内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2012年9月

輸血代替医療

輸血代替医療

モスクワ2011520から22かけて,欧州心臓血管外科血管内外科学60記念国際会議開催ました。集まっは,40余り地域から医療関係第一人者たちです。ロシアテレビある記者は,「この規模学会医師とって,スポーツ選手オリンピック匹敵するほど意味深いものです」と伝えます。

会議全体わたっ注目集めは,輸血代替医療つい情報提供するため設置ブースです。そこ詰めは,エホバ証人ホスピタルインフォメーションサービス(HIS)の担当です。ブース訪れ医師たち喜んで,この重要テーマ関する資料ファイル,書籍,DVD,医学文献多数受け取りました。特に好評だっは,「輸血代替療法―簡便,安全,効果的」というビデオ収めDVDです。 *

エホバ証人ホスピタルインフォメーションサービス担当このブース詰めた。訪れ医師たち喜んで,資料ファイル,書籍,DVD,医学文献多数受け取っ

 ブース訪れ医師多くは,輸血頼らない手術必要あるいう考え賛同ました。その会議講演た,イタリアから心臓外科は,エホバ証人よく知っいる言いました。また,エホバ証人患者対する輸血心臓手術70ほど行ない,手術成功いうことでした。さらに,自分病院輸血手術ごく普通手法ある述べました。ドイツベルリン心臓センターある教授は,自分医師ためそのDVD受け取りました。この教授聴衆で,最近担当症例触れました。それ体重2,500赤子対し輸血手術いうものです。このセンターは,体重それより少ない赤子対し心臓手術行なっいることです。

輸血治療は,医療処置手術に,血液温存ため手法装置医薬駆使することよっ行なわいる

モスクワ学会から1か月後,各国医師たちロシア北西地域麻酔集中治療専門対象4ベロモルスクシンポジウム出席ました。開催ロシア都市アルハンゲリスクでした。HISこのシンポジウム会場ブース設置し,このたび多く関心引きました。提供いる資料た,サンクトペテルブルクからある女医は,「こういう資料欲しかっです」と言いました。その医師は,やけど患者対し安易輸血する医師なおいるいう現状憂慮ました。そして,「今度サンクトペテルブルクで,やけど治療つい会議開かます。この資料とても役立つ思います」と,うれしそう言いました。

世界じゅうで,ますます多く医師たちが,無輸血医療手術利点認めるようなっます。この方法医療現場おける標準方法なるどうは,いずれ明らかなるでしょう。

^ 節 3 制作: エホバ証人。