それ​は​1987​年​2​月​の​こと​でし​た。85​歳​の​男性​が,生き​続ける​ため​に​必要​だっ​た​定期​的​な​腎臓​透析​を​やめる​こと​に​し​まし​た。そして​その​2​週​間​後,一​人​息子​に​看取ら​れ​ながら,自宅​で​安らか​に​息​を​引き取り​まし​た。

亡くなる​前​の​ひととき,二​人​は,以前​に​も​話し合っ​た​事柄​を​もう​一度​考える​こと​が​でき​まし​た。それ​は,死ぬ​と​すべて​が​終わる​の​か,と​いう​問題​でし​た。大学​教育​を​受け​た​父親​は​懐疑​的​で,進化​論​の​影響​を​受け,宗教​の​偽善​に​嫌悪​感​を​抱い​て​い​まし​た。不可知​論​者​を​もっ​て​自任​し​て​おり,神​が​存在​する​か​どう​か​は​人間​に​は​知り​得​ない,と​考え​て​い​た​の​です。

息子​は​慰め​と​希望​を​与え​たい​と​思い,死​で​すべて​が​終わる​こと​は​決して​ない,と​言える​理由​を​父親​に​示し​まし​た。父親​は​息​を​引き取る​前​に,復活​し​て​もう​一度​元気​よく​健康​に​生活​でき​たら​うれしい​ね,と​言い​まし​た。

死​と​向き合っ​た​時​の​慰め

ほとんど​の​人​は,生き返っ​て,平和​の​行き渡る​世​の​中​で​もう​一度​元気​よく​健康​に​生活​できる​の​なら,そう​し​たい,と​思う​こと​でしょ​う。人間​は​動物​と​は​異なり​ます。動物​は,聖書​中​で「理性​の​ない」,「本能​の​まま​の​生き物」と​呼ば​れ​て​い​ます。(ペテロ​第​二 2:12,新​国際​訳[英語])それ​に​対し​て​人間​は,死者​を​葬り​ます。また​将来​の​こと​を​考え​ます。年老いる​こと​も,病気​に​なる​こと​も,死ぬ​こと​も​望み​ませ​ん。しかし​現実​に​は,それら​を​避ける​こと​は​でき​ませ​ん。

人​は​自分​や​家族​の​死期​が​迫っ​て​くる​と,厳粛​な​気持ち​に​させ​られ​ます。しかし,聖書​は​真剣​に​死​と​向き合う​よう​勧め,「嘆き​の​家​に​行く​こと​は,宴会​の​家​に​行く​こと​に​勝る」と​述べ​て​から,「生き​て​いる​者​は​それ​を​心​に​留める​べき​で​ある」と​諭し​て​い​ます。(伝道​の​書 7:2)では​なぜ,死​と​いう​問題​を​心​に​留める,つまり​熟考​す​べき​な​の​でしょ​う​か。

一つ​に​は,人間​は​そもそも,生きる​こと,そして​何​の​心配​も​なく​平和​に​生活​する​こと​を​願う​もの​だ​から​です。人​は​死​つまり​無​存在​に​対し​て,生理​的​な​嫌悪​感​を​覚え​ます。死​を​受け入れる​こと​は,不可能​で​は​ない​に​し​て​も,容易​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は​その​理由​を​説明​し,「神​は​人間​の​思い​に[彼ら​の​心​に]永遠​を​置か​れ​た」と​述べ​て​い​ます。(伝道​の​書 3:11,改訂​標準​訳[英語])わたしたち​が​望む​の​は,生きる​こと​で​あっ​て,死ぬ​こと​で​は​あり​ませ​ん。考え​て​み​て​ください。人間​が​永遠​に​生きる​こと​は,創造​者​の​本来​の​目的​です。そう​で​ない​なら,人​は​生きる​こと​を​それほど強く​望む​でしょ​う​か。では,生き返っ​て,健康​で​幸福​な​生活​を​永遠​に​享受​する​こと​は​可能​な​の​でしょ​う​か。

信じる​根拠

昨年,アメリカ​退職​者​協会​発行​の​AARP​誌(英語)は,「死後​の​命」と​いう​特集​を​組み​まし​た。50​歳​以上​の​人​を​対象​に​し​た​大​規模​な​インタビュー​から,「4​分​の​3​近く(73​%)が『死後​の​命​は​ある​と​思う』と​回答​し​た」こと​が​明らか​に​なり​まし​た。一方,4​分​の​1​近く​の​人​は,『死ぬ​と​すべて​が​終わる​と​思う』と​回答​し​まし​た。しかし,人々​は​本当​に​そう​信じたい思っいる​の​でしょ​う​か。

その​記事​に​は,ニューヨーク​の​カトリック​教徒​で​ある​トム​の​次​の​よう​な​言葉​が​引用​さ​れ​て​い​ます。「みんな​死後​の​命​に​つい​て​説教​する​よ​ね。まあ,いろんな​説明​が​ある​けど,どれ​を​信じる​か​は​自分​の​問題。ぼく​は​ミサ​に​行っ​て​る​し,死後​の​命​を​信じ​て​いる​よう​に​見える​か​も​しれ​ない​けど,本当​は​信じ​て​なんか​い​ない。死後​の​命​が​本当​に​ある​と​し​たら,儲け​も​のっ​て​ところ​かな」。

 トム​の​よう​に,死後​の​命​に​対し​て​懐疑​的​な​人​は​少なく​あり​ませ​ん。この​記事​の​冒頭​に​出​て​き​た​父親​も​そう​でし​た。その​人​は​息子​に,「死​と​いう​現実​に​立ち向かえ​ない​人​が​宗教​を​信じれ​ば​いい​ん​だ」と,口癖​の​よう​に​言っ​て​い​まし​た。と​は​いえ,こう​し​た​懐疑​的​な​人​たち​で​も,認め​ざる​を​得​ない​こと​が​あり​まし​た。それ​は,全能​の​創造​者​が​いる​こと​を​信じる​なら,普通​で​は​理解​でき​ない​奇跡​の​説明​が​つく,と​いう​こと​です。

例えば​人間​の​場合,受胎​の​わずか​3​週​間​後​に,胎芽​の​脳​細胞​が​形成​され​始め​ます。これら​の​細胞​は​急速​に​増加​し​ます。1​分​間​に​25万​個​増える​こと​さえ​あり​ます。9​か月​後​に​生ま​れ​て​くる​赤ちゃん​の​脳​に​は,奇跡​的​な​学習​能力​が​備わっ​て​い​ます。分子​生物​学​者​の​ジェームズ​・​ワトソン​は​人間​の​脳​を,「宇宙​で​今​まで​に​発見​さ​れ​た​もの​の​うち,最も​複雑​な​もの」と​呼び​まし​た。

こう​し​た​こと​に​つい​て​考える​と,あなた​も​多く​の​人​と​同じ​よう​に,畏敬​の​念​に​満たさ​れる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。そして,「もし,強健​な​人​が​死ね​ば,また​生き​られる​でしょ​う​か」と​いう,昔​の​人​の​問いかけ​の​答え​が​得​られる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。その​人​は​自分​が​出し​た​答え​を,確信​を​もっ​て​神​に​こう​述べ​まし​た。「あなた​は​呼ん​で​くださり,私​は​あなた​に​答え​ます。ご自分​の​み手​の​業​を​あなた​は​慕わ​れ​ます」。―ヨブ 14:14,15

では,再び​生きる​こと​を​信じ​られる,どんな​根拠​が​ある​の​でしょ​う​か。そう​し​た​点​に​つい​て​考える​の​は​ふさわしい​こと​です。