内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書見方

イエスが生まれたのはいつですか

イエスが生まれたのはいつですか

「キリスト​の​誕生​し​た​日​が​いつ​な​の​か,正確​に​は​知ら​れ​て​い​ない」と,「初期​キリスト​教​百科​事典」(英語)は​述べ​て​い​ます。と​は​いえ,クリスチャン​で​ある​と​唱える​世界​じゅう​の​幾億​も​の​人々​が,12​月​25​日​に​イエス​の​誕生​を​祝っ​て​い​ます。しかし,この​日付​は​聖書​中​の​どこ​に​も​出​て​い​ませ​ん。イエス​が​生ま​れ​た​の​は​本当​に​12​月​な​の​でしょ​う​か。

聖書​に​は,イエス​の​生ま​れ​た​日付​に​つい​て​明確​に​は​述べ​られ​て​い​ませ​ん​が,12​月​で​は​ない​と​いう​証拠​は​あり​ます。また,一般​の​証拠​から,イエス​の​誕生​を​祝う​日​と​し​て​12​月​25​日​が​選ば​れ​た​理由​を​知る​こと​が​でき​ます。

生ま​れ​た​の​は​12​月​で​は​ない,と​言える​の​は​なぜか

イエス​は​ユダヤ​の​町​ベツレヘム​で​生ま​れ​まし​た。「その​同じ​地方​で​は,羊飼い​たち​が​戸外​に​住ん​で,夜間​に​自分​の​群れ​の​番​を​し​て​い​た」と,ルカ​の​福音​書​は​伝え​て​い​ます。(ルカ 2:4‐8)それ​は​ごく​普通​の​こと​でし​た。「イエス​時代​の​日常​生活」(英語)と​いう​本​に​は,「羊​の​群れ​は,一​年​の​大半​を​屋外​で​過ごさ​なけれ​ば​なら​なかっ​た」と​述べ​られ​て​い​ます。では,羊飼い​たち​は​寒い​12​月​の​夜​に​も,群れ​と​共​に​外​に​い​た​の​でしょ​う​か。その​本​は​こう​述べ​て​い​ます。「群れ​は​冬​の​時期​を​屋根​の​下​で​過ごし​た。この​こと​から​だけ​で​も,冬​に​祝わ​れる​クリスマス​の​伝統​的​な​日付​は​正しい​もの​で​は​ない​こと​が​分かる​で​あろ​う。福音​書​は​羊飼い​たち​が​野原​に​い​た​こと​を​述べ​て​いる​から​で​ある」。

その​結論​は,ルカ​の​福音​書​の​述べる​次​の​詳細​な​点​に​よっ​て​も​裏づけ​られ​て​い​ます。「その​ころ,人​の​住む​全地​に​登録​を​命ずる​布告​が​カエサル​・​アウグスツス​から​出​た。(この​最初​の​登録​は​クレニオ​が​シリア​の​総督​で​あっ​た​時​に​行なわ​れ​た​もの​で​ある。)それで,すべて​の​人​が​登録​を​する​ため,それぞれ​自分​の​都市​に​旅立っ​た」と​あり​ます。―ルカ 2:1‐3

アウグスツス​は,徴税​や​徴兵​に​関連​し​て​用いる​情報​を​集める​ため​の​人口​調査​と​し​て,その​登録​を​命じ​た​よう​です。マリア​は​この​命令​に​従い,身重​だっ​た​に​も​かかわら​ず,夫​の​ヨセフ​に​伴っ​て​ナザレ​から​ベツレヘム​まで​ 約​150​㌔​の​旅​を​し​まし​た。しかし,考え​て​み​て​ください。地方​政府​に​ほとんど​干渉​する​こと​の​なかっ​た​支配​者​アウグスツス​が,反抗​する​傾向​の​あっ​た​人々​に,その​よう​な​長旅​を​冬​に​する​よう​求め​たり​は​し​ない​でしょ​う。

意義深い​こと​に,歴史​家​や​聖書​学​者​の​ほとんど​は,イエス​の​誕生​日​が​12​月​25​日​で​ある​と​は​考え​て​い​ませ​ん。百科​事典​を​ご覧​に​なれ​ば,きっと​そう​し​た​情報​を​見いだせる​でしょ​う。「サンデー​・​ビジター​の​カトリック​百科​事典」(英語)は,「一般​に,イエス​生誕​の​日​は​12​月​25​日​で​は​ない​と​され​て​いる」と​述べ​て​い​ます。

聖書​は,イエス​の​誕生​が​12​月​で​は​なかっ​た​こと​の​証拠​を​示し​て​いる

12​月​25​日​が​選ば​れ​た​理由

イエス​の​死後​何百​年​か​たっ​て​から,イエス​の​誕生​日​と​し​て​12​月​25​日​が​選ば​れ​まし​た。なぜ​でしょ​う​か。多く​の​歴史​家​に​よれ​ば,1​年​の​その​時節​に​クリスマス​が​行なわ​れる​よう​に​なっ​た​の​は,実​は​異教​の​祭り​が​その​時期​に​祝わ​れ​て​い​た​ため​な​の​です。

例えば,ブリタニカ​百科​事典(英語)は​こう​述べ​て​い​ます。「この​日付​の​起こり​に​つい​て​一般​に​広まっ​て​いる​説明​は,こう​で​ある。すなわち,12​月​25​日​は,ローマ​帝国​に​おける​民衆​の​祝日,キリスト​教​化​され​た​ディエース​・​ソーリス​・​インウィクティ​・​ナティ(『征服​さ​れ​ざる​太陽​の​誕生​の​日』)で​あっ​た。ローマ​の​民衆​は​その​日​に​冬至​を,太陽​再起​の​象徴​と​し​て,つまり​冬​を​過ぎ去ら​せ​て​春​と​夏​の​再来​を​告げる​もの​と​し​て​祝っ​て​い​た​の​で​ある」。

アメリカーナ​百科​事典(英語)は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「12​月​25​日​を​クリスマス​の​日​と​定め​た​理由​は​余り​はっきり​し​て​い​ない​が,日​が​長く​なり​はじめる​冬至​の​ころ​に『太陽​の​再生』を​祝う​ため​に​行なわ​れ​た​異教​の​祭り​と​同じ​時期​に​なる​よう​に​この​日​が​選ば​れ​た​もの​と​一般​に​考え​られ​て​いる。……ローマ​人​の​サトゥルナリア​祭(農耕​の​神​サトゥルヌス​を​祭り,太陽​の​取り戻し​た​力​を​祝う​ため​の​祭り)も​また,この​時期​に​行なわ​れ​て​い​た」。そう​し​た​祭り​の​時​に​は​大抵,羽目​を​外し​て​浮かれ騒ぐ​参加​者​たち​が​みだら​な​こと​を​行ない​まし​た。今日​の​クリスマス​の​祝い​の​中​に​も,その​よう​な​行ない​を​特色​と​する​もの​が​少なく​あり​ませ​ん。

キリスト​を​敬う​方法

ある​人々​は,実際​の​日付​が​どう​で​あれ​クリスチャン​は​イエス​の​誕生​を​祝う​べき​で​ある,と​思っ​て​い​ます。その​よう​な​祝い​は,品位​ある​仕方​で​行なわ​れる​なら​キリスト​を​敬う​方法​と​し​て​ふさわしい,と​考える​の​です。

確か​に​イエス​の​誕生​は,聖書​の​記述​の​中​で​重要​な​出来事​です。聖書​が​述べる​とおり,イエス​が​生ま​れ​た​時,大勢​の​み使い​が​突然​現われ,喜び​に​あふれ​て​神​を​賛美​し,「上​なる​高き所​で​は​栄光​が​神​に,地上​で​は​平和​が​善意​の​人々​の​間​に​ある​よう​に」と​言い​まし​た。(ルカ 2:13,14)しかし​意味深い​こと​に,聖書​中​に,イエス​の​誕生​日​を​祝う​べき​こと​を​示唆​し​て​いる​よう​な​箇所​は​どこ​に​も​あり​ませ​ん。それ​と​は​対照​的​に,イエス​の​死​を​記念​する​よう​に​と​いう​明確​な​命令​が​あり,エホバ​の​証人​は​年​に​一度​その​記念​式​を​行なっ​て​い​ます。(ルカ 22:19)そう​する​こと​は​イエス​を​敬う​方法​の​一つ​です。

イエス​は,人間​と​し​て​の​生涯​の​最後​の​晩​に,「わたし​が​命令​し​て​いる​こと​を​行なう​なら,あなた方​は​わたし​の​友​です」と​言い​まし​た。(ヨハネ 15:14)また,「もし​わたし​を​愛する​なら,あなた方​は​わたし​の​おきて​を​守り行なう​でしょ​う」と​も​言い​まし​た。(ヨハネ 14:15)ですから,イエス​・​キリスト​を​敬う​うえ​で,イエス​の​教え​を​学ん​で​それ​に​従う​こと​に​勝る​方法​は​あり​ませ​ん。