内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2010年2月

離婚について知っておくべき四つの事柄

離婚について知っておくべき四つの事柄

損傷調査ました。取り壊すか,住み続けるか,決めなけれなりません。

あなた結婚同じよう分かれ道差しかかっますか。信頼配偶裏切らたり,何言い争いなっ夫婦関係喜び感じられなくなったりいるでしょか。もしそうなら,『もう愛し合っない』,『相性悪かった』,『結婚分かっなかった』など考え,『離婚ほういい』とさえ思うしれません。

別れる決めるに,少し立ち止まっ考えましょう。離婚煩い事なくなる限りません。たいてい問題種類変わるだけです。ブラッドサックス博士自著「人並み若者」(英語)でこう述べます。「別れる夫婦完璧離婚いう幻想抱いいる。突然暗雲過ぎ去り,言い争いやみ,静穏甘美さわやか涼風吹き込むいうだ。といえ,そんな状態は,完璧結婚同様,永遠果たせすぎない」。ですから,十分情報て,離婚するどう現実考えること大切です。

聖書離婚

聖書離婚軽くません。エホバは,別異性求め配偶簡単追い出すこと不実憎むべき行為みなしおらます。(マラキ 2:13‐16)結婚永続です。(マタイ 19:6)ささい理由解消結婚関係多くは,もっと寛大許し合え維持できはずです。―マタイ 18:21,22

同時聖書は,結婚枠外関係いう根拠ある場合のみ,離婚再婚認めます。(マタイ 19:9)ですから,配偶不貞明らかなっなら,結婚関係解消する権利あります。他当人自分見方押しつけるべきなく,この記事目的も,どうべき教えることありません。やがて結果向き合うことなる当人決定なけれなりません。―ガラテア 6:5

「明敏自分歩み考慮する」と聖書述べます。(箴言 14:15)ですから,たとえ離婚聖書根拠あっも,離婚するどうなる真剣熟考するよいことです。(コリント一 6:12 イギリスデービッド *こう言っます。「すぐ決めなけれならない考えるます。でも,離婚経験言いますが,物事深く考える時間必要です」。

では,考えるべき大切四つ事柄ましょう。登場する離婚経験たちは,自分決定間違っ言っません。といえ,その経験から,離婚か月どんな問題生じ得るよく分かります。

1 経済問題

イタリアダニエラ結婚12たっころ,夫同僚女性浮気いること気づきました。「分かっは,相手女性妊娠6か月でした」と言います。

別居経て,ダニエラ離婚することました。「結婚生活続けよう努力ましが,夫浮気続けました」と話します。正しい決定感じますが,こう言っます。「別れすぐに,生活とても苦しくなりました。夕食ないあり,ミルク1済ませました」。

スペインマリア同様問題ぶつかりました。「元から生活援助全くなく,彼抱え借金返済ため,仕事仕事毎日です。それに,快適て,治安悪い地域小さなアパート引っ越さなけれなりませでした」。

このように,離婚たいてい女性経済困難もたらします。ヨーロッパ7わたる研究調査は,離婚男性収入11増え,女性17減っました。この研究行なっミーケヤンセンこうます。「女性とっ厳しい場合ある。子ども世話し,仕事見つけ,離婚よる向き合っゆかならないからだ」。ロンドンデーリーテレグラフ紙(英語)によると,こう事柄ゆえに「人々別れること躊躇ざるなくなっいる」と述べる弁護ます。

離婚すると: 収入減るしれません。引っ越さなけれならないことあります。親権あるたら,子どもしっかり育てながら生計立てる容易ないでしょう。―テモテ一 5:8

 2 養育問題

「夫浮気ひどいショック受けました。そして,夫行っことさらに痛みました」とイギリスジェーン言います。ジェーン離婚ました。正しい決定思っますが,こう言っます。「大変だっは,子どもため母親父親両方役目果たさならなくなっことです。全部自分決めなくなりませでした」。

スペイングラシエラ状況ます。「16息子全面養育ましが,思春子ども難しく,独り子育て当時わたし重すぎました。毎日泣いばかりた。母親失格思いました」。

養育関する権利相手ある場合は,別問題生じます。面会養育教育などデリケート事柄ついて,元配偶話し合わなりません。アメリカクリスティーンこう言います。「元配偶協力関係育む簡単ありません。いろんな感情入り交じり,注意ないと,子ども使っ思いどおり進めようしまいます」。

離婚すると: 養育関する裁判決定望みどおりものなる限りません。養育関する権利相手与えられなら,上述面会養育など事柄ついなかなか合意至らないしれません。

3 自分自身影響

イギリスマークは,妻一度ならず裏切らました。「2時,またするじゃないいう不安抑えられなくなりました」と言います。離婚ましが,その後,彼女まだ愛しいること気づきました。「周りこと悪く言っます。僕ため思っそういるようですが,実際ためなっません。愛なかなか消えません」。

 前出デービッドも,妻男性関係持っいること知り,同じよう負いました。「全く信じられませでした。妻子ども毎日一緒過ごしたい本当思っです」と言います。離婚ましが,先人生希望持てなくなりました。「僕本当愛しくれるいるだろか,再婚また同じようなるじゃないだろか,と思いました。自信なくなりました」。

離婚する当然ながら,いろいろ感情わき起こります。かつて自分一体あっ相手まだ愛しいる感じるしれません。(創世記 2:24)その一方で,起き怒りこみ上げくるしれません。前出グラシエラこう言います。「数たっ戸惑い,惨めなり,無力襲わます。二ころ楽しかっ日々思い出され,『彼よく,君なしでは生きいけない言った。うそだっしら。なんでこうなっしまっの』と考えしまうです」。

離婚すると: 配偶から仕打ち怒り恨み消えないしれません。孤独さいなまれることあるしれません。―箴言 14:29; 18:1

4 子ども影響

スペインホセこう言います。「打ちのめさました。最悪だっは,妻相手わたし分かっです。死にたい思いました」。妻は,24息子影響与えました。「何起きいるか,子どもたち分かりようありませでした。お母さんなぜ叔父さん暮らしいるか,わたし連れられなぜ叔母さんおばあちゃん暮らすことなっか,理解できない です。わたし出かける時,子どもたちは『いつ帰っくるの?』とか『パパ,僕たち置いかなで』など言っました」。

見過ごさがちですが,子どもたち離婚いう戦場犠牲なります。といえ,夫婦うまくやっいけないいうことあります。その場合,離婚本当に「子どもため」になるでしょか。そうないいう見方近年強まっます。夫婦問題深刻ない場合特にそうです。「離婚残す予期遺産」(英語)というこう述べます。「不幸結婚さなかいる多く大人は,子どもたち割り満足いる知っ驚くだろう。子どもたちは,家族一つある限り,お母さんお父さん別々ベッドも,気留めないだ」。

もちろん,子ども両親不和気づいいることよくあります。夫婦緊張子ども精神影響与えることあります。それでも,離婚子どもとっ最善だ,と決めてかかる危険です。「結婚いう枠組みあると,たとえそれ理想異なっも,子どもこたえ応じるよう一貫適切継続やすいようだ」とリンダJウェイトマギーギャラガー共著「結婚利点」(英語)は述べます。

離婚すると: 子ども大きな及ぼすことあります。同居ない良い関係保つよう子ども勧めないなら,特にそう言えます。― 「板ばさみ」いう囲みご覧ください。

ここまでで,離婚決める考慮べき四つ事柄取り上げました。すでに述べように,仮にあなた配偶不貞働い場合,離婚するどうあなた決めることなります。といえ,どちら選ぶも,結果向ける必要あります。起こり得る問題見極め,良い備えましょう。

事情考慮末,結婚関係改善努めるほうよい思うしれません。改善可能でしょか。

^ 8節 この記事くる名前変えあります。