アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2012年10月

子どもと衝撃的なニュース報道

子どもと衝撃的なニュース報道

「11     ニュース  見る   嫌い です。見  ニュース  きっかけ で,怖い   うなされる こと  よく あり ます。ある 時,身内    切り落とし    こと  報じ られ,娘  その ニュース   まし た。その 晩,娘  自分  同じ   遭う    まし た」。―クイン。

「6    は,国内  起き  竜巻  ニュース   まし た。それ から       怖がり,わたし  電話  かけ  は,竜巻  やっ    自分  死ん じゃ   言い 続け まし た」。―ペイジ。

お子さん  ニュース    怖がる こと  あり ます か。ある 調査  よる と,親  40  近く は,子ども  ニュース  映像    怖がり,自分  家族  同じ   遭っ  しまう  いう 不安  抱い  こと  ある,と 回答  まし た。

こう なる 一つ  要因 は,子ども  ニュース  対し  しばしば 大人  異なる 受け止め   する こと  あり ます。例えば,悲惨  場面  繰り返し 放映  れる と,幼い 子ども  それ  実際     起き  いる  思っ  しまう 場合  あり ます。

  要因   て,毎日  よう  報じ られる 衝撃   事件  よっ  子ども  見方  ひずみ  生じる こと  考え られ ます。今  確か に「対処  にくい 危機  時代」です。(テモテ  二 3:1)と  いえ,子ども  衝撃   ニュース 報道  繰り返し さらさ れる と,極度  不安  駆ら れる こと  あり ます。米国  カイザー  ファミリー 財団 は,「テレビ  ニュース  たくさん 見る 子ども は,犯罪  起きる 可能   現実 より 高く  がち で,周囲  世界  実際 より 危険  場所  ある  考える よう だ」と 指摘    ます。

 もし お子さん  衝撃   ニュース 報道    怖がる なら,何  でき ます か。次  よう  提案  あり ます。

守る。

お子さん  年齢  成熟  度合い  性格   より ます が,見る ニュース    限度  設ける   いかが でしょ う。もちろん,今  時代  情報  あふれ  いる  で,子ども  昨今  出来事  全く 知ら ない  いう こと  あり ませ ん。子ども  幼く  も,親  思う 以上  多く  こと  見聞き する もの です。ですから,お子さん  抱く 恐れ  不安  徴候  見落とさ ない  ください。

教える。

お子さん  大きく なる  つれ,ニュース  一緒  見る   いかが でしょ う。その ニュース  教える 機会    活用 でき ます。報道    事柄    良い   あれ ば,それ  強調   ください。例えば,災害  関する 報道   被災   救援 する 活動  注意  向ける こと  でき ます。

安心  せる。

衝撃   出来事  報道  れる   は,起き  こと  つい  子ども  どう 感じ  いる  聞く こと  でき ます。マイケル  いう 父親  こう 語り ます。「わたし    息子  ナサニエル に,報じ られ  ニュース  つい  理解 できる よう 時間  取っ  説明  ます。それ   に,同じ 被害  受け ない ため  うち   どんな 方法  講じ  いる   話し ます。息子  ある 時,家  焼け落ちる 映像   て,今度  自分    こう なる  思い込み まし た。それ  安心  せる ため に,家  取り付け られ  火災 感知   見せ  回り まし た。息子 は,感知   ある こと  その 理由  知り,安心   よう です」。

バランス  取れ  見方  する。

研究  たち  よる と,人々  ある 出来事  脳裏  浮かび やすい  と,それ  起きる 可能   大きい  考える 傾向  あり ます。例えば,子ども  誘拐     いう 報道  聞く と,自分  子ども  被害  受ける 可能   実際 より 高く 考える よう です。生じ 得る 危険  意識 する こと  もちろん   なり ます。それでも,報道    ため  往々   て,自分    降りかかる 可能   ほとんど ない 事柄   心配 する よう  なる,と 専門  たち  言い ます。―箴言 22:3,13

  ニュース  対し  バランス  取れ  見方  持た ない と,極端  恐れ  抱い   まい かね ませ ん。それ  子ども  見方   影響  与え ます。一例   て,2005   米国 ユタ   山地  11   少年  行方 不明  なり まし た。少年  誘拐  れる   怖く て,捜索    見つから ない よう 4   隠れ   まし た。ついに 発見      は,衰弱  脱水   なっ   まし た。見知ら    連れ去ら れる 確率   35万   1 です が,少年  その 不安  高じ て,助け  求める より  おなか  空か   まま    ほう  よい  考え   です。

「3  から 7   子ども  自然 災害  事故  ニュース  怖く 感じる 傾向  あり,8  から 12   子ども  犯罪  暴力  ニュース  怖がる」。―カイザー  ファミリー 財団。

この こと から 学べる  は,親    ニュース  対し  過剰  反応  ない よう  する 必要  ある  いう こと です。現実  は,悲惨  事件  よく 報道  れる  は,頻繁   起き ない 比較  まれ  出来事  から です。

  時代,犯罪  暴力  自然 災害 など 悲惨  出来事  起き  いる こと  確か です。と  いえ,親  子ども  守り,教え,安心  せ,バランス  取れ  見方  持つ よう 助ける なら,衝撃   報道  子ども  対処  やすく なる でしょ う。