アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2012年9月

 だれ設計?

魚群泳ぎ

魚群泳ぎ

 自動事故毎年100万以上死亡し,約5,000万けがます。一方,魚集団互いぶつから泳ぐことできます。なぜでしょか。自動事故減らすためヒントられますか。

考えください: は,視覚と,側線感覚いう特別感覚よって,周囲状況認識ます。この二つ感覚使っ周囲位置識別し,次よう泳ぎ変化ます。

  1. 並走。近く速度合わせ一定距離保つ。
  2. 接近。遠ざかる近づこする。
  3. 衝突回避。仲間ぶつからないよう進行方向変える。

日本自動メーカーは,魚群れこれら三つ行動ルール応用て,互い衝突集団走行する小型ロボットカー製作ました。視覚代わり通信技術が,側線感覚代わりレーザー距離測定用いられます。このメーカーは,こう技術生かして「ぶつからないクルマ」を作り,「渋滞ない環境やさしいクルマ社会貢献」したい考えます。

このロボットカー主任研究ある安藤敏之は,「最新エレクトロニクス技術駆使魚群行動再現た」と述べ,「魚群行動は……クルマ社会学ぶところ大変多い」と語っます。

どう思わますか: 魚群泳ぎ仕組みは,知性よら生じでしょか。それとも,だれ設計でしょか。

資料: www.nissan-global.com/JP/NEWS/2009/_STORY/091001-01-j.html