内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

聖書―正確​な​預言​の​書―第​5​回

全​人類​の​ため​の​良い​たより

聖書―正確​な​預言​の​書―第​5​回

「目ざめよ!」は​8​回​連載​で,聖書​の​際立っ​た​特色​で​ある​預言​を​取り上げ​ます。『聖書​の​預言​は,頭​の​良い​人間​の​考え出し​た​もの​で​は​ない​か』,『神​の​霊感​を​受け​て​いる​と​いう​証拠​が​ある​の​か』と​いっ​た​疑問​を​解決​し​て​ゆき​ます。真実​を​探っ​て​み​ましょ​う。

聖書​に​は,人類​に​対する​神​から​の​メッセージ​が​収め​られ​て​い​ます。その​メッセージ​は​良い​知らせ,良い​たより​です。その​ため​イエス​・​キリスト​は,「神​の​王国​の​良い​たより」を​宣明​する​こと​を​中心​に​し​て​生き​まし​た。(ルカ 4:43)聖書​に​よる​と,その​王国​と​は​神​の​政府​です。神​の​王国​は​抑圧​的​な​人間​の​支配​を​一掃​し,平和​を​確立​し,人間​の​苦しみ​の​原因​を​すべて​除き去り​ます。(ダニエル 2:44。マタイ 6:9,10)まさに​良い​たより​で​は​ない​でしょ​う​か。

確か​に,その​よう​な​良い​たより​は​できる​だけ​広く​伝える​価値​が​あり​ます。しかし,イエス​が​処刑​さ​れ​た​時,残さ​れ​た​追随​者​たち​は​ごく​少数​でし​た。では,イエス​の​伝え​た​音信​は​イエス​の​死​と​とも​に​消滅​し​て​しまう​の​でしょ​う​か。聖書​は,正​反対​の​事柄​を​予告​し​て​い​まし​た。次​の​よう​な​点​です。(1)良い​たより​は​世界​に​広まる。(2)良い​たより​は​強い​反対​を​受ける​が,それ​に​耐え抜く。(3)偽​の​クリスチャン​が​現われ,多く​の​人​を​惑わす。これら​の​預言​を​順​に​考え​ましょ​う。

良い​たより​は​あらゆる​国民​に​ふれ告げ​られる

預言:

「あらゆる国民で,良いたよりまず宣べ伝えられなりません」。(マルコ 13:10)「あなた方は……,エルサレムも,ユダヤサマリア全土も,また最も遠いまで,わたし証人なるでしょう」。―使徒 1:8

成就: 西暦​33​年​の​イエス​の​死​から​程なく​し​て,弟子​たち​は​エルサレム​を​王国​の​音信​で​満たし​まし​た。さらに,ユダヤ​と​近く​の​サマリア​の​全域​に​この​音信​を​広め,15​年​ほど​の​うち​に​クリスチャン​の​宣教​者​たち​が​ローマ​帝国​内​の​他​の​地域​へ​派遣​さ​れ​て​い​まし​た。西暦​61​年​まで​に​は,良い​たより​が​地上​の​多く​の「遠い」地域​で​宣べ伝え​られ​て​い​まし​た。

 歴史明らかいること:

  •  西暦​2​世紀​の​一般​の​文献​は,初期​の​キリスト​教​が​急速​に​広まっ​た​こと​を​裏付け​て​い​ます。ローマ​の​歴史​家​スエトニウス​は,早く​も​西暦​49​年​に​クリスチャン​が​ローマ​に​根​を​下ろし​て​い​た​こと​を​示唆​し​て​い​ます。ビチニア(現在​の​トルコ)の​総督​の​小​プリニウス​は,西暦​112​年​ごろ​に​ローマ​皇帝​トラヤヌス​に​送っ​た​書簡​の​中​で,キリスト​教​と​いう「悪疫」が「自由​市​だけ​で​なく​村​や​農場​に​まで​広まっ​て​いる」と​述べ​て​い​ます。ある​歴史​家​は​こう​し​た​証拠​に​基づい​て​次​の​よう​に​結論​し​て​い​ます。「使徒​時代​から​100​年​も​たた​ない​うち​に,クリスチャン​の​崇拝​の​場所​が​帝国​内​の​主要​都市​に​見​られ​た​で​あろ​う」。
  •  ヘンリー​・​チャドウィック​教授​は「初期​教会」(英語)と​いう​本​の​中​で​こう​述べ​て​い​ます。「教会​の​拡大​は,起こり​そう​に​も​ない​こと​が​次々​に​生じ​た​結果​の​よう​に​思え​た。普通​の​見方​から​すれ​ば,成功​の​望み​が​これ​ほど​薄い​こと​は​なかっ​た​で​あろ​う」。

良い​たより​は​反対​に​遭う

預言:

「人々あなた方地方法廷引き渡し,あなた方会堂打ちたたかれ,わたしため総督たち立たされるでしょう。彼ら対する証しためです」。―マルコ 13:9

成就: クリスチャン​は​ユダヤ​人​と​ローマ​人​から​迫害​を​受け​まし​た。逮捕​さ​れ,投獄​さ​れ,打ちたたか​れ,処刑​さ​れ​まし​た。

歴史明らかいること:

  •  1​世紀​の​ユダヤ​人​の​歴史​家​フラビウス​・​ヨセフス​は,イエス​の​兄弟​ヤコブ​が​ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​に​よっ​て​処刑​さ​れ​た​こと​を​記録​し​て​い​ます。聖書​の​記述​に​よる​と,ユダヤ​人​の​高等​法廷​の​一員​で​尊敬​さ​れ​て​い​た​ガマリエル​は,裁判​に​かけ​られ​て​い​た​イエス​の​弟子​たち​を​穏便​に​扱う​よう​勧め​まし​た。(使徒 5:34‐39)複数​の​文献​は,ガマリエル​と​いう​人​が​実在​し​て​い​た​こと,また​寛容​な​人物​で​あっ​た​こと​を​裏付け​て​い​ます。
  • ネロ,ドミティアヌス,マルクス​・​アウレリウス,ディオクレティアヌス​など,ローマ​皇帝​は​初期​クリスチャン​に​激しい​迫害​を​加え​た

  •  歴史​家​たち​は,西暦​64​年​の​皇帝​ネロ​に​よる​迫害​に​始まっ​て,ローマ​皇帝​に​よる​迫害​の​波​が​クリスチャン​に​幾​度​も​押し寄せ​た​こと​を​認め​て​い​ます。トラヤヌス​帝​と​小​プリニウス​が​交わし​た​書簡​に​は,信仰​を​捨て​よう​と​し​なかっ​た​クリスチャン​に​対する​処罰​の​こと​が​出​て​き​ます。
  •  「迫害​は,教会​を​地下​活動​に​追いやる​どころ​か,逆​効果​を​もたらし​た」と​チャドウィック​教授​は​述べ​て​い​ます。クリスチャン​は​迫害​を​逃れ​て,新た​な​地域​へ​音信​を​携え​て​行っ​た​の​です。(使徒 8:1)しばしば​家族​や​友人​から​のけ者​に​され​まし​た​が,妥協​し​ませ​ん​でし​た。この​点​は​注目​に​値し​ます。イエス​の​追随​者​たち​は,政治​的​影響​力​など​持た​ない「無学​な​普通​の​人」たち​だっ​た​から​です。(使徒 4:13)「福音​が​最も​広まり​やすかっ​た​の​は,……慎ましい​商店​主​や​職人​たち​の​間​で​あっ​た」と​いう​点​で​歴史​家​たち​の​見方​は​一致​し​て​い​ます。

取る​に​足り​ない​存在​だっ​た​グループ​が​激しい​反対​の​中​で​キリスト​教​を​瞬く間​に​広め​た,と​いう​点​に​歴史​学​者​は​驚嘆​し​ます。しかし​イエス​は,これら​起き​そう​に​も​ない​事柄​が​起きる​こと​を​前もって​予告​し​て​い​た​の​です。さらに​聖書​は,この​伝道​活動​が​妨害​さ​れる​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。

 偽​の​クリスチャン​が​現われる

預言:

「圧制おおかみあなた方入っ群れ優しく扱わない……。そして,あなた方自身からも,弟子たち引き離し自分つかよう曲がっ事柄言うたち起こる」。(使徒 20:29,30)「あなた方教師現われるそれ同じです。実これら人々は,破壊分派ひそか持ち込み,……そうたちため真理あしざま言われるでしょう」。―ペテロ二 2:1,2

成就: クリスチャン​会衆​は,冷酷​で​人​を​欺く​野心​的​な​人​たち​に​よっ​て​腐敗​さ​せ​られ​まし​た。

歴史明らかいること:

  •  特に,イエス​の​初期​の​追随​者​たち​の​死後,会衆​内​の​目立っ​た​立場​の​人々​の​中​から,キリスト​教​の​教え​に​ギリシャ​哲学​を​混ぜ合わせる​人​たち​が​起こり,真​の​キリスト​教​は​徐々​に​光彩​を​失っ​て​ゆき​ます。やがて,僧職​者​階級​が​形成​さ​れ,政治​支配​者​の​よう​な​権力​や​富​を​得る​よう​に​なり​まし​た。歴史​家​たち​に​よる​と,“キリスト​教”が​ローマ​帝国​の​国教​と​され​た​ころ​に​は,1​世紀​に​存在​し​た​よう​な​クリスチャン​会衆​は​影​も​形​も​なくなっ​て​い​まし​た。
  •  何​世紀​に​も​わたり,この​腐敗​し​た​キリスト​教​は,暴力​と​欲​に​まみれ​た​歴史​を​残し​て​き​まし​た。僧職​者​たち​は​イエス​に​倣お​う​と​する​どころ​か,イエス​と​同じ​方法​で​伝道​する​人​たち​や,一般​の​人々​の​理解​できる​言語​で​聖書​を​出版​し​よう​と​する​人​たち​を​迫害​し​た​の​です。

まがい​の​キリスト​教​が​勢力​を​振るっ​た​何​世紀​も​の​間,良い​たより​は​ほとんど​消し去ら​れ​た​か​に​見え​まし​た。しかし​イエス​は,終わり​の​日​に​良い​たより​が​再び​輝く​こと​を​示唆​し​て​い​まし​た。イエス​は​その​期間​を​収穫​の​時​に​例え,雑草​で​ある​偽​の​クリスチャン​が​小麦​で​ある​真​の​クリスチャン​から​分け​られる,と​述べ​まし​た。(マタイ 13:24‐30,36‐43)その​時,良い​たより​を​宣べ伝える​業​に​関する​預言​は​大​規模​な​成就​を​見る​の​です。(マタイ 24:14)次回​は,心​躍る​その​預言​を​取り上げ​ます。