この​記事​は,聖書​の​歴史​に​おける​七つ​の​世界​強国​を​取り上げ​た,7​部​から​成る​連載​の​4​番​目​です。連載​の​目的​は,聖書​が​神​の​霊感​を​受け​た​信頼​できる​書物​で​あり,人間​の​残酷​な​支配​に​よる​苦しみ​が​終わる​と​の​希望​を​与え​て​いる,と​いう​点​を​示す​こと​です。

古代​メディア​と​ペルシャ​の​二​重​帝国​の​壮大​さ,力,富​の​ほど​は,宮殿​跡​や​王族​の​墓​の​廃墟​から​垣間見る​こと​が​でき​ます。二つ​の​王国​が​統合​さ​れる​前,支配​的​だっ​た​の​は​メディア​王国​でし​た。しかし,西暦​前​550​年,メディア​人​は​ペルシャ​の​王​キュロス​2​世​に​征服​さ​れ,その​後,同​王​は​メディア‐ペルシャ​王国​を​統治​し​ます。ペルシャ​湾​の​北​の​地域​を​中心​と​し​た​広大​な​領土​は,やがて​エーゲ​海,エジプト,インド​の​北西​部​まで​達し,ユダヤ​も​包含​し​て​い​まし​た。

メディア‐ペルシャ​は​ユダヤ​国民​を​200​年​余り​治め​まし​た。西暦​前​539​年​の​バビロン​の​滅び​から,西暦​前​331​年​に​メディア‐ペルシャ​が​ギリシャ​に​打ち負かさ​れる​まで​の​期間​です。聖書​の​多く​の​書​に​は,その​期間​に​生じ​た​幾つ​か​の​重大​な​出来事​に​関する​記述​が​あり​ます。

信頼​できる​歴史

聖書​に​よる​と,王​キュロス​2​世​は​バビロン​に​捕らわれ​て​い​た​ユダヤ​人​を​解放​し,エルサレム​に​帰還​さ​せ​まし​た。西暦​前​607​年​に​バビロニア​人​が​破壊​し​た​神殿​の​再建​を​許し​た​の​です。(エズラ 1:1‐7; 6:3‐5)この​記述​を​裏づけ​て​いる​の​は,1879​年​に​古代​バビロン​の​遺跡​で​発見​さ​れ​た​キュロス​の​円筒​碑文​です。粘土​で​でき​た​その​碑文​に​は​キュロス​の​名前​が​刻ま​れ​て​おり,捕虜​と​なっ​て​い​た​人​たち​や​宗教​的​な​物品​を​故国​へ​戻す​と​いう​政策​が​記さ​れ​て​い​ます。聖書​筆者​イザヤ​は,キュロス​に​関する​エホバ​神​の​次​の​預言​的​な​言葉​を​記録​し​て​い​まし​た。『「彼​は​わたし​の​喜ぶ​こと​を​すべて​完全​に​成し遂げる​で​あろ​う」。すなわち,エルサレム​に​つい​て,「彼女​は​建て直さ​れる​で​あろ​う」,神殿​に​つい​て,「あなた​は​その​基​を​据え​られる​で​あろ​う」と​言う​わたし​の​ことば​を​も』。―イザヤ 44:28

エズラ 6​章​3,4​節​に​よる​と,キュロス​は​神殿​再建​の​資金​が「王​の​家​から​支払わ​れる​よう​に」と​さえ​命じ​まし​た。この​驚く​べき​記述​は​一般​の​歴史​と​調和​し​て​い​ます。 「ペルシャ​と​聖書」(英語)と​いう​本​は,「ペルシャ​の​王​たち​は​一貫​し​た​政策​と​し​て,帝国​内​の​聖地​の​復興​を​助け​た」と​述べ​て​い​ます。

聖書​は​また,ユダヤ​人​に​反対​し​て​い​た​者​たち​が​後​に​ダリウス​大王(ダリウス​1​世)に​手紙​を​書き,キュロス​が​神殿​の​再建​を​許可​し​た​と​いう​ユダヤ​人​の​主張​に​異議​を​唱え​た​こと​を​伝え​て​い​ます。ダリウス​は,布告​の​原書​を​探さ​せ​ます。どう​なっ​た​でしょ​う​か。首都​の​エクバタナ​で,キュロス​の​布告​が​記さ​れ​た​巻き物​が​見つかり​まし​た。その​ため,ダリウス​は​こう​書き送り​ます。「わたし,ダリウス​は,まさしく​命令​を​下す。速やか​に​これ[神殿​の​再建]が​行なわ​れる​よう​に」。結果​と​し​て,建設​事業​に​対する​反対​は​やみ​まし​た。 *エズラ 6:2,7,12,13

一般​の​歴史​は​これら​の​詳細​な​点​を​も​支持​し​て​い​ます。例えば,エクバタナ​は​キュロス​が​夏​の​あいだ​過ごす​場所​だっ​た​の​で,そこ​から​布告​を​出し​た​と​考え​られ​ます。また,考古​学​上​の​発見​に​よれ​ば,メディア‐ペルシャ​の​王​たち​は​帝国​に​影響​を​及ぼす​宗教​問題​に​鋭い​関心​を​寄せ,不和​を​解決​する​ため​に​書状​を​したため​まし​た。

信頼​できる​預言

預言​者​ダニエル​は,神​の​霊感​に​よる​夢​の​中​で,一連​の​四つ​の​獣​が​海​から​上っ​て​来る​の​を​見​まし​た。それぞれ​が​世界​強国​を​表わし​て​おり,一​番​目​の​翼​の​ある​ライオン​は​バビロン​の​象徴​でし​た。二​番​目​は「熊​に​似​て」おり,記述​は​こう​続い​て​い​ます。「彼ら​は​それ​に​向かっ​て​この​よう​に​言う​の​で​あっ​た。『起き上がっ​て,多く​の​肉​を​食らえ』」。(ダニエル 7:5)この​恐ろしげ​な​熊​は​メディア‐ペルシャ​を​表わし​て​い​まし​た。

ダニエル​の​預言​に​たがわ​ず,メディア‐ペルシャ​は​むさぼる​よう​な​征服​欲​を​あらわ​に​し​まし​た。ダニエル​が​幻​を​見​て​から​程なく​し​て,キュロス​は​メディア​人​を​打ち倒し,隣国​の​リュディア​と​バビロン​に​も​戦争​を​しかけ​まし​た。息子​の​カンビュセス​2​世​は​エジプト​を​征服​し​ます。メディア‐ペルシャ​の​後代​の​支配​者​たち​は,帝国​の​領土​を​さらに​広げ​まし​た。

この​解釈​が​正しい​と​どうして​分かる​でしょ​う​か。関連​し​た​別​の​幻​の​中​で,ダニエル​は「西​に,北​に,南​に​突き進む」雄羊​を​見​まし​た。この​預言​は,メディア‐ペルシャ​が​強国​バビロン​を​含む​他​の​国々​に『突き進ん​だ』とき​に​成就​し​まし​た。神​の​み使い​が​この​幻​を​解き明かし,「あなた​が​見​た​二​本​の​角​の​ある​雄羊​は​メディア​と​ペルシャ​の​王​を​表わし​て​いる」と,ダニエル​に​言い​まし​た。―ダニエル 8:3,4,20

現在​の​イラン​に​ある​パサルガダエ​の​遺跡​で,今​で​も​キュロス​の​墓​を​見る​こと​が​できる

さらに,バビロン​が​滅ぼさ​れる​200​年​ほど​前,預言​者​イザヤ​は,まだ​生ま​れ​て​い​なかっ​た​ペルシャ​の​王​の​名前​を​挙げ,バビロン​を​攻め取る​際​の​戦略​も​予告​し​まし​た。こう​書い​て​い​ます。「エホバ​は,その​油そそが​れ​た​者​キュロス​に​この​よう​に​言わ​れ​た。わたし​は​その​右手​を​取っ​た。それ​は,彼​の​前​に​諸国​の​民​を​従える​ため, ……彼​の​前​に​二​枚​扉​を​開い​て,門​が​閉じ​られ​ない​よう​に​する​ため​で​ある」。(イザヤ 45:1)イザヤ​だけ​で​なく​預言​者​エレミヤ​も,バビロン​の「川」つまり​ユーフラテス​川​を​水源​と​する​堀​が​干上がる​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。(イザヤ 44:27。エレミヤ 50:38)ギリシャ​の​歴史​家​ヘロドトス​と​クセノフォン​の​著述​は,聖書​の​預言​の​正確​さ​を​裏づけ​て​い​ます。キュロス​が​都市​を​攻め取っ​た​晩​に​バビロニア​人​が​宴​に​興じ​て​い​た​と​いう​点​も​一致​し​て​いる​の​です。(イザヤ 21:5,9。ダニエル 5:1‐4,30)キュロス​の​軍​は​ユーフラテス​川​の​進路​を​変え,堀​に​面する​開い​て​い​た​門​から,ほとんど​抵抗​に​遭う​こと​なく​都市​に​攻め入り​まし​た。強大​な​バビロン​は​一夜​に​し​て​倒さ​れ​た​の​です。

この​出来事​は,別​の​預言​の​驚く​べき​成就​に​も​つながり​まし​た。預言​者​エレミヤ​は,神​の​民​が​バビロン​で​70​年​の​あいだ​捕囚​と​なる​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。(エレミヤ 25:11,12; 29:10)この​預言​は​その​とおり​成就​し,捕らわれ​て​い​た​人々​は​故国​へ​帰る​こと​を​許さ​れ​ます。

信頼​の​置ける​希望

メディア‐ペルシャ​が​バビロン​を​征服​し​て​間​も​なく,ダニエル​は​ある​預言​を​書き記し​まし​た。その​預言​は,人類​に​対する​神​の​目的​が​果たさ​れる​うえ​で​極めて​重要​な​出来事 ― メシア​の​到来 ― に​光​を​当て​て​い​ます。神​の​み使い​ガブリエル​は,メシア​すなわち​創世記 3​章​15​節​で​約束​さ​れ​て​いる「胤」が​いつ​登場​する​か​を​ダニエル​に​知らせ,こう​述べ​まし​た。「エルサレム​を​修復​し​て​建て直せ​と​いう​言葉​が​発せ​られ​て​から​指導​者​で​ある​メシア​まで​に,七​週,そして​さらに​六十二​週​が​ある​で​あろ​う」。(ダニエル 9:25)この​預言​的​な​69​週​は​いつ​始まっ​た​の​でしょ​う​か。

キュロス​は​バビロン​の​倒壊​後,程なく​し​て​ユダヤ​人​が​故国​に​帰還​する​の​を​許し​まし​た​が,エルサレム​と​その​城壁​は​長年​の​あいだ​修復​さ​れ​ない​まま​でし​た。西暦​前​455​年,アルタクセルクセス​王​は​ユダヤ​人​の​献酌​官​ネヘミヤ​に,エルサレム​に​戻っ​て​再建​を​指揮​する​許可​を​与え​ます。(ネヘミヤ 2:1‐6)これ​が​69​週​の​始まり​と​なり​まし​た。

この​69​週​は,7​日​から​成る​文字どおり​の​週​で​は​なく,週年​の​こと​でし​た。「週」と​いう​表現​を「週年」あるいは「週​の​年」と​訳し​て​いる​聖書​も​あり​ます。 *ダニエル 9:24,25)メシア​は,各々​7​年​から​成る「週」を​69​倍​し​た​期間,つまり​483​年​後​に​現われる​の​です。この​預言​は,西暦​前​455​年​から​ちょうど​483​年​後​の​西暦​29​年,イエス​が​バプテスマ​を​受け​た​時​に​成就​し​まし​た。 *

ダニエル​の​預言​が​正確​に​成就​し​た​こと​は,イエス​が​メシア​で​ある​と​いう​豊富​な​証拠​の​一つ​です。そして​この​証拠​は,わたしたち​の​将来​に​対する​希望​を​も​確か​な​もの​と​し​て​い​ます。イエス​は​神​の​天​の​王国​の​王​と​し​て,人間​に​よる​無情​な​支配​を​終わらせ,その​後​さらに​たくさん​の​聖書​預言​を​成就​さ​せ​ます。楽園​と​なっ​た​地上​で​死者​が​復活​し,永遠​に​生きる​と​いう​希望​も​現実​と​なる​の​です。―ダニエル 12:2。ヨハネ 5:28,29。啓示 21:3‐5

^ 9節 ダリウス​と​いう​名​の​王​は​少なく​と​も​3​人​い​ます。

^ 20節 「週​の​年」と​いう​表現​を​用い​て​いる​翻訳​聖書​に​は,例えば​以下​の​もの​が​あり​ます。「タナッハ ― 聖書​の​新訳」(英語),「完訳​聖書 ― アメリカ​訳」(英語),ジェームズ​・​モファット​に​よる「聖書 ― 旧新約​全訳」(英語)。

^ 20節 69​週年​を​示す​図​を​含む,この​預言​の​詳しい​説明​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の197‐199​ページを​ご覧​ください。