「神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない。以前​の​もの​は​過ぎ去っ​た​の​で​ある」。―啓示 21:4

この​約束​は​心​温まる​もの​です​が,信頼​できる​の​でしょ​う​か。最初​の​人間​に​与え​られ​た​警告​を​思い起こし​て​ください。神​は​アダム​に​対し,ご自分​に​背く​なら「あなた​は​必ず​死ぬ」と​言わ​れ​まし​た。(創世記 2:17)実際,その​言葉​の​とおり​に​アダム​は​死に​まし​た。その​事実​と,人類​が​その​後,死​と​苦しみ​を​受け継い​だ​こと​は,神​が​信頼​できる​方​で​ある​こと​を​裏づけ​て​い​ます。そう​で​あれ​ば,地球​を​元​の​完全​な​状態​に​戻す​と​いう​神​の​約束​に​つい​て​は​どう​です​か。それ​が​実現​する​こと​を​疑う​理由​が​ある​でしょ​う​か。

前​の​記事​で​は​神​の​特質​に​つい​て​も​取り上げ​まし​た。わたしたち​人間​が​持つ,苦しみ​が​なくなっ​て​ほしい​と​いう​願い​は,神​が​持た​れる​同情​心​や​愛​や​公正​を​反映​し​た​もの​に​ほか​なり​ませ​ん。さらに,世界​の​出来事​や​今​の​世界​に​はびこっ​て​いる​人々​の​態度​は,神​が​行動​さ​れる​時​が​迫っ​て​いる​こと​を​示し​て​い​ます。― 「その​よう​な​こと​は​いつ​ある​の​でしょ​う​か」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。

人間​の​苦しみ​を​終わらせる​の​に,エホバ​神​が​最も​適し​た​方​で​ある​の​は​なぜ​でしょ​う​か。エホバ​は​ご自分​の​み子​イエス​を​用い​て,苦しみ​の​根本​原因​を​正す​こと​が​でき​ます。また,正す​よう​物事​を​進め​て​こら​れ​まし​た。その​こと​を​考え​て​み​ましょ​う。

人間​の​選択。

人間​の​始祖​アダム​の​選択​は,子孫​すべて​に​重大​な​結果​を​もたらし​まし​た。使徒​パウロ​は​こう​書い​て​い​ます。「創造​物​すべて​は……共​に​うめき,共​に​苦痛​を​抱い​て​いる​の​です」。(ローマ 8:22)神​が​設け​て​くださる​救済​策​は,全く​公正​で,極めて​憐れみ深く,見事​な​まで​に​簡明​です。ローマ 6​章​23​節​に​記さ​れ​て​いる​とおり​です。「罪​の​報い​は​死​です​が,神​の​賜物​は,わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​よる​永遠​の​命​だ​から​です」。

完全​な​人間​イエス​は​罪​の​ない​生き方​を​し​まし​た。苦しみ​の​杭​に​おける​イエス​の​死​は,のろい​と​なる​罪​と​死​の​もと​から​従順​な​人間​を​解放​する​ため​の​根拠​と​なり​まし​た。わたしたち​に​は​永遠​に​生きる​見込み​が​差し伸べ​られ​て​い​ます。その​世界​で​は,罪深い​傾向​ゆえに​賢明​で​ない​選択​を​する​こと​は​あり​ませ​ん。さらに,故意​に​他​の​人​を​苦しめる​人​も​い​ませ​ん。「悪​を​行なう​者​たち​は​断ち滅ぼさ​れる」から​です。―詩編 37:9

偶然​の​出来事​と​不​完全​さ。

神​が​王​と​し​て​任命​し​た​イエス​・​キリスト​は,自然​界​の​力​を​制御​する​力​を​持っ​て​い​ます。西暦​1​世紀​に,イエス​と​その​使徒​たち​が​舟​に​乗っ​て​い​た​時,『猛烈​な​風​あらし​が​起こり,波​が​幾​度​も​舟​の​中​に​打ちつけ​て,舟​は​ほとんど​水浸し​に​なり』まし​た。使徒​たち​は​イエス​に​助け​を​求め​ます。続く​記録​に​は​こう​あり​ます。「イエス​は​身​を​起こし​て,風​を​叱りつけ,『静まれ! 静か​に​なれ!』と​海​に​言わ​れ​た。すると​風​は​和らい​ で​大なぎ​に​なっ​た」。使徒​たち​は​ひどく​驚き,「風​や​海​さえ​従う​と​は」と​言い​ます。―マルコ 4:37‐41

イエス​が​支配​する​時​に​は,神​に​従順​な​人々​は『安らか​に​住み,災い​の​怖れ​に​よっ​て​かき乱さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん』。(箴言 1:33)この​災い​に​は​自然​災害​も​含ま​れ​ます。さらに,地球​の​環境​を​損ない,安全​で​ない​建築​物​を​建て,自然​の​怖さ​を​軽く​見る​こと​は​なくなり​ます。人間​の​関係​し​た​誤り​が​入り込む​こと​も​あり​ませ​ん。たまたま​その​場​に​居合わせ​て​被害​に​遭う​と​いう​こと​も​ない​の​です。

イエス​は​地上​に​い​た​時,自分​の​支配​の​別​の​特色​を​明らか​に​し​まし​た。それ​に​より,予見​でき​ない​偶然​の​物事​に​よる​現在​の​苦しみ​も​相殺​さ​れ​ます。イエス​は,「わたし​は​復活​で​あり,命​です」と​述べ​まし​た。(ヨハネ 11:25)イエス​は,自然​災害​に​よっ​て​命​を​奪わ​れ​た​無数​の​人々​を​生き返ら​せる​力​を​持ち,そう​し​たい​と​願っ​て​いる​の​です。これ​は​空​約束​に​過ぎ​ない​の​でしょ​う​か。わたしたち​の​確信​を​強める​ため,イエス​は​地上​で​生き​て​い​た​時​に​人​を​復活​さ​せ​まし​た。聖書​に​は​三つ​の​例​が​記録​さ​れ​て​い​ます。―マルコ 5:38‐43。ルカ 7:11‐15。ヨハネ 11:38‐44

「この​世​の​支配​者」。

キリスト​・​イエス​は,「死​を​もたらす​手だて​を​持つ​者,すなわち​悪魔​を​無​に​帰せ​しめる」ため​に​神​から​任命​さ​れ​まし​た。(ヘブライ 2:14)イエス​は​こう​明言​し​まし​た。「この​世​の​裁き​が​なさ​れ​て​い​ます。今や​この​世​の​支配​者​は​追い出さ​れる​の​です」。(ヨハネ 12:31)イエス​は,この​世界​から​悪魔​の​影響​力​を​排除​する​こと​に​より,『悪魔​の​業​を​打ち壊し』ます。(ヨハネ​第​一 3:8)貪欲,腐敗,利己​心​など,悪魔​の​精神​が​一掃​さ​れる​時,人間​社会​に​どんな​大きな​変化​が​及ぶ​か​想像​し​て​み​て​ください。