内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2008年9月

再び生きる―それは可能です!

再び生きる―それは可能です!

映画1シーンで,ある青年愛する墓前たたずみ,こう言います。「母さん言ったなあ。死人生一部だって」。そして,墓刻ま文字アップなっところで,こう言います。「でも,そんないやだ」。

愛する亡くすと,そのよう感じるものです。死忌まわしいでしょう。それでもは,「最後て,死帰せしめられ(る)」こと約束おらます。(コリント一 15:26)では人間は,いつまで生き続けられそうに,どうして死んしまうでしょか。死どのよう取り除かれるでしょか。

年老い死ぬ理由

聖書人間創造あるエホバついて,「そのみ業完全」と述べます。(申命記 32:4。詩編 83:18)最初人間あるアダムは,完全もの 創造で,永遠生きる見込み持っました。しかも,神アダムエデンいう地上パラダイス住まわました。(創世記 2:7‐9)では,アダムなぜその住まい失い,年老い死んでしょか。

端的言うと,アダムが,ある食べならないいう命令従わなかっからです。神その場合ついアダムに,「あなた必ず死ぬ」と,はっきり警告おらました。(創世記 2:16,17)アダムエバともその命令背いで,神エデンから追い出さました。神直ちにそう行動取っことは,明確理由ありました。聖書よれば,「[アダム]が出しまさに[園の]命から取っ食べ,[永久に]生きることないように」されです。―創世記 3:1‐6,22

アダムエバ従順ゆえに死にました。ではその子孫すべて年老い死ぬなぜですか。アダムから受け継いいるからです。罪その子孫すべて完全もたらしです。聖書こう説明ます。「一人[アダム]を通し入り,罪通し入り,こうが,すべておかしゆえにすべて広がった」。―ローマ 5:12

将来可能

ほど述べとおり,『死帰せしめられます』。そうです,永遠除かれるです。(コリント一 15:26)どのようですか。聖書こう説明ます。「正しさ立証する一つ行為通しあらゆる及ぶ結果(は),命ため彼ら宣することです」。(ローマ 5:18)では,神み前なる立場永遠可能するものですか。

それは,最初人間アダムから人類受け継い取り消すため備えです。聖書こう述べます。「神賜物は,わたしたちキリストイエスよる永遠命……です」。(ローマ 6:23)人々ため宣するこの備えついて,イエスこう述べおらます。「神は[人類の]世深く愛しご自分独り子与え,だれ信仰働かせる滅ぼさないで,永遠持てるようされ(ました)」。―ヨハネ 3:16

わたしたち対する深さ,そしてわたしたちため大きな苦しみ経験み子イエスキリスト深さつい考えください。使徒パウロは,「神み子……はわたし愛し,わたしためご自身渡しくださった」と書います。(ガラテア 2:20)といえ,人間イエスだけが,わたしたちために『自分贖い与え』,罪結果あるからわたしたち救うことできるなぜですか。―マタイ 20:28

イエス自分贖い与えることできは,イエスだけ最初人間アダムから受け継いなかっからです。どうして受け継がなかっでしょか。イエスから奇跡処女マリア移さからです。それで,み使いマリア告げように,そのは「聖なる者,神子」でした。(ルカ 1:34,35)そのようわけで,イエスは「最後アダム」と呼ばおり,「最初アダム」の受け継がなかっです。(コリント一 15:45)罪ない人間あっイエスは,ご自分「対応する贖い」与えることできました。イエスは,完全なかっ 最初人間アダム対応する,つまりそれ同等ものだっです。―テモテ一 2:6

この贖い備えよって,わたしたち最初アダム失っもの,つまり地上パラダイス永遠受けられるようくださいました。といえ,この祝福受けるためは,人類多数生き返る必要あります。何驚嘆べき見込みでしょう。これ信じ難いことでしょか。

信じる根拠

エホバ生命創造ことからすれば,このかつて生きたち創造する持っおられる,という信じ難いことでしょか。神最初女性お与えなっ妊娠能力つい考えください。「アダムそのエバ交わり持ち」,約9か月は,二そっくりの,五体満足赤ちゃん生まれ出です。(創世記 4:1)母親胎内赤ちゃん各部形成ゆく過程は,いまだ奇跡呼ばます。人間到底理解できないことからです。―詩編 139:13‐16

赤ちゃん誕生は,特に珍しいことみなさません。毎日何十万子ども生まいるからです。ところが,死ん生き返らせることついは,あり得ない考える大部分です。ある時,イエス少女悼んたちに,泣くやめるよう言わました。それで,「人々ことあざ笑いし(ました)」。少女すでに死んいること知っからです。しかしイエスその少女話しかけ,こう言わました。『「起きなさい!」 すると,乙女すぐ起き上がっ歩きはじめました』。「たちまち[そのたち]は,狂喜あまり忘れるほどな(りた)」。―マルコ 5:39‐43。ルカ 8:51‐56

イエス親しい友人ラザロ開くようお命じなっ時,ラザロ姉妹あるマルタ異議唱えて,「もう臭くなっいる違いありません。四なりますから」と言いました。しかし,イエスラザロよみがえらせ時,何大きな歓びわき起こっでしょう。(ヨハネ 11:38‐44)イエス奇跡多く知るところなりました。バプテストヨハネ時,ヨハネ弟子たちイエス活動つい報告し,『死人よみがえらさます』と知らせました。―ルカ 7:22

復活する

復活たち病気なったり死んだりました。にもかかわらず,イエスそのよう奇跡行なわなぜでしょか。最初アダム失っもの,つまり地上パラダイスおける永遠回復可能あり,実際回復れるいうこと証明するためでした。イエスよる復活は,数え切れないほど多く人々やがて「地所有し,そこ永久住む」こと裏付けなりました。―詩編 37:29

幸いことに,わたしたちも「敬虔専心」を実践することより,永遠生きるいう壮大見込み持てます。聖書よると,そのよう専心は,「今来たるべき約束保(ちます)」。この「来たるべき命」は,「本物命」,「真命」呼ばます。―テモテ一 4:8; 6:19,新英聖書。

この命,つまり満ちる新しい生活どのようものなるでしょか。考えましょう。