内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ローランドゴリラに会いに行く

ローランドゴリラに会いに行く

中央​アフリカ​共和​国​に​ある​赤道​直下​の​雨林​の​奥​に,まだ​あまり​人目​に​触れ​られ​て​い​ない​取っ​て​おき​の​場所​が​あり​ます。でこぼこ​道​を​12​時間​車​で​揺ら​れ​た​後,ようやく​到着​し​まし​た。ここ​は​中央​アフリカ​共和​国​の​南西​部​に​ある,自然​の​豊か​な​野生​生物​保護​区​で,カメルーン​と​コンゴ​共和​国​の​間​に​位置​し​て​い​ます。今回​の​旅​の​目当て​は,ウェスタンローランドゴリラ​の​マクンバ​と​その​家族​に​会い​に​行く​こと​です。

ガイド​の​女性​から,グループ​で​まとまっ​て​進む​よう,また​ゾウ​に​気​を​つける​よう​指示​さ​れ​まし​た。ゾウ​が​食べ物​を​探し​に​行く​ため​に​毎日​通る​道​を​進ん​で​いる​から​です。ほか​に​も​気​を​配る​べき​点​に​つい​て,ガイド​は​こう​言い​まし​た。「ゴリラ​に​威嚇​さ​れ​たら,立ち止まっ​て​下​を​向い​て​ください。ゴリラ​は​人​に​危害​を​加え​ませ​ん​が,かなり​の​音​を​立て​ます。目​を​合わせ​て​は​いけ​ませ​ん。ちなみに​わたし​は,ただ​目​を​つぶる​よう​に​し​て​い​ます」。

ガイド​を​含む​わたしたち​一行​を​先導​し​て​くれる​の​は,トラッカー​と​呼ば​れ​て​いる​人​です。バアカ​族​の​男性​で,その​一族​は​体​の​特徴​や​低い​背丈​から​ピグミー​と​みなさ​れ​て​い​ます。 地元​の​トラッカー​は​慣れ​て​い​て,どんな​に​探し​にくい​動物​も,かすか​な​動き​や​臭い​や​音​で​見つける​こと​が​でき​ます。わたしたち​は​途中​で​コハナバチ​の​群れ​に​煩わさ​れ​まし​た。トラッカー​が​生い茂る​草木​の​中​を​どんどん​進ん​で​ゆく​の​で,付い​て​行く​の​に​必死​でし​た。

辺り​は​原生​林​で,ここ​まで​入っ​て​き​た​欧米​人​は​そう​多く​ない​でしょ​う。トラッカー​は​不意​に​立ち止まっ​て​手​を​振り,道​の​そば​の​開け​た​場所​を​指し​ます。草​の​密生​し​た​その​場所​で​は,踏みつぶさ​れ​た​跡​が​あり​ます。ゴリラ​の​子ども​が​遊ん​だ​の​でしょ​う。また​折ら​れ​た​枝​や​皮​の​はが​れ​た​枝​も​残っ​て​おり,どうやら​ここ​で​午前​の“おやつ”を​食べ​た​よう​です。期待​が​高まり,道​を​進み​ます。

ウェスタンローランドゴリラ​は​身長​1.8​㍍,体重​200​㌔​に​も​なる

さらに​3​㌔​ほど​進む​と,トラッカー​は​歩く​ペース​を​落とし​ます。ゴリラ​を​驚か​せ​ない​よう,舌​を​打っ​て​音​を​立て​ます。近く​で​は,低い​うなり声​と​共​に,枝​を​折る​音​が​聞こえ​て​き​ます。今度​は​ガイド​が​ゆっくり​手招き​で​わたしたち​を​呼び​ます。口​に​指​を​当て​て,音​を​立て​ない​よう​指示​し​ます。そして,しゃがむ​よう​わたしたち​に​言っ​て​から,木々​の​間​を​指さし​ます。い​まし​た! 8​㍍​ほど​先​に​い​た​の​は,マクンバ​です。

それ​まで​騒々しかっ​た​森​の​音​も​いつ​しか​静まり,自分​の​鼓動​が​聞こえ​て​くる​か​の​よう​です。だれ​も​が​マクンバ​に​威嚇​さ​れ​は​しまい​か​と​考え​て​い​ます。マクンバ​は​黒光り​し​た​顔​で,警戒​し​た​様子​は​見せ​ず​に​辺り​に​目​を​やり,大きな​あくび​を​し​まし​た。わたしたち​は​歓迎​さ​れ​て​いる​よう​です。皆​ほっ​と​し​ます。

マクンバ​と​いう​名​は​アカ​語​で「すばしっこい」と​いう​意味​です​が,その​時​は​午前​の​食事​を​ただ​ゆったり​と​楽しん​で​いる​だけ​でし​た。近く​では​2​頭​の​子ども​が​じゃれ​あっ​て​い​まし​た。ソポ​と​いう,まん丸い​目​を​し​た​10​か月​の​子​は,母親​の​モパンビ​の​近く​で​遊ん​で​い​まし​た。好奇​心​たっぷり​の​ソポ​が​母親​の​そば​を​離れ​よう​と​する​たび​に,モパンビ​は​我​が​子​を​優しく​引き戻し​て​い​まし​た。家族​の​ほか​の​ゴリラ​は,葉​を​引きちぎり​枝​の​芯​を​かじっ​たり,ただ​群れ​で​遊ん​だり​し​て​い​ます。それら​の​ゴリラ​は,わたしたち​を​ちらっ​と​見​て​すぐ​に​興味​を​失い,再び​遊び​はじめ​まし​た。

1​時間​ほど​し,楽しい​時間​も​そろそろ​終わり​です。マクンバ​も​帰る​こと​に​し​た​よう​です。うなり声​を​上げ​た​か​と​思う​と,大きな​腕​で​さっ​と​体​を​持ち上げ,森​の​中​に​入っ​て​行き​まし​た。家族​も​みんな,あっと​いう​間​に​姿​を​消し​まし​た。これら​堂々​たる​生き物​と​会え​た​の​は​短い​時間​だっ​た​と​は​いえ,この​経験​は​長く​わたしたち​の​記憶​に​残る​こと​でしょ​う。