内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2010年12月

 聖書見方

神はなぜ悪魔をすぐに滅ぼさないのですか

神はなぜ悪魔をすぐに滅ぼさないのですか

あなたは,他苦しみ取り除いあげられるなら,すぐそうするありませか。自然災害起きる救助被災駆けつけて,見ず知らず救出し,苦しみ和らげよう奮闘ます。それで,次よう疑問生じるしれません。『人間様々苦しみ元凶ある悪魔を,神どうしてすぐ滅ぼさないか』。

この考えるため,法廷場面思い描いください。殺人裁判かけられます。犯人審理中止ようて,裁判不正方法法廷取り仕切っいるか,陪審賄賂手なずけいる,など言います。そのため,大勢証人証言機会与えられます。

裁判は,審理長引くいろいろ都合生じること知っおり,判決むやみ遅らせたい思っません。しかし,今後判例なるよう判決下すは,訴訟双方きちんと弁論できるよう十分時間取らなけれならない,ということわきまえます。

判例なるよう判決下すは,双方きちんと弁論できるよう十分時間取らなけれならない

この例えは,「全地治める至高者」エホバ対する悪魔(「龍」,「蛇」,「サタン」と呼ばれる)の挑戦当てはまります。どのようでしょか。(詩編 83:18。啓示 12:9)悪魔だれですか。エホバどんな非難浴びせますか。神いつ悪魔取り除かれるでしょか。

判例必要なっなぜか

悪魔は,もともとみ使いあり,完全 霊者でした。(ヨブ 1:6,7)しかし,人間から崇拝たいいう利己野心取りつかれ,自ら悪魔なりました。そして,支配行なう権利挑戦し,神従う値しないほのめかすことまでました。さらに,人間仕える祝福いう賄賂もらっいるからすぎない,と主張ました。だれしも苦しい遭う創造を『のろう』だろう,と言っです。―ヨブ 1:8‐11; 2:4,5

サタンそう非難対しは,単に実力行使答えなりません。もし悪魔エデン処刑なら,悪魔正しかっないいう疑問残っしれません。それで,絶対権威お持ちは,見守るすべて納得できるよう決着つけるため,“審理”を開始なさいました。

エホバは,ご自分原則完全公正のっとって,双方それぞれ自分たち主張支持する証人出すようされました。審理期間中,アダム子孫ある人間は,いかなる困難遭お気持ちから忠誠守ることより,神支持する証言加わることできます。

いつまで?

エホバは,この審理進行するずっ人類苦しむ,ということよくご存じです。それで,できるだけ早く審理終わらせよう決意おらます。エホバは「優しい憐れみまたすべて慰め神」であると,聖書述べます。(コリント二 1:3)「すべて慰め神」は,悪魔必要以上存在続けることも,悪魔影響残ることお許しなりません。といえ,宇宙全体かかわる裁判完結する急い悪魔滅ぼすようことなさいません。

最終決着つくとき,エホバ支配正当権利あること完全立証ます。サタン対する判決は,永遠わたっ一つ規範なります。将来,同様挑戦なされるなら,その判決判例用いることでき,再び審理する必要ありません。

定めエホバは,み子イエスキリスト用いて,悪魔悪魔影響すべてぬぐい去らます。聖書は,キリストが『王国自分また渡す』時ついこう述べます。「その時,彼あらゆる政府,またあらゆる権威帰せしめます。神すべて置くまで,彼支配なけれならないです。最後て,死帰せしめられます」。―コリント一 15:24‐26

喜ばしいこと聖書は,地球全体楽園よう状態なること約束ます。神最初意図とおり,人間平和楽園暮らします。『柔和たち所有し,豊か平和まさに無上喜び見いだし』ます。「義なるたち所有し,そこ永久住む」のです。―詩編 37:11,29

仕えるたち前途は,すばらしい見込みあります。聖書こう述べます。「見よ! 神天幕あり,神彼ら住み,彼らそのなるあろう。そしてみずから彼らおられるあろう。また彼らからすべてぬぐ去っくださり,もはやなく,嘆き叫び苦痛もはやない。以前もの過ぎ去っある」。―啓示 21:3,4