内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2011年3月

ポイント2―基本的なケアを忘れない

ポイント2―基本的なケアを忘れない

「自分憎んかつてないからです。むしろは,それ養い,また大切ます」。(エフェソス 5:29)基本ケア行なうどうで,健康状態大きく異なっます。

十分睡眠取る。「一握り憩いは,二握り骨折り追うこと勝る」。(伝道書 4:6)現代なすべきことたくさんあり,人奪うもの多いで,睡眠時間少しずつ削り取らます。しかし睡眠健康不可欠です。研究よると,睡眠人間修復れるで,睡眠記憶気分向上つながります。

睡眠免疫高め,感染糖尿卒中心臓がん肥満うつ病だけなく,恐らくアルツハイマーかかるリスク減らします。眠くなる自然の“安全装置”が働いいるからです。その働き抑えようて,甘いものカフェインなど刺激用いるなく,警告どおり睡眠取るべきです。普通大人場合,見た目はつらつ状態保ち,自分発揮するためは,毎晩七,八時間睡眠必要です。若いもっと必要です。十若者不足なると,精神トラブル陥ったり,運転眠り込んだりする確率高くなります。

病気なっとき特に睡眠大切です。よく眠っ水分十分取るだけで,体は,風邪など病気打ち勝つことできます。

ケアする。食後に,特に就寝磨き,歯間フロス掃除するなら,虫歯歯周喪失など防げます。歯なくなると,食事楽しん十分栄養取ることできないでしょう。ゾウ老衰死ぬなく,歯すり減っ食物よく噛めなくなり,徐々餓死する言わます。食後歯磨きフロスするよう教えられ子どもたちは,若いだけなく,そのずっ健康いられるでしょう。

医師もらう。医師もらうべき病気あります。早くもらえば,たいてい大事至らず,費用少なくすみます。ですから,具合悪い思っなら,症状ただ緩和ようするなく,原因知っ取り除くため助け求めましょう。

信頼できる医師など定期検診もらうなら,多く難しい問題防ぐことできます。妊娠期間検診つい同じこと言えます。 * しかし,医師奇跡行なえるわけありません。神が「すべてもの新しくする」時ならなければ,すべて病気完全治るいうことありません。―啓示 21:4,5

^ 8節 「目ざめよ!」200911「健康母親,健康赤ちゃん」いう記事ご覧ください。