内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2009年7月

うつ病―どんなことができますか

うつ病―どんなことができますか

「夫​と​共​に​治療​法​を​探し,生活​の​仕方​を​変え,自分​に​無理​の​ない​日常​の​ペース​を​つかめる​よう​懸命​に​努めて​き​まし​た」。これ​は​何​年​も​うつ病​を​患っ​て​き​た​ルース​の​言葉​です。さらに​こう​言っ​て​い​ます。「今​の​ところ,薬​も​効果​が​出​て​いる​よう​で,前​より​も​状態​が​よく​なり​まし​た。それでも,何​を​し​て​も​どう​に​も​なら​ない​と​思える​時​が​あり,そういう​時​に​は​夫​や​友人​が​愛​を​示し​つづけ​て​くれる​こと​が​あきらめ​ない​助け​に​なっ​て​い​ます」。

ルース​の​経験​が​示す​とおり,うつ病​の​人​は​適切​な​医療​処置​を​含め,あらゆる​方面​から​の​支え​を​必要​と​し​て​い​ます。症状​が​出​て​いる​の​に​それ​を​放置​する​こと​は​危険​です。命​に​かかわる​場合​も​ある​から​です。約​2,000​年​前,イエス​・​キリスト​は​医療​の​知識​を​持つ​人​が​必要​な​助け​を​与え​られる​と​いう​こと​を​認め,『医者​は​病気​の​人​に​必要​な​の​です』と​言わ​れ​まし​た。(マルコ 2:17)実際,うつ病​の​人​の​苦しみ​を​和らげる​点​で,医師​は​さまざま​な​助け​を​与える​こと​が​でき​ます。 *

役立つ​選択​肢

うつ病​に​は,症状​の​種類​や​程度​に​応じ​て,幾つ​か​の​治療​法​が​あり​ます。( 「うつ病​の​種類」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。)家庭​医​の​診察​で​効果​が​得​られる​場合​も​あれ​ば,より​専門​的​な​治療​を​必要​と​する​人​も​い​ます。医師​は​抗​うつ​薬​を​処方​する​こと​も​あれ​ば,他​の​方法​ を​勧める​か​も​しれ​ませ​ん。ハーブ​療法,食事​の​改善,適切​な​指導​の​もと​に​行なう​運動​など​で​良い​結果​を​得​た​人​も​い​ます。

よく​ある​問題

1. 友人善意から,医学​の​知識​を​持た​ない​に​も​かかわら​ず,ある​治療​法​を​受ける​べき​だ​と​か​避ける​べき​だ​など​と​言う​こと​が​あり​ます。さらに,ハーブ​療法​や​処方​薬​を​強く​勧め​たり,逆​に​それら​の​もの​は​避け​た​ほう​が​よい​と​主張​し​たり​する​か​も​しれ​ませ​ん。

考慮できること: どんな​アドバイス​を​受け入れる​に​し​て​も,その​出どころ​が​信頼​できる​もの​か​どう​か​を​確かめ​て​ください。十分​な​情報​に​基づい​て​決定​を​下す​立場​に​ある​の​は,あなた​自身​です。

2. 落胆て,自分​の​選ん​だ​治療​を​途中​で​やめ​て​しまう​こと​が​あり​ます。効果​が​見​られ​ない​よう​に​思え​たり,副​作用​で​不快​な​思い​を​し​たり​する​から​です。

考慮できること: 『内密​の​話し合い​の​ない​ところ​に​は​計画​の​ざ折​が​あり,助言​者​の​多い​ところ​に​は​達成​が​あり​ます』。(箴言 15:22)薬物​療法​は,医師​と​患者​と​の​間​に​良い​コミュニケーション​が​あれ​ば,効果​が​上がる​よう​です。気掛かり​な​こと​や​起き​て​いる​症状​に​つい​て​遠慮​なく​医師​に​述べ,治療​法​を​調整​する​必要​が​ある​か,あるいは​効果​が​表われる​よう​に​なる​まで​もう​少し​辛抱​す​べき​な​の​か​どう​か​尋ね​て​ください。

3. 過信て,症状​が​軽く​なっ​た​から​と​いう​こと​で,始め​た​治療​を​数​週​間​で​突然​やめ​て​しまう​こと​が​あり​ます。その​療法​を​受ける​前​の​自分​の​状態​を​忘れ​て​しまう​の​です。

考慮できること: 医師​に​相談​せ​ず​に​治療​を​突然​やめ​ て​しまう​こと​は​重大​な​結果​を​もたらし,命​に​かかわる​場合​も​あり​ます。

聖書​は​医学​書​で​は​ない​もの​の,人間​を​創造​し​た​方​で​ある​エホバ​神​の​著作​です。次​の​記事​で​は,うつ病​の​人​や​その​支え​と​なる​人​の​ため​に​神​の​言葉​が​差し伸べる​慰め​や​導き​を​取り上げ​ます。

^ 3節 「目ざめよ!」誌​は​特定​の​治療​法​を​推奨​する​こと​は​し​ませ​ん。各人​が​選択​できる​方法​の​善し悪し​を​判断​し,個人​で​決定​す​べき​です。