内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

子どもと衝撃的なニュース報道

子どもと衝撃的なニュース報道

「11​歳​の​娘​は​ニュース​を​見る​の​が​嫌い​です。見​た​ニュース​が​きっかけ​で,怖い​夢​に​うなされる​こと​が​よく​あり​ます。ある​時,身内​の​首​を​切り落とし​た​人​の​こと​が​報じ​られ,娘​は​その​ニュース​を​見​まし​た。その​晩,娘​は​自分​も​同じ​目​に​遭う​夢​を​見​まし​た」。―クイン。

「6​歳​の​姪​は,国内​で​起き​た​竜巻​の​ニュース​を​見​まし​た。それ​から​何​週​間​も​姪​は​怖がり,わたし​に​電話​を​かけ​て​は,竜巻​が​やっ​て​来​て​自分​も​死ん​じゃ​う​と​言い​続け​まし​た」。―ペイジ。

お子さん​は​ニュース​を​見​て​怖がる​こと​が​あり​ます​か。ある​調査​に​よる​と,親​の​40​%​近く​は,子ども​が​ニュース​の​映像​を​見​て​怖がり,自分​や​家族​も​同じ​目​に​遭っ​て​しまう​と​いう​不安​を​抱い​た​こと​が​ある,と​回答​し​まし​た。

こう​なる​一つ​の​要因​は,子ども​が​ニュース​に​対し​て​しばしば​大人​と​異なる​受け止め​方​を​する​こと​に​あり​ます。例えば,悲惨​な​場面​が​繰り返し​放映​さ​れる​と,幼い​子ども​は​それ​が​実際​に​何​度​も​起き​て​いる​と​思っ​て​しまう​場合​が​あり​ます。

別​の​要因​と​し​て,毎日​の​よう​に​報じ​られる​衝撃​的​な​事件​に​よっ​て​子ども​の​見方​に​ひずみ​が​生じる​こと​が​考え​られ​ます。今​は​確か​に「対処​し​にくい​危機​の​時代」です。(テモテ​第​二 3:1)と​は​いえ,子ども​は​衝撃​的​な​ニュース​報道​に​繰り返し​さらさ​れる​と,極度​の​不安​に​駆ら​れる​こと​が​あり​ます。米国​の​カイザー​・​ファミリー​財団​は,「テレビ​の​ニュース​を​たくさん​見る​子ども​は,犯罪​が​起きる​可能​性​を​現実​より​高く​見​がち​で,周囲​の​世界​が​実際​より​危険​な​場所​で​ある​と​考える​よう​だ」と​指摘​し​て​い​ます。

 もし​お子さん​が​衝撃​的​な​ニュース​報道​を​見​て​怖がる​なら,何​が​でき​ます​か。次​の​よう​な​提案​が​あり​ます。

守る。

お子さん​の​年齢​や​成熟​の​度合い​や​性格​に​も​より​ます​が,見る​ニュース​の​量​に​限度​を​設ける​の​は​いかが​でしょ​う。もちろん,今​の​時代​は​情報​が​あふれ​て​いる​の​で,子ども​が​昨今​の​出来事​を​全く​知ら​ない​と​いう​こと​は​あり​ませ​ん。子ども​は​幼く​て​も,親​が​思う​以上​に​多く​の​こと​を​見聞き​する​もの​です。ですから,お子さん​が​抱く​恐れ​や​不安​の​徴候​を​見落とさ​ない​で​ください。

教える。

お子さん​が​大きく​なる​に​つれ,ニュース​を​一緒​に​見る​の​は​いかが​でしょ​う。その​ニュース​を​教える​機会​と​し​て​活用​でき​ます。報道​さ​れ​た​事柄​の​中​に​良い​面​が​あれ​ば,それ​を​強調​し​て​ください。例えば,災害​に​関する​報道​で​は​被災​者​を​救援​する​活動​に​注意​を​向ける​こと​が​でき​ます。

安心​さ​せる。

衝撃​的​な​出来事​が​報道​さ​れる​時​に​は,起き​た​こと​に​つい​て​子ども​が​どう​感じ​て​いる​か​聞く​こと​が​でき​ます。マイケル​と​いう​父親​は​こう​語り​ます。「わたし​と​妻​は​息子​の​ナサニエル​に,報じ​られ​た​ニュース​に​つい​て​理解​できる​よう​時間​を​取っ​て​説明​し​ます。それ​と​共​に,同じ​被害​を​受け​ない​ため​に​うち​で​は​どんな​方法​を​講じ​て​いる​か​を​話し​ます。息子​は​ある​時,家​が​焼け落ちる​映像​を​見​て,今度​は​自分​の​家​が​こう​なる​と​思い込み​まし​た。それ​で​安心​さ​せる​ため​に,家​に​取り付け​られ​た​火災​感知​器​を​見せ​て​回り​まし​た。息子​は,感知​器​が​ある​こと​と​その​理由​を​知り,安心​し​た​よう​です」。

バランス​の​取れ​た​見方​を​する。

研究​者​たち​に​よる​と,人々​は​ある​出来事​が​脳裏​に​浮かび​やすい​ と,それ​が​起きる​可能​性​も​大きい​と​考える​傾向​が​あり​ます。例えば,子ども​が​誘拐​さ​れ​た​と​いう​報道​を​聞く​と,自分​の​子ども​が​被害​を​受ける​可能​性​を​実際​より​高く​考える​よう​です。生じ​得る​危険​を​意識​する​こと​は​もちろん​益​に​なり​ます。それでも,報道​を​見​た​ため​に​往々​に​し​て,自分​の​身​に​降りかかる​可能​性​が​ほとんど​ない​事柄​を​も​心配​する​よう​に​なる,と​専門​家​たち​は​言い​ます。―箴言 22:3,13

親​は​ニュース​に​対し​て​バランス​の​取れ​た​見方​を​持た​ない​と,極端​な​恐れ​を​抱い​て​し​まい​かね​ませ​ん。それ​は​子ども​の​見方​に​も​影響​を​与え​ます。一例​と​し​て,2005​年​に​米国​ユタ​州​の​山地​で​11​歳​の​少年​が​行方​不明​に​なり​まし​た。少年​は​誘拐​さ​れる​の​が​怖く​て,捜索​隊​員​に​見つから​ない​よう​4​日​間​隠れ​て​い​まし​た。ついに​発見​さ​れ​た​時​に​は,衰弱​し​脱水​症​に​なっ​て​い​まし​た。見知ら​ぬ​人​に​連れ去ら​れる​確率​は​約​35万​分​の​1​です​が,少年​は​その​不安​が​高じ​て,助け​を​求める​より​も​おなか​を​空か​せ​た​まま​で​い​た​ほう​が​よい​と​考え​た​の​です。

「3​歳​から​7​歳​の​子ども​は​自然​災害​や​事故​の​ニュース​を​怖く​感じる​傾向​が​あり,8​歳​から​12​歳​の​子ども​は​犯罪​や​暴力​の​ニュース​を​怖がる」。―カイザー​・​ファミリー​財団。

この​こと​から​学べる​の​は,親​も​子​も​ニュース​に​対し​て​過剰​に​反応​し​ない​よう​に​する​必要​が​ある​と​いう​こと​です。現実​に​は,悲惨​な​事件​が​よく​報道​さ​れる​の​は,頻繁​に​は​起き​ない​比較​的​まれ​な​出来事​だ​から​です。

今​の​時代,犯罪​や​暴力​や​自然​災害​など​悲惨​な​出来事​が​起き​て​いる​こと​は​確か​です。と​は​いえ,親​が​子ども​を​守り,教え,安心​さ​せ,バランス​の​取れ​た​見方​を​持つ​よう​助ける​なら,衝撃​的​な​報道​に​子ども​は​対処​し​やすく​なる​でしょ​う。