内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2011年3月

ポイント3―体を動かす

ポイント3―体を動かす

「もし運動錠剤できたら,世界最も広く処方れることだろう」。(エモリー大学医学部)健康ため行なえることで,運動ほど役立つものまずありません。

努力する。いつもよく動かしいると,気分晴れやかなり,頭すっきります。元気なり,より充実生活送れます。食事きちんといれば,体重コントロールます。効果上げよう苦しい運動極端運動する必要ありません。適度運動回,定期行なうだけで,大きな成果期待できるでしょう。

ジョギング,ウォーキング,サイクリング,スポーツ―脈拍速くなり汗ばむ程度もの―を行なうなら,持久増し,心臓発作卒中予防できます。そう酸素運動適度ウエートトレーニング柔軟体操併せて行なうことは,骨深層手足強くする役立ちます。また,そう運動新陳代謝高める働きあり,新陳代謝高まる体重コントロールやすくなります。

動かすこと楽しい

使う。運動どんな年齢とっ有益ですが,スポーツクラブ会員ならなけれ運動できない,というわけありません。まずは,車バスエレベーター使わ使うことから始めましょう。歩い行けるときは,車乗る控えどうでしょか。歩いほう早く着けることあります。親皆さん,できる場合お子さん屋外使っ遊びさせましょう。そう運動強い作り,全身バランスよく動かす能力育みます。テレビゲームなど座っ楽しむ遊びは,それできません。

から始めるも,適度運動ためなります。年齢健康問題ゆえに運動なかっは,どのよう始めるか,医師相談するよいでしょう。ともかく始めましょう。かなり高齢も,運動少しずつ始め,やり過ぎないなら,筋力骨量保つことできます。また,高齢多い転倒事故防ぐことできます。

最初記事ラスタム場合も,助けなっ運動でした。ラスタム7から日,毎朝一緒少しジョギングます。こう言っます。「最初よく言い訳休みましが,二行なっで,お互い,励みられました。今楽しい良い習慣なっます」。