アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2010年12月

信頼できる書物―第2部

聖書歴史おけるアッシリア

信頼できる書物―第2部

この記事は,聖書歴史おける七つ世界強国取り上げた,7から成る連載2です。連載目的は,聖書霊感受け信頼できる書物あり,人間残酷支配よる苦しみ終わる希望与えいる,という示すことです。

古代中東たちは,アッシリア聞いだけぞっことでしょう。聖書ヨナよると,預言ヨナは,アッシリア首都ニネベ裁き音信伝えるいう任務から受け時,反対方向逃げました。(ヨナ 1:1‐3)アッシリア恐ろしい評判聞いからでしょう。

信頼できる歴史

聖書預言ナホムニネベを,「ライオンねぐら」,「流血都市」と描写し,こう述べます。「獲物去っ行かない! むち車輪ごうごうたる響きある。そして,突進する躍り上がる兵車。馬上騎手,剣炎,槍稲妻,討ち殺さ 多数者,大量死がい。死体果てしなく続く。彼らその死体つまずく」。(ナホム 2:11; 3:1‐3)一般歴史は,古代アッシリア関する聖書記述裏付けいるでしょか。

「遠い過去から光」(英語)というアッシリアを,「残虐よっ震え上がらせること意図冷酷戦闘組織」と呼んます。アッシリアアシュルナシルパル2は,自分逆らったち加え仕打ちよう自慢ます。

生きままはがれる捕虜描か浮き彫り

「わたし都市城門に,それより高い建て,反乱起こし首領すべてはぎ,彼らその覆った。あるわたしその封じ込め,ある突き刺した。……また,わたし役人ども,反逆王室役人ども手足切断た。……彼ら多く捕虜わたし焼き,多く生け捕りた」。アッシリア王宮発掘調査考古たちは,捕虜加えられよだつよう虐待光景飾ら発見ました。

西暦740年,アッシリアイスラエル王国首都サマリア征服し,住民流刑処しました。8後,アッシリアユダ侵攻ます。 *列王二 18:13)アッシリアセナケリブユダヒゼキヤに,金30タラント300タラント貢ぎ要求ます。聖書記録よると,その貢ぎ支払わました。ところが,セナケリブユダ首都エルサレム条件降伏迫ります。―列王二 18:9‐17,28‐31

ユダ侵攻関するセナケリブ自慢記さ六角

ニネベ調査考古たちは,セナケリブ年代に,この出来事関する記述見つけました。粘土六角刻ま記録で,アッシリアこう自慢ます。「わたしくびき服さなかっユダヤヒゼキヤ関しは,わたし強固都市46,すなわち城壁めぐらし堡塁その近隣無数小さな攻囲し,……征服た。……彼[ヒゼキヤ]をわたしその王都エルサレム閉じ込めて,かごようた」。次いセナケリブは,ヒゼキヤが「金30タラント,銀800タラント,宝石,……あらゆる宝物」を送っ述べ,受け取っ誇張ます。

ここ注目できるは,セナケリブエルサレム征服述べないことです。実ところ,神介入よっ自軍被っ敗北ついて,一言触れません。聖書よれば,神み使い一夜アッシリア兵士18万5,000殺しました。(列王二 19:35,36)学ジャックフィネガンは,「アッシリア諸王碑文全般尊大調子書かいることからすると,セナケリブそのよう敗北つい記録するとうてい考えられない」と述べます。

信頼できる預言

アッシリア帝国没落より100ほどに,イザヤは,エホバ不遜態度取っそれら高慢 征服たちエホバ申し開き求める,と言明ました。「わたしアッシリア不遜その高ぶりうぬぼれ清算する」というエホバ言葉を,イザヤ記録ます。(イザヤ 10:12)さらに,神預言ナホムは,ニネベ略奪れ,その対し開かれ,番兵たち逃げる,と予告ました。(ナホム 2:8,9; 3:7,13,17,19)聖書預言ゼパニヤも,ニネベが「荒れ果て所」になる,と記します。―ゼパニヤ 2:13‐15

こう滅亡関する預言は,西暦632成就ました。その年,ニネベバビロニアメディア連合征服れ,アッシリア帝国惨め終わり迎えました。その出来事関するバビロニア年代よると,征服たちは『この都市神殿からおびただしい戦利運び去り』,ニネベを「廃墟山」とました。今日,イラクチグリス東岸,つまりモスル対岸は,廃墟なっあります。かつてニネベだっ場所は,荒れ果てなっいるです。

アッシリア滅亡は,別聖書預言成就つながりました。それより西暦740年,アッシリア部族王国住民流刑処しました。それほぼ同じころ,神預言イザヤは,エホバが『アッシリア砕いて,踏みにじり』,イスラエル故国連れ戻すこと予告し,こう書きました。「エホバは……アッシリア……から残っいるご自分残りを……集められる」。200ほど後,まさにそのとおりこと生じました。―イザヤ 11:11,12; 14:25

信頼置ける約束

ニネベ陥落よりずっ前,アッシリアたち縮み上がらころ,イザヤ全く違うタイプ支配登場予告ました。こう書います。「わたしたちためひとり子供生まれ,わたしたちひとり男子与えられた……。君支配その置かれる。そしては,……“平和君”と呼ばれるあろう。ダビデ王座その王国あって,君その豊か支配平和終わりない。それは,今より定めない至るまで,公正よっこれ堅く立て,支えるためある。実万軍エホバ熱心これ行なう」。―イザヤ 9:6,7

「平和君」であるイエスキリスト支配全地及びます。詩編 727,8こうあります。「そのなる芽生え,豊か平和なくなるときまで続くことでしょう。そして,彼から至るまで,川から果て至るまで臣民持つことなります」。

エホバは,この力強い「平和君」を用いて,詩編 468,9あるよう約束果たさます。「あなた方て,エホバ働き見よ。神驚くべき出来事置かを。神果て至るまで戦いやめさせおられる。神折り,槍断ち切り,もろもろ焼かれる」。

この聖書預言成就先触れて,エホバ証人聖書教育活動行ない,イエス同じよう人々平和生き方教えます。イザヤ 24記さいるよう聖書預言成就するは,人間なく,神です。「彼らそのすきに,その刈り込みばさみ打ち変えなけれならなくなる。国民国民向かっ上げず,彼らもはや戦い学ばない」。一方,今世界その支配たち軍事年間1兆費やします。

聖書は,正確歴史預言記録いるいうで,他ないです。真理誠実探し求めるたちとって,まさに信頼置けるです。この連載記事は,聖書歴史登場する3帝国首都,古代バビロン取り上げます。

^ 9節 ソロモン治世後,12部族から成るイスラエル国家分裂し,ユダベニヤミン王国,残り10部族王国なりました。エルサレム王国首都,サマリア王国首都でした。