内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2011年7月

苦しみの終わり―すべての人の願い

苦しみの終わり―すべての人の願い

キューいう男性苦しみは,父親殺さから始まりました。近くトウモロコシ入り込む放置殺さです。後に,母親姉妹処刑ました。全員カンボジアクメールルージュよる虐殺犠牲なっです。それからキュー自身地雷負傷し,ジャングル助け待ちました。16助けられましが,片足切断なけれなりませでした。キューは,「もう生きたくありませでした」と言います。

苦しみだれ降りかかるいうことお気づきでしょう。自然災害,病気,障害負うこと,暴力犯罪その他悲劇は,いつ何時だれ臨ん不思議ありません。人道支援機関懸命働き,人々苦しみ防ぐか,せめて和らげよう活動ます。その努力結んいるでしょか。

一例て,飢餓闘いつい取り上げましょう。トロントスター紙(英語)によれば,自然災害失い,食べ物入らない少なくありません。「救援機関飢え問題軽減するため努力いるものの,増大する暴力行為妨げなっいる」と同紙伝えます。

政治,社会,医学分野指導立場あるたちは,苦しみ緩和べく最善尽くしますが,結果芳しくありません。経済成長促すため施策よっも,貧困根絶ません。ワクチン,医薬品,先端医療もっも,病気撲滅することできません。暴力犯罪はびこり,勢いさえ増しいるで,警察平和維持ため部隊なすすべありません。

苦しみこれほど多いなぜですか。人々窮状ついかけおられるでしょか。多くは,こう問いつい慰めなる聖書答え見いだします。続く記事ご覧ください。