内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

信頼できる書物―第5部

聖書​の​歴史​に​おける​ギリシャ

信頼できる書物―第5部

この​記事​は,聖書​の​歴史​に​おける​七つ​の​世界​強国​を​取り上げ​た,7​部​から​成る​連載​の​5​番​目​です。連載​の​目的​は,聖書​が​神​の​霊感​を​受け​た​信頼​できる​書物​で​あり,人間​の​残酷​な​支配​に​よる​苦しみ​が​終わる​と​の​希望​を​与え​て​いる,と​いう​点​を​示す​こと​です。

西暦​前​4​世紀,マケドニア​の​青年​アレクサンドロス​が,ギリシャ​ *を​世界​の​舞台​へ​と​のし上げ​まし​た。ギリシャ​は​聖書​の​歴史​に​おける​第​五​世界​強国​と​なり,アレクサンドロス​は​やがて​大王​と​呼ば​れる​よう​に​なり​まし​た。ギリシャ​以前​の​世界​帝国​は​エジプト,アッシリア,バビロン,メディア‐ペルシャ​です。

アレクサンドロス​の​死後,帝国​は​分裂​し,衰退​し​始め​まし​た。しかし,ギリシャ​と​いう​国​が​滅ん​で​も,その​文化,言語,宗教,哲学​は,後代​に​長く​影響​を​及ぼし​まし​た。

聖書​は​アレクサンドロス​大王​に​つい​て​その​200​年​ほど​前​に​預言​し​て​い​た

信頼​できる​歴史

聖書​は,ギリシャ​の​統治​中​に​活動​し​た​預言​者​が​い​た​と​は​述べ​て​い​ませ​ん。その​時代​に​霊感​に​よっ​て​記さ​れ​た​聖書​の​書物​も​あり​ませ​ん。しかし,ギリシャ​は​聖書​預言​の​中​に​取り上げ​られ​て​い​ます。また,一般​に​新約​聖書​と​呼ば​れる​クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​の​中​に​は,ギリシャ​の​影響​に​関する​記述​が​幾つ​も​あり​ます。例えば,イスラエル​と​その​近く​に​は,デカポリス(ギリシャ​語​で「十​都市」の​意)と​呼ば​れる​ギリシャ​風​の​都市​群​が​あり​まし​た。(マタイ 4:25。マルコ 5:20; 7:31)聖書​は​この​デカポリス​に​数​回​言及​し​て​い​ます。デカポリス​が​実在​し​た​こと​は,一般​の​歴史​や,劇場​・​円形​劇場​・​神殿​・​浴場​など​の​見事​な​遺跡​に​よっ​て​確証​さ​れ​て​い​ます。

聖書​は,ギリシャ​の​文化​や​宗教​に​つい​て​も​多く​触れ​て​い​ます。特に,医師​ルカ​が​記し​た「使徒​たち​の​活動」の​書​が​そう​です。幾つ​か​例​を​見​て​み​ましょ​う。

 西暦​50​年​に​使徒​パウロ​が​アテネ​を​訪れ​た​時,そこ​に​は「偶像​が​満ち​て」い​た,と​述べ​られ​て​い​ます。(使徒 17:16)アテネ​と​その​郊外​に​宗教​像​や​聖堂​が​たくさん​あっ​た​こと​は,歴史​証拠​に​よっ​て​裏づけ​られ​て​い​ます。

使徒 17​章​21​節​に​は,「すべて​の​アテネ​人​と​そこ​に​とう留​し​て​いる​異国​人​は,暇​な​時間​と​いえ​ば​何​か​新しい​事柄​を​語っ​たり​聴い​たり​し​て​過ごし​て​いる​の​で​あっ​た」と​あり​ます。アテネ​人​が​雑談​や​議論​を​好ん​で​い​た​こと​は,ツキディデス​や​デモステネス​の​記述​に​も​出​て​き​ます。

また,『エピクロス​派​および​ストア​派​の​哲学​者​が​パウロ​と​言い合う​よう​に​なり』,パウロ​を​アレオパゴス​に​連れ​て​行っ​て​話​を​もっと​聞こ​う​と​し​た,と​いう​具体​的​な​記録​も​あり​ます。(使徒 17:18,19)アテネ​は,エピクロス​派​や​ストア​派​など​の​哲学​者​が​数多く​い​た​こと​で​知ら​れ​て​い​ます。

知ら​れ​て​い​ない​神​の​ため​の​祭壇

パウロ​は,「知ら​れ​て​い​ない​神​に」と​刻み込ま​れ​た​アテネ​の​祭壇​に​つい​て​も​述べ​て​い​ます。(使徒 17:23)知ら​れ​て​い​ない​神​の​ため​の​祭壇​は,クレタ​の​エピメニデス​に​よっ​て​造ら​れ​た​よう​です。

アテネ​人​へ​の​話​の​中​で​パウロ​は,「そは​われら​は​また​その​子孫​なり」と​いう​言葉​を​引用​し​て​い​ます。それ​は​一​人​の​詩人​の​言葉​で​は​なく,「あなた方​の​詩人​の​ある​者​たち」の​言葉​で​ある,と​言っ​て​い​ます。(使徒 17:28)その​ギリシャ​の​詩人​たち​と​は,アラトス​と​クレアンテス​だっ​た​と​思わ​れ​ます。

適切​に​も,ある​学​者​は​こう​言っ​て​い​ます。「私​に​とっ​て,パウロ​が​アテネ​を​訪れ​た​時​の​記述​に​は,実際​に​目​で​見​て​書い​た​よう​な​響き​が​ある」。同じ​こと​は,小​アジア​の​エフェソス​で​の​パウロ​の​活動​記録​に​も​言える​でしょ​う。西暦​1​世紀​の​エフェソス​は​依然​と​し​て​ギリシャ​の​異教,特に​女神​アルテミス​の​崇拝​を​好ん​で​い​まし​た。

エフェソス​の​女神​アルテミス​の​像

古代​世界​の​七​不思議​の​一つ​で​ある​アルテミス​の​神殿​は,「使徒​たち​の​活動」の​書​に​何​度​か​出​て​き​ます。例えば,アルテミス​の​銀製​の​宮​を​作っ​て​儲け​て​い​た​銀​細工​人​デメテリオ​が,パウロ​の​エフェソス​で​の​宣教​に​怒り​ を​あらわ​に​し​た​くだり​が​あり​ます。デメテリオ​は,「この​パウロ​と​いう​者​が……かなり​多く​の​人々​を​説き付け​て​違っ​た​意見​を​抱か​せ,手​で​作っ​た​もの​は​神​で​は​ない​など​と​言っ​て​いる」と​がなり立て​まし​た。(使徒 19:23‐28)デメテリオ​に​煽ら​れ​て​怒っ​た​群衆​は「偉大​な​の​は​エフェソス​人​の​アルテミス!」と​叫びだし​まし​た。

エフェソス​の​遺跡​と​アルテミス​の​神殿​跡​を​今​も​訪れる​こと​が​でき​ます。そして,エフェソス​で​見つかっ​た​古代​の​碑文​は,当時​そこで​アルテミス​の​偶像​が​造ら​れ​て​い​た​こと​と,銀​細工​人​の​組合​が​活動​し​て​い​た​こと​を​裏づけ​て​い​ます。

信頼​できる​預言

アレクサンドロス​大王​の​時代​より​200​年​ほど​前​に,エホバ​神​の​預言​者​ダニエル​は​世界​支配​に​つい​て​こう​書き​まし​た。「見よ,一​頭​の​雄​の​やぎ​が​全地​の​表​を​日​の​沈む​方​から​やっ​て​来​た​が,それ​は​地​に​触れ​て​い​なかっ​た。そして,その​雄​の​やぎ​に​は,目​の​間​に​一​本​の​際立っ​た​角​が​あっ​た。そして​それ​は,二​本​の​角​を​持つ​雄羊……の​ところ​まで​やっ​て​来​た。それ​は​猛烈​な​怒り​を​抱い​て​雄羊​の​ところ​に​走っ​て​来​た。そして……それ​は​雄羊……を​打ち倒し​て,その​二​本​の​角​を​折っ​た​が,雄羊​に​は​それ​に​立ち向かう​力​が​なかっ​た。こう​し​て​それ​は​雄羊​を​地​に​投げ倒し,それ​を​踏みつけ​た……。そして,その​雄​の​やぎ​は​甚だ​しく​高ぶっ​た。しかし,それ​が​強大​に​なる​や,その​大いなる​角​は​折れ,その代わり​に​際立っ​た​四つ​の​角​が​生え​て​来​て,天​の​四方​の​風​に​向かっ​た」。―ダニエル 8:5‐8

聖書​は​アレクサンドロス​大王​に​よる​征服​と​その​帝国​の​分割​を​正確​に​予告​し​て​い​た

雄羊​や​雄やぎ​は​だれ​を​表わし​て​いる​の​でしょ​う​か。ダニエル​が​こう​書い​て​い​ます。「あなた​が​見​た​二​本​の​角​の​ある​雄羊​は​メディア​と​ペルシャ​の​王​を​表わし​て​いる。また,毛深い​雄やぎ​は​ギリシャ​の​王​を​表わし​て​いる。その​目​の​間​に​あっ​た​大いなる​角,それ​は​その​第​一​の​王​で​ある」。―ダニエル 8:20‐22

考え​て​み​て​ください。聖書​は,バビロニア世界強国時代に,続く​世界​強国​は​メディア‐ペルシャ,そして​ギリシャ​で​ある,と​予告​し​て​い​まし​た。しかも,上​で​見​た​よう​に,「それ​が​強大​に​なる​や,その​大いなる​角[アレクサンドロス]は​折れ」,別​の​四つ​の​角​に​取って代わら​れる​が,その​中​に​アレクサンドロス​の​後裔​は​い​ない,と​いう​具体​的​な​点​まで​述べ​て​い​た​の​です。―ダニエル 11:4

この​預言​は​事細か​に​成就​し​まし​た。アレクサンドロス​は​西暦​前​336​年​に​王​と​なり,7​年​も​たた​ない​うち​に​ペルシャ​の​強大​な​王​ダリウス​3​世​を​破り​ます。その​後​も​版図​を​拡大​し​た​もの​の,西暦​前​323​年​に​32​歳​の​若さ​で​亡くなり​まし​た。後​を​継い​だ​の​は,一​人​の​専制​君主​で​も,アレクサンドロス​の​子孫​で​も​あり​ませ​ん。「ヘレニズム​時代」(英語)と​いう​本​が​述べる​とおり,四​人​の​将軍―リュシマコス,カッサンドロス,セレウコス,プトレマイオス―が「自ら​王​と​名乗り」,帝国​を​引き継ぎ​まし​た。

領土​を​広げる​間,アレクサンドロス​は​別​の​聖書​預言​も​成就​さ​せ​まし​た。例えば,西暦​前​7​世紀​の​預言​者​エゼキエル​と​西暦​前​6​世紀​の​預言​者​ゼカリヤ​は,ティルス​と​いう​都市​の​滅亡​を​予告​し​まし​た。(エゼキエル  26:3‐5,12; 27:32‐36。ゼカリヤ 9:3,4)エゼキエル​は,ティルス​の​石​や​塵​が「水​の​中​に」置か​れる​と​いう​こと​まで​書い​て​い​ます。この​言葉​は​成就​し​た​でしょ​う​か。

アレクサンドロス​は,ティルス​の​古い​本土​側​の​都市​の​がれき​を​使っ​て​島​側​の​都市​へ​の​土手​道​を​作り,聖書​預言​を​成就​さ​せ​た

西暦​前​332​年​の​ティルス​の​攻囲​の​際​に​アレクサンドロス​の​軍隊​が​取っ​た​戦略​に​注目​でき​ます。軍​は,壊滅​し​て​い​た​ティルス​の​本土​側​の​都市​の​残骸​を​集め​て​海​に​投じ,島​側​の​都市​まで​の​土手​道​を​築き​まし​た。この​戦略​は​功​を​奏し,ティルス​は​陥落​し​まし​た。19​世紀​に​その​地​を​訪れ​た​探検​家​は​こう​述べ​て​い​ます。「ティルス​に​対する​預言​は,極めて​詳細​な​点​まで​実現​し​た」。 *

信頼​の​置ける​希望

アレクサンドロス​の​征服​に​よっ​て​平和​で​安全​な​世界​が​もたらさ​れ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。ある​学​者​は​古代​ギリシャ​の​支配​を​振り返っ​た​後,「一般​大衆​の​状況​は……本質​的​に​は​ほとんど​変わら​なかっ​た」と​述べ​て​い​ます。こう​し​た​こと​は,歴史​を​通じ​て​しばしば​繰り返さ​れ​て​おり,その​度​に​次​の​聖書​の​言葉​の​確か​さ​が​裏づけ​られ​て​い​ます。「人​が​人​を​支配​し​て​これ​に​害​を​及ぼし​た」。―伝道​の​書 8:9

しかし,ずさん​な​支配​体制​が​ずっ​と​続く​わけ​で​は​あり​ませ​ん。神​は,人間​の​政府​より​はるか​に​優れ​た​政府​を​すでに​樹立​し​て​おら​れる​から​です。神​の​王国​と​呼ば​れる​その​政府​は,人間​に​よる​あらゆる​政府​に​取って代わり,国民​は​いつ​まで​も​真に​平和​で​安全​な​生活​を​楽しみ​ます。―イザヤ 25:6; 65:21,22。ダニエル 2:35,44。啓示 11:15

神​の​王国​の​王​は​ほか​なら​ぬ​イエス​・​キリスト​です。権力​欲​の​強い​冷淡​な​人間​の​支配​者​と​は​異​なり,イエス​を​動かす​の​は​いつ​で​も​神​と​人類​へ​の​愛​です。詩編​作者​は​イエス​に​つい​て​こう​予告​し​て​い​ます。『助け​を​叫び求める​貧しい​者,また,苦しん​で​いる​者​や​助け手​の​ない​者​を​彼​が​救い出し​ます。彼​は​立場​の​低い​者​や​貧しい​者​を​ふびん​に​思い,貧しい​者​たち​の​魂​を​救い​ます。彼​は​虐げ​と​暴虐​から​彼ら​の​魂​を​請け戻し​ます』。―詩編 72:12‐14

あなた​も,この​よう​な​支配​者​を​願っ​て​おら​れる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。そう​で​あれ​ば,聖書​の​歴史​に​おける​6​番​目​の​世界​強国​ローマ​に​つい​て​学ぶ​の​は​よい​こと​です。ローマ​の​時代​に,予告​さ​れ​て​い​た​救い主​イエス​が​生まれ,人類​史​に​その​名​を​克明​に​刻み​まし​た。本誌​の​次号​に​掲載​さ​れる,この​シリーズ​の​第​6​部​を​ぜひ​お読み​ください。

^ 4節 この​記事​で​取り上げる​ギリシャ​は,現代​の​国家​ギリシャ​で​は​なく,1​世紀​より​前​の​古代​ギリシャ​の​こと​です。

^ 23節 エゼキエル​が​予告​し​て​い​た​とおり,ティルス​は​以前​に,バビロニア​の​王​ネブカドレザル​に​よっ​て​攻略​さ​れ​て​い​まし​た。(エゼキエル 26:7)しかし​後​に​ティルス​は​再建​さ​れ,その​再建​さ​れ​た​都市​が​アレクサンドロス​に​よっ​て​陥落​し,預言​者​たち​の​言葉​が​すべて​詳細​に​成就​し​まし​た。