内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2007年11月

信頼すべきか,信頼せざるべきか

信頼すべきか,信頼せざるべきか

「腐っ信用なりません」と,英国作家ウィリアムシェークスピア書います。確かに,船板立つは,腐っないこと確かめほう良いでしょう。

シェークスピア同様ことを,今から3,000ほど古代イスラエル賢王ソロモンこう書いました。「愚か者信じ,目ざとい足元つける」。(箴言 14:15,「今日英語訳」)まさにそのとおりです。聞い事柄確かめ真に受ける人,軽薄アドバイス根拠ない教え基づい決定たり行動たりするは,愚かある言わざるません。頼りならないもの頼るは,腐っ船板立つ同じく危険ことです。では,本当信頼値する導きなるものあるでしょか。

世界多くたちは,ある非常古いから信頼ます。その聖書です。自分歩み導くものて,聖書頼っいるです。聖書アドバイス基づい物事決定し,聖書教えのっとっ行動ます。そのようたちは“腐っ船板”の立っいるでしょか。それ見極めるためは,まず考えなけれならないでしょう。聖書信頼できる言えるだけ確か根拠あるか,というです。この特別の「目ざめよ!」では,その証拠検討ます。

この特別目的は,読者宗教信条見方押しつけることありません。納得いく証拠ありのまま提出することです。多くそれら証拠調べ,聖書信頼値すること得心ました。あなたも,この一連記事お読みなり,聖書信頼できるどうご自分判断なさっください。

ここ考えるは,ただ好奇そそるだけ事柄ありません。もし聖書本当信頼できる導きあり,創造からものあるなら,あなたご家族聖書言葉真剣受け止める必要あるでしょう。

ではまず,聖書関する幾つ際立っ事実取り上げましょう。実ところ,聖書とてもユニークです。