アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2010年1月

 聖書見方

裁きの日とは何ですか

裁きの日とは何ですか

聖書は,神が『人住む裁くため定めた』と述べます。(使徒 17:31)多くは,自分裁き受ける知ったら,いい気持ちないでしょう。あなたそうですか。

そうあれば,裁き人類大きな祝福もたらすある取り決めある,ということ知っ慰められるでしょう。その亡くなっとっ祝福なります。(マタイ 20:28。ヨハネ 3:16)それにしても,なぜ裁き必要でしょか。その「日」に起きますか。

裁き日―なぜ必要

人間地球置い意図は,地球領域ため単なる試験することありません。神は,人間地上永久生きるよう創造ました。最初人間夫婦精神完全でしが,神反逆ました。その結果,とこしえ見込み失い,子孫すべてもたらしました。―創世記 2:15‐17。ローマ 5:12

裁き1,000あり,アダムエバ失っもの人間取り戻す機会なります。 * 冒頭引用使徒 1731よれば,裁き「人住む地」生活いるたち影響及ぼします。有利裁き受けるは,地上生活し,完全状態永遠楽しみます。(啓示 21:3,4)このように,裁きよっ人間地球対する当初目的達成れることなります。

任命裁き行なうは,キリストイエスです。聖書は,イエスが「生きいる死ん裁く」と述べます。(テモテ二 4:1)裁かれる「生きいる者」とだれですか。死者どのようて,「人住む地」で再び生きるようなるでしょか。

イエスは「生きいる者」を裁く

現在事物体制予告終わり近づいます。その時,神腐敗人間社会要素滅ぼし, 邪悪除き去ります。この体制終わり生き残るが,裁かれる「生きいる者」です。―啓示 7:9‐14; 19:11‐16

1,000続くその裁き期間中,キリストイエスは,天復活られ14万4,000男女に,地球治めます。それらたちまた祭司仕え,イエス贖い犠牲適用し,忠実たち身体また精神完全状態徐々引き上げゆきます。―啓示 5:10; 14:1‐4; 20:4‐6

裁き間,サタン悪霊たち人間活動影響及ぼすことできません。(啓示 20:1‐3)といえ,裁き終わりに,サタンは,生きいるすべて人間忠節試みること許さます。神忠節保つは,アダムエバ失敗試験通過することなります。それらは,回復地上楽園永遠受けるふさわしい裁かます。一方,神反逆選ぶは,サタン悪霊たち同じく,永久滅ぼさます。―啓示 20:7‐9

「死ん者」を裁く

聖書よれば,裁き死者が「立ち上がり」ます。(マタイ 12:41)イエスよう述べました。「記念いるみな,彼聞い来るよういるです。良いこと行なっ復活へ,いとうべきこと習わし裁き復活来るです」。(ヨハネ 5:28,29)死者離れこと言っいるありません。死ん全く意識なく,死後生き残ることありません。(伝道書 9:5。ヨハネ 11:11‐14,23,24)イエスは,死眠りついいるたち地上よみがえらせるです。

キリスト支配で,亡くなっ地上楽園復活する

復活するは,死ぬ行ない基づい裁かれるでしょか。そうありません。聖書は,「死ん自分から放免いる」と教えます。(ローマ 6:7)ですから,地上復活するは,この体制終わり生き残る同じように,裁きの「行ないしたがって」裁かます。(啓示 20:12,13)その行動最終結果次第で,永遠至る復活なれば,滅び至る復活なります。よみがえらさ多くは,エホバついて,また得るためご要求ついて,初めて知ることなります。そのたちは,神ご意志調和生活送っ地上永遠受けるいう機会差し伸べられるです。

恐れ抱く理由ない

裁きは,神から指示与えられるいうだけなく,生きいる学ん事柄当てはめその祝福経験するなります。復活来る家族再会し,共人間完全成長ゆく喜びを,想像ください。

復活来る家族再会する喜び想像ください

は,裁き終わりサタン人間忠節試みること許さます。しかし,心配たり恐れたりする必要ありません。裁き終わりまでに,生きいるすべてその最終試験受ける十分備えできます。こう裁きは,エデンおける最初反逆よる影響すべてぬぐい去る,という目的達成資するです。

^ 7節 聖書で,「日」というは,様々長さ期間指し用いられます。一例て,創世記 24ご覧ください。