内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

神は気にかけていますか

神は気にかけていますか

それ​は​1755​年​11​月​1​日​の​朝​の​こと​です。ポルトガル​の​都市​リスボン​が​激震​に​見舞わ​れ​まし​た。それ​に​続く​津波​と​火災​で​市​の​大部分​が​壊滅​し,数万​人​の​死者​が​出​まし​た。

2010​年​の​ハイチ​地震​の​後,カナダ​の​新聞「ナショナル​・​ポスト」(英語)は​社説​の​中​で​次​の​よう​に​述べ​まし​た。「大きな​悲劇​は​すべて,高位​の​存在​者​に​対する​人間​の​信仰​を​試みる​もの​と​なる。だが,リスボン​地震​の​現代​版​と​も​言える​今回​の​震災​の​よう​な​悲劇​は,一層​の​試み​と​なる」。そして,「神​は​ハイチ​を​見捨て​た​の​だろ​う」と​結ん​で​い​ます。

エホバ​神​は「全能​者」な​の​で​無限​の​力​を​持っ​て​おら​れ,苦しみ​を​終わらせる​こと​が​でき​ます。(詩編 91:1)さらに,神​が​人々​の​こと​を​気​に​かけ​て​おら​れる​と​確信​でき​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

神​は​どんな​方​か

苦しむ人々同情する方。イスラエル​人​が​エジプト​で​奴隷​に​され​て​虐げ​られ​て​い​た​時,神​は​モーセ​に​こう​お告げ​に​なり​まし​た。「わたし​は,エジプト​に​いる​わたし​の​民​の​苦悩​を​確か​に​見​た。彼ら​を​駆り立て​て​働か​せる​者​たち​ゆえ​の​その​叫び​を​聞い​た。わたし​は​彼ら​の​忍ぶ​苦痛​を​よく​知っ​て​いる​の​で​ある」。(出エジプト​記 3:7)この​記述​から​どんな​こと​が​分かり​ます​か。神​は​人間​の​苦しみ​に​対し​て​無​関心​で​は​ない,と​いう​こと​です。神​が​どんな​方​で​ある​か​に​つい​て,預言​者​イザヤ​は​数百​年​後​に​次​の​よう​に​書き​まし​た。イスラエル​人​に​関連​し​て​述べ​た​言葉​です。「彼ら​が​苦難​に​遭っ​て​いる​とき,どの​苦難​も​神​に​苦難​を​与える​もの​で​あっ​た」。―イザヤ 63:9

「そのすべて公正ある」。申命記 32:4)神​は​何事​も​公平​に​行ない,偏っ​た​扱い​は​され​ませ​ん。『ご自分​の​忠節​な​者​たち​の​道​を​守る』と​とも​に,義​に​かなっ​た​人​に『患難​を​もたらす​者​に​患難​を​もっ​て​報いる』方​です。(箴言 2:8。テサロニケ​第​二 1:6,7)偏る​こと​の​ない​神​に​つい​て​こう​記さ​れ​て​い​ます。「神​は,支配​者​たち​に​味方​する​こと​は​なく,貧しい​人​より​も​富ん​だ​人​を​ひいき​する​こと​も​ない。すべて​の​人​を​創造​し​た​から​で​ある」。(ヨブ 34:19,「今日​の​英語​訳」)神​は​また,人間​の​苦しみ​を​いやす​最善​の​方法​を​知っ​て​おら​れ​ます。一方,人々​が​提示​する​解決​策​は,銃弾​に​よる​けが​の​治療​に​絆創膏​を​用いる​こと​に​例え​られる​でしょ​う。絆創膏​を​張る​なら​傷口​は​覆わ​れ​ます​が,根本​的​な​治療​に​は​なら​ず,傷​を​負っ​た​人​の​苦しみ​は​除か​れ​ませ​ん。

銃弾​に​よる​傷​の​治療​に​医師​は​絆創膏​を​用いる​だろ​う​か

は『憐れみ慈しみ富み,愛ある親切満ちる』。出エジプト​記 34:6)聖書​の​言う「憐れみ」は,温かい​同情​や​哀れ​に​思う​気持ち​と​いう​意味​を​伝える​語​で,それ​は​他​の​人​を​助ける​よう​動かす​もの​です。『慈しみ​に​富む』と​訳さ​れ​て​いる​ヘブライ​語​の​語根​と​なる​言葉​に​つい​て​は,「必要​物​に​事欠く​人​に​与える​もの​を​持つ​人​の,心​から​の​反応」と​いう​説明​が​あり​ます。さらに,「旧約​聖書​神学​辞典」(英語)に​よれ​ば,「愛​ある​親切」と​訳さ​れる​言葉​に​は,「不幸​や​苦難​に​遭っ​て​いる​人​の​ため​に​事態​に​介入​する」と​いう​意味合い​が​含ま​れ​て​い​ます。エホバ​神​ は,人間​の​苦しみ​を​感じ取る​だけ​で​なく,憐れみ​と​慈しみ​と​愛​ある​親切​に​動かさ​れ​て​助け​て​ください​ます。ですから​神​が​苦しみ​を​終わらせ​て​くださる​こと​を​確信​でき​ます。

前​の​記事​で​は,今日,人間​に​大きな​苦しみ​を​もたらす​三つ​の​要因​を​取り上げ​まし​た。その​いずれ​も,神​が​もたらし​た​もの​で​は​あり​ませ​ん。では,それら​の​要因​の​背後​に​ある​もの​に​つい​て​見​て​み​ましょ​う。

人間​の​選択

最初​の​人間​アダム​は​当初,神​の​支配​の​もと​に​あり​まし​た。しかし,選択​の​機会​が​与え​られ​た​時,その​支配​を​退ける​こと​に​し,神​から​独立​する​と​どう​なる​か​を​試す​こと​に​し​まし​た。創世記 2​章​17​節​に​ある,「あなた​は​必ず​死ぬ」と​いう​エホバ​の​警告​を​無視​し​た​の​です。アダム​が​神​の​完全​な​支配​に​服さ​なかっ​た​の​で,罪​と​不​完全​さ​が​もたらさ​れ​まし​た。聖書​は​こう​説明​し​て​い​ます。「一​人​の​人​を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」。(ローマ 5:12)しかし,神​は​将来,罪​の​影響​を​取り除い​て​ください​ます。

偶然​の​出来事

前​の​段落​で​述べ​た​よう​に,アダム​は​神​の​導き​を​退け​まし​た​が,その​導き​こそ​人間​を​さまざま​な​危険​から​守る​の​に​必要​な​もの​でし​た。その​危険​に​は​自然​災害​も​含ま​れ​ます。アダム​は​あたかも,経験​ある​有能​な​医師​の​指導​を​退ける​患者​の​よう​な​行動​を​取り​まし​た。医師​が​患者​に,危険​や​合併​症​を​引き起こす​要因​が​ある​こと​に​気づく​と​し​て​も,患者​が​その​こと​を​気​に​留め​ず,指導​を​軽視​する​なら,害​を​被る​でしょ​う。同様​に,人間​が​地球​の​環境​を​損なっ​て​いる​こと​が​自然​災害​の​要因​と​なる​場合​が​少なく​あり​ませ​ん。その​災害​に​は​さらに,安全​で​ない​建築​物​や,自然​の​怖さ​を​軽く​見る​と​いっ​た​要素​も​関係​し​て​き​ます。しかし,神​は​こう​し​た​状況​が​いつ​まで​も​続く​の​を​お許し​に​は​なり​ませ​ん。

「この​世​の​支配​者」

サタン​が​反逆​し​た​後​も,神​は​サタン​が​この​世​を​支配​する​の​を​お許し​に​なり​まし​た。それ​は​なぜ​でしょ​う​か。ある​著作​に​は,「新しい​政権​は​その​統治​形態​を​問わ​ず,発足​当初​の​短​期間​は​問題​を​前​政権​の​せい​に​できる」と​記さ​れ​て​い​ます。もし​エホバ​が,機​が​熟さ​ない​うち​に「この​世​の​支配​者」サタン​を​その​立場​から​引き下ろし​た​なら,サタン​は​自分​の​不備​な​点​を​以前​の​支配​者​で​ある​神​の​せい​に​する​こと​も​でき​た​でしょ​う。(ヨハネ 12:31)しかし,この​世界​に​対し​て​余す​ところ​なく​権威​を​行使​できる​よう​サタン​に​時間​を​与え​た​ため,サタン​が​支配​者​と​し​て​失格​で​ある​こと​が​証明​さ​れ​た​の​です。では,苦しみ​が​終わる​と​確信​できる​の​は​なぜか,と​いう​点​を​次​に​取り上げ​ましょ​う。