内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2011年3月

ポイント1―賢く食べる

ポイント1―賢く食べる

「食べ物食べよう。ほどほどを。主植物を」。作家マイケルポーランついて,時試練耐えアドバイスわずか言葉要約ます。これどういう意味でしょか。

自然まま食べ物食べる。“本当の”食物―現代加工食品なく,これまで何千食した,自然まま食べ物―を中心食べましょう。包装売らいる食品や,外食チェーンファストフードは,たいてい糖分塩分脂肪多く含まおり,心臓卒中がんなど重病原因なりかねません。調理揚げるなく,蒸すオーブングリル焼きましょう。減塩ため,ハーブスパイス多め加えます。肉必ず通し,傷ん食物ません。

食べ過ぎない。世界保健機関報告よると,体重過多肥満世界異常増加おり,その原因多く食べ過ぎです。アフリカ幾つ地域は「栄養不良子どもより体重過多子どもほう多い」という研究結果あります。肥満将来も,糖尿など健康問題抱えるリスク高い言えます。ですから,親皆さん,自分食べる制限することより,良い手本示しましょう。

植物食べる。バランス取れ食事するは,肉でんぷん食品より,果物野菜精白穀物多め取る必要あります。週一,二代わり食べましょう。パスタ精白パン白米など,栄養多く取り除か食品減らします。危険伴う流行ダイエット避けます。親皆さん,子ども健康守るために,体よい食べ物好きなるようしつけましょう。例えば,おやつポテトチップキャンデーチョコレートなく,ナッツよく洗っ果物与えましょう。

水分多く取る。大人子ども毎日,水や,甘味加えない飲み物多く飲む必要あります。暑い労働する時,激しい運動する特にそうです。水分消化助け,体から有害物質取り除き,健康作り,減量役立ちます。気分よくなり,美しくなれます。お酒甘い飲み物飲み過ぎいけません。1ソフトドリンク1飲むだけで,体重17増えることあります。

よっは,きれい入れるために,かなり労力お金必要です。しかし,水欠かません。汚れ煮沸する化学処理施さなけれなりません。水原因失うは,戦争地震死ぬより多いいう報告あります。汚いよって,14,000子ども死亡いる,と伝えられます。世界保健機関乳幼児ついて,生後6か月母乳だけ,少なく2なるまで母乳食べ物育てること勧めます。