内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

サポートしてもらう

サポートしてもらう

信頼​できる​親族​や​友人​に​サポート​し​て​もらう

「同じ​会衆​に,素晴らしい​友人​たち​が​い​ます。優しく​て,支え​に​なっ​て​くれ​て,本当​の​家族​みたい​です」。―リザン,二​人​の​十​代​の​子ども​の​母親。

難しさ。

二​人​の​男​の​子​を​持つ​アリーナ​は​こう​言い​ます。「一番​大変​な​の​は,疲れる​こと​と,いつも​時間​が​足り​ない​こと​です」。これ​は​シングルマザー​に​よく​ある​悩み​です。それで,遠慮​なく​サポート​を​頼める​人​を​決め​て​いる​親​は​少なく​あり​ませ​ん。

アドバイス。

信頼​できる​親族​や​友人​に​サポート​し​て​もらう。子ども​の​世話,送り迎え,家​の​メンテナンス​を​手伝っ​て​くれる​人​や,感情​面​で​支え​て​くれる​人​の​リスト​を​作っ​て​み​ましょ​う。リスト​を​時々​見直し​ます。さらに,行政​機関​や​民間​団体​から​どんな​援助​を​受け​られる​か​調べ​ましょ​う。

エホバ​の​証人​の​レナータ​は,仲間​の​クリスチャン​から​いろいろ​と​助け​て​もらっ​て​おり,こう​述べ​て​い​ます。「みんな,いつ​で​も​力​に​なっ​て​くれ​ます。わたし​と​9​歳​の​娘​二​人​が​インフルエンザ​で​寝込ん​で​しまっ​た​時,それ​を​知っ​た​会衆​の​人​たち​が​毎日,食事​を​届け​て​くれ​まし​た」。この​よう​な​親切​を,聖書​の​ヨハネ​第​一 3​章​18​節​は​こう​勧め​て​い​ます。「言葉​や​舌​に​よら​ず,行ない​と​真実​と​を​もっ​て​愛そ​う​で​は​あり​ませ​ん​か」。

親権​の​ない​ほう​の​親​に​援助​し​て​もらえる​か​も​しれ​ない。もう​一方​の​親(たいてい​は​父親)が​法的​に​子ども​と​の​接触​を​許さ​れ​て​おり,責任​を​果たせる​人​で,進ん​で​助け​に​なろ​う​と​し​て​くれる​なら,援助​を​求める​こと​も​でき​ます。子ども​に​は​父親​と​も​一緒​に​時間​を​過ごす​必要​が​あり​ます。 *

子ども​に​手伝っ​て​もらう。年齢​に​応じ​た​仕事​を​与える​なら,親子​双方​に​益​と​なり​ます。子ども​は​責任​感​を​養う​こと​が​でき,将来​役​に​立つ​勤勉​さ​を​身​に​着ける​こと​も​でき​ます。

^ 6節 クリスチャン​で​ある​親​は,子ども​の​最善​の​益​を​考え​ながら,聖書​の​原則​を​適用​する​よう​最善​を​尽くし​ます。裁判​所​の​決定​は​尊重​す​べき​です。