀​から​13​世紀​ない​し​は​それ​以降​まで​続い​た​と​され​て​い​ます。その​時代​の​初期,中東​の​学​者​たち​は​それ​以前​の​科学​や​哲学​の​文献​を​アラビア​語​に​翻訳​し​まし​た。それ​に​よっ​て,有名​な​ギリシャ​人​で​ある​アルキメデス,アリストテレス,クテシビオス,アレクサンドリア​の​ヘロン,ビザンティウム​の​フィロン​など​の​著作​が​後世​に​残さ​れ​まし​た。 * これら​を​はじめ,他​の​文献​も​擁し​て​い​た​イスラム​帝国​の​版図​は,スペイン​から​北​アフリカ,さらに​は​中東​の​アフガニスタン​に​まで​及び​まし​た。その​世界​の​人々​は​豊富​な​知識​を​持ち,自動​装置​を​作り出す​こと​が​でき​まし​た。

ジャザリー​の​13​世紀​の​著作​に​描か​れ​た​象​時計

当時​の​機械​に​つい​て,科学​技術​の​歴史​に​詳しい​ドナルド​・​ヒル​は,「人間​に​よる​介入​なし​に​長​期間,つまり​何​時間​も,何​日​も,さらに​は​それ​以上​の​期間,稼働​し​続け​た」と​述べ​て​い​ます。それ​が​可能​に​なっ​た​の​は,技術​者​たち​が​自動​化​に​必要​な​効率​の​よい​制御​機構​を​すでに​発明​し​て​い​た​から​です。それら​の​機械​は,高い​位置​に​置か​れ​た​水槽​から​落下​する​水​に​よっ​て​定常​的​に​エネルギー​を​得​まし​た。また​バルブ​を​自動​で​開閉​し,水​の​流れる​方向​を​自動​で​変え​まし​た。フィードバック​制御​の​仕組み​や,ヒル​氏​の​言う「安全​装置​の​原型」も​備わっ​て​い​まし​た。その​例​を​幾つ​か​ご紹介​し​ましょ​う。

発明​家​バヌー​・​ムーサー

アラビア​語​で「ムーサー​の​息子​たち」を​意味​する​バヌー​・​ムーサー​三​兄弟​は,9​世紀​の​バグダッド​で​暮らし​て​い​まし​た。彼ら​は,先人​で​ある​ギリシャ​の​フィロン​や​ヘロン​の​著作​に​加え,インド,中国,ペルシャ​の​技術​者​たち​の​著作​を​参照​し​ながら​100​余り​の​装置​を​作り​まし​た。科学​関係​の​著述​家​エサン​・​マスード​は,その​発明​品​と​し​て,一定​の​周期​で​水​の​噴き出し​方​が​変わる​噴水,からくり​時計,浮き​や​バルブ​や​サイフォン​を​巧み​に​組み合わせ​て​飲み物​を​自動​で​注ぎ,給水​も​自動​で​行なう​装置​など​を​挙げ​て​い​ます。科学​史​が​専門​の​ジム​・​アルハリーリー​に​よれ​ば,この​三​兄弟​は​また,等身​大​の​単純​な​仕組み​の​自動​人形​を​作り​まし​た。実際​に​茶​を​注ぐ“茶​つぎ​娘”と,「プログラム​可能​な​最​初期​の​機械​と​思わ​れる」フルート​奏者​です。

これら​の​自動​装置​は,現代​の​機械​と​共通​点​が​たくさん​あり​ます。マスード​も,「彼ら​は​電気​で​は​なく​おもに​水力​を​用い​た​が,作動​原理​は​多く​の​場合​に​同じ​で​ある」と​述べ​て​い​ます。

 「ロボット​工学​の​父」ジャザリー

1206​年,イブン​・​アッラッザーズ​・​アルジャザリー​は,「機械​技術​の​理論​と​実践​に​つい​て​の​概説」と​訳さ​れる​こと​も​ある​著書​を​完成​さ​せ​まし​た。この​著作​は“機械​システム​設計​の​集大成”と​呼ば​れ​て​い​ます。ジャザリー​の​技術​の​ある​もの​は,バヌー​・​ムーサー​の​著作​で​紹介​さ​れ​て​いる​もの​を​はるか​に​しのい​で​い​ます。詳細​な​説明​や​図解​が​ある​ため,現代​の​技術​者​も​それら​の​装置​を​再び​作れる​ほど​です。

ジャザリー​の​本​に​は,揚水​機,水​時計,ろうそく​時計,給水​装置,音楽​を​演奏​する​自動​人形,水車​の​回転​運動​を​ピストン​の​往復​運動​に​換え​て​大きな​力​で​押し出す​ポンプ​など​が​図解​さ​れ​て​い​ます。歴史​家​たち​は,水力​ポンプ​の​設計​を​ジャザリー​の​功績​と​し​て​い​ます。西洋​世界​で​同じ​基本​的​な​設計​が​なさ​れ​た​の​は,それ​から​300​年​以上​後​の​こと​な​の​です。

ジャザリー​は,遊び心​たっぷり​と​は​いえ,きちんと​機能​する​時計​を​造り​まし​た。ここ​に​描か​れ​て​いる​時計​を​再建​し​た​もの​が,ドバイ​の​ショッピングモール​に​置か​れ​て​い​ます。時間​を​計る​仕組み​は,ゾウ​の​おなか​の​中​に​ある​水槽​に​浮かべ​た,穴​の​空い​た​鉢​に​あり​ます。鉢​は,30​分​で​水​が​たまる​と​沈み,それ​に​連動​し​て​一連​の​動作​が​引き起こさ​れ​ます。その​動作​は,縄​や,ゾウ​の​背中​の“城”から​出​て​くる​玉​を​活用​し​た​もの​です。30​分​の​その​サイクル​が​終わる​と,鉢​は​再び​自動​的​に​浮かび,同じ​動作​が​始まり​ます。この​装置​や​他​の​自動​機械​に​よっ​て,ジャザリー​は「ロボット​工学​の​父」と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た​の​です。

人間​に​よる​創意​工夫​の​歴史​に​は,驚嘆​す​べき​もの​が​あり​ます。と​は​いえ,それ​は​興味深い​実話​以上​の​もの​で,わたしたち​の​視野​を​広げ​て​くれ​ます。今​の​時代​に​多く​の​人​は​新しい​技術​を​誇り​ます​が,それら​は​実際​に​は,利発​で​発想​の​豊か​な​先人​たち​の​功績​に​負う​ところ​が​大きい​の​です。

^ 3節 アラビア​の​学​者​たち​に​よる​翻訳​作業​に​つい​て​は,本誌​の​2012​年​2​月​号​の「アラビア​語​が​学術​語​と​し​て​発展​し​た​いきさつ」と​いう​記事​を​ご覧​ください。