内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

家庭を安全なところにする

家庭を安全なところにする

「自然​の​情愛​を​持た​ない」。これ​は​悲しい​言葉​です​が,聖書​は​この​時代​に​おける​多く​の​人​の​特徴​を​その​よう​に​描き,今​を「終わり​の​日」と​呼ん​で​い​ます。(テモテ​第​二 3:1,3,4)家庭​で​の​児童​虐待​が​急増​し​て​いる​こと​は,この​預言​の​真実​さ​を​はっきり​示し​て​い​ます。事実,「自然​の​情愛​を​持た​ない」と​訳さ​れ​て​いる​元​の​ギリシャ​語​アストルゴス​は,家族​の​成員​の​間,とりわけ​親子​の​間​に​ある​はず​の​愛​が​欠け​て​いる​こと​を​示唆​する​表現​です。 * 多く​の​場合,まさに​そう​し​た​状況​が​児童​虐待​の​温床​と​なっ​て​いる​の​です。

ある​研究​者​たち​は,性的​虐待​の​加害​者​と​し​て​最も​多い​の​は​男親​で​ある​と​言い​ます。身内​の​他​の​男性​が​虐待​に​及ぶ​こと​も​よく​あり​ます。いちばん​被害​に​遭う​の​は​女​の​子​です​が,男​の​子​が​虐待​さ​れる​こと​も​あり​ます。女性​が​加害​者​に​なる​ケース​は,一般​に​考え​られ​て​いる​ほど​珍しく​は​あり​ませ​ん。虐待​の​中​で​も​届け出​が​いちばん​なさ​れ​て​い​ない​の​は,恐らく​きょうだい​間​の​近親姦​でしょ​う。年上​または​力​の​ある​子ども​が,年下​または​力​の​ない​きょうだい​を​脅し​たり​だまし​たり​し​て,性的​な​行為​を​させる​の​です。親​で​ある​あなた​は,そう​し​た​行為​すべて​を​忌み嫌っ​て​おら​れる​こと​でしょ​う。

どう​すれ​ば​家庭​で​こう​し​た​問題​が​起きる​の​を​防げる​でしょ​う​か。どの​家庭​で​も,虐待​を​非​と​する​原則​を​家族​全員​が​学び,尊重​する​必要​の​ある​こと​は​明らか​です。その​よう​な​指針​を​見いだす​上​で,神​の​言葉 聖書​に​勝る​もの​は​あり​ませ​ん。

神​の​言葉​と​性

家庭​を​安全​な​ところ​と​する​に​は,聖書​の​道徳​規準​を​受け入れる​こと​が​欠か​せ​ませ​ん。聖書​は,性​に​つい​て​述べる​こと​を​避け​て​は​い​ませ​ん。品位​を​保ち​ながら​も,遠回し​な​言い方​は​せ​ず,率直​です。聖書​に​よれ​ば,神​は​性​関係​が​夫​と​妻​に​喜び​を​与える​もの​と​なる​よう​に​意図​さ​れ​まし​た。(箴言 5:15‐20)しかし,聖書​は​結婚​関係​外​の​性行為​を​非​と​し​て​い​ます。例えば,近親姦​を​はっきり​悪​と​し​て​い​ます。レビ​記 18​章​で​は,さまざま​な​形​の​近親姦​が​禁じ​られ​て​い​ます。次​の​言葉​に​特に​注目​し​て​ください。「あなた方​は,すなわち​あなた方​の​うち​の​だれ​も,[性​関係​を​持つ​ため​に]自分身近肉親​に​近づい​て​その​裸​を​さらし​て​は​なら​ない。わたし​は​エホバ​で​ある」。―レビ​記 18:6

 エホバ​は,死罪​に​値する「忌む​べき​事柄」の​中​に,種々​の​近親姦​を​含め​て​おら​れ​ます。(レビ​記 18:26,29)創造​者​で​ある​エホバ​神​が,この​問題​に​つい​て​非常​に​高い​規準​を​持っ​て​おら​れる​こと​は​明らか​です。今日,多く​の​政府​も​同様​の​見方​を​し,家庭​内​で​の​子ども​に​対する​性的​虐待​を​禁止​し​て​い​ます。多く​の​場合,大人​と​性​関係​を​持っ​た​子ども​は​法律​上,強姦​さ​れ​た​と​みなさ​れ​ます。力ずく​で​ない​場合​に​も,そう​し​た​強烈​な​表現​が​用い​られる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

多く​の​当局​者​は,聖書​が​子ども​に​つい​て​一貫​し​て​述べ​て​い​た​事柄​を​認識​する​よう​に​なっ​て​い​ます。すなわち,大人​と​同じ​よう​に​推論​する​能力​に​概して​欠け​て​いる,と​いう​点​です。例えば,箴言 22​章​15​節​に​は,「愚か​さ​が​少年​の​心​に​つなが​れ​て​いる」と​あり​ます。使徒​パウロ​も​神​の​霊感​の​もと​に​こう​書き​まし​た。「わたし​が​みどりご​で​あっ​た​時​に​は,……みどりご​の​よう​に​考え,みどりご​の​よう​に​論じ​て​い​まし​た。しかし,大人​と​なっ​た​今,みどりご​の​時​の​こと​を​やめ​た​の​です」。―コリント​第​一 13:11

子ども​は​性的​な​行為​の​意味​する​ところ​を​十分​に​理解​できる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。また,そう​し​た​行為​が​多年​に​わたっ​て​自分​に​どんな​影響​を​及ぼす​か​を​推し量る​こと​ も​でき​ませ​ん。したがって,子ども​は​性​関係​に​同意​できる​立場​に​い​ない​と​いう​見方​が​一般​的​です。言い換えれ​ば,大人(もしくは,ずっ​と​年上​の​若者)が​子ども​と​関係​を​持つ​場合,子ども​は​嫌がら​なかっ​た​と​か,子ども​が​望ん​だ​の​だ​と​いっ​た​言い訳​は​通用​し​ない,と​いう​こと​です。その​大人​は​強姦​を​犯し​た​こと​に​なり​ます。これ​は​犯罪​で​あり,たいてい​懲役​刑​が​定め​られ​て​い​ます。責め​を​負う​べき​な​の​は,強姦​を​犯し​た​本人​で​あり,罪​の​ない​被害​者​で​は​あり​ませ​ん。

残念​ながら,今日,そう​し​た​犯罪​は​処罰​さ​れ​ない​ケース​が​ほとんど​です。例えば​オーストラリア​で​は,訴え​られる​の​は​犯罪​者​の​10​%​に​すぎ​ない​と​推定​さ​れ,有罪​判決​を​受ける​の​は​その​うち​の​ほんの​一握り​です。他​の​国​で​も​状況​は​大差​あり​ませ​ん。政府​から​受け​られる​保護​に​は​限り​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん​が,クリスチャン​の​家族​は​聖書​の​原則​を​適用​する​こと​から,はるか​に​優れ​た​保護​を​得る​こと​が​でき​ます。

真​の​クリスチャン​は,これら​の​原則​を​聖書​に​記さ​せ​た​神​が​見方​を​変え​て​い​ない​こと​を​理解​し​て​い​ます。神​は​わたしたち​の​行動​を,ほとんど​人目​に​触れ​ない​行動​を​含め,すべて​見​て​おら​れる​の​です。聖書​に​は​こう​あり​ます。「すべて​の​もの​は​その​目​に​裸​で,あらわ​に​され​て​おり,この​方​に​対し​て​わたしたち​は​言い開き​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。―ヘブライ 4:13

神​の​命令​に​背い​て​他​の​人​を​傷つける​なら,神​は​その​よう​な​人​に​責任​を​問わ​れ​ます。一方,家族​生活​に​関する​ご自分​の​有益​な​命令​に​従う​人​を​祝福​さ​れ​ます。どんな​命令​が​ある​の​でしょ​う​か。

愛​で​結ば​れ​た​家族

『愛​は​結合​の​完全​な​きずな​です』と,聖書​に​は​あり​ます。(コロサイ 3:14)聖書​が​述べる​とおり,愛​は​単なる​感情​で​は​なく,動機づけ​を​与える​もの​です。つまり,ある​行動​を​促し,ある​振る舞い​を​とどめる​働き​を​し​ます。(コリント​第​一 13:4‐8)家庭​で​愛​を​示す​と​は,家族​の​各​成員​に​対し​て,尊厳​を​認め,敬意​を​払い,親切​に​接する​と​いう​こと​です。それ​は,各​成員​に​対する​神​の​見方​と​調和​し​て​生きる​こと​を​意味​し​て​い​ます。神​は​各人​に​誉れ​ある​大切​な​役割​を​与え​て​おら​れ​ます。

一家​の​頭​で​ある​父親​は,愛​を​示す​点​で​率先​し​ます。父親​の​立場​の​クリスチャン​は,暴君​に​なっ​て​妻​や​子ども​に​対し​て​権力​を​乱用​する​こと​は​認め​られ​て​い​ない,と​いう​点​を​理解​し​て​い​ます。むしろ,頭​の​権​を​行使​する​際​の​手本​と​し​て​キリスト​に​目​を​向け​ます。(エフェソス 5:23,25)ですから,妻​に​は​愛​を​もっ​て​優しく​接し,子ども​に​は​辛抱強さ​と​穏やか​さ​を​もっ​て​接し​ます。いつも​変わる​こと​なく​家族​を​守り,家族​の​成員​の​平和,純真​さ,信頼​感,安心​感​を​奪いかね​ない​事態​が​起き​ない​よう,あらゆる​手​を​尽くし​ます。

同じ​よう​に,母親​も​肝要​で​尊厳​の​ある​役割​を​担い​ます。聖書​は,動物​の​母親​が​持つ​保護​本能​を,エホバ​と​イエス​が​差し伸べ​よう​と​する​保護​の​例え​と​し​て​用い​て​い​ます。(マタイ 23:37)人間​の​母親​も​同様​の​揺るぎない​態度​で​子ども​を​守る​必要​が​あり​ます。母親​は​愛​ゆえ​に,自分​より​も​子ども​の​安全​や​福祉​を​優先​し​ます。親​は,力​の​乱用​や,虐げ,脅し​と​いっ​た​こと​が​夫婦​間​や​親子​間​で​決して​行なわ​れ​ない​よう​に​し​ます。また,子ども​どうし​が​この​よう​な​行動​を​取る​こと​も​許し​ませ​ん。

家族​の​成員​が​互い​に​敬意​を​払い,尊厳​を​認め​て​接する​なら,コミュニケーション​を​取り​やすく​なり​ます。著述​家​の​ウィリアム​・​プレンダギャスト​も​こう​述べ​て​い​ます。「子ども​が​幼い​時​も​思春​期​に​入っ​て​から​も,親​は​緊密​な​コミュニケーション​を​毎日,折​ある​ごと​に​取る​べき​で​ある。……この​こと​が​性的​虐待​と​いう​問題​の​何​より​の​解決​策​で​は​ない​か​と​思う」。実際,聖書​も​愛​に​基づく​そう​し​た​コミュニケーション​を​折​ある​ごと​に​取る​よう​勧め​て​い​ます。(申命記 6:6,7)その​指示​を​適用​する​なら,家庭​は,だれ​も​が​身​の​安全​を​心配​せ​ず​に,思っ​て​いる​こと​を​自由​に​話せる​ところ​と​なり​ます。

わたしたち​は​確か​に​邪悪​な​世界​に​生き​て​おり,虐待​を​ことごとく​防げる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それでも,家庭​が​安全​で​ある​こと​は​非常​に​大きな​違い​を​もたらし​ます。だれ​か​が​家​の​外​で​傷​を​負う​と​し​て​も,慰め​と​同情​を​求め​て​どこ​に​駆け込ん​だら​よい​か​が​分かる​から​です。その​よう​な​家庭​は,問題​の​多い​世界​に​おい​て​まさしく​安全​な​逃れ場​です。家庭​を​そう​し​た​場​と​する​ため​の​皆さん​の​努力​を,神​が​祝福​し​て​ください​ます​よう​に。

^ 2節 この​古代​ギリシャ​語​は,「親族​に​対し​て​無情​な」と​定義​さ​れ​て​い​ます。その​ため,ある​翻訳​聖書​は​この​節​を,「自分​の​家族​に​対する​本来​の​愛情​の​欠け​た​者​と​なり​ます」と​訳し​て​い​ます。