アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2007年10月

子どもをどのように守るか

子どもをどのように守るか

子ども性的虐待いうテーマついずっ考えたい思うは,まずいません。親は,そのようこと考えるだけぞっます。しかし,それ今日世界おいて,恐れ抱かせる不快現実です。子ども及ぶ影響計り知れないものなることあります。では,この問題つい検討する価値あるでしょか。こう考えください。あなたお子さん安全ためなら,どんな犠牲進ん払うないでしょか。虐待現実知ること伴う不快は,そう知識もたらす大きな考えれば,確かささいものです。

ですから,虐待社会はびこっいるいう現実ために,ひるまないください。少なくあなたは,お子さんない力―お子さん得る何十かかるよう能力―があるです。親皆さんこれまで人生から,知識,経験,知恵こらました。かぎなるは,そう能力さらに高め,子ども守るため活用することです。ここで,親講じられる三つ基本対策取り上げましょう。それは,(1)子ども虐待から守る率先する,(2)子ども必要予備知識与える,(3)身守るため基本方法子ども教える,ということです。

あなた率先ます

子ども虐待から守るおも責任は,子どもなく,親あります。ですから,子どもより教えられなけれなりません。あなたあるなら,児童虐待つい知っいるべき事柄幾つあります。どんな子ども虐待するか,どのようそう行為及ぶか,というです。性的虐待たくらむ多く思い描くは,暗がり潜め,子ども誘拐犯す機会うかがう 見知らです。もちろん,そう極悪非道おり,しばしばニュース取り上げられます。しかし,それら比較まれケースです。子ども対する性的虐待90は,子どもすでに知っ信頼いるが,加害なっます。

ごく自然ことて,感じよい近所や,教師,医療関係者,スポーツコーチ,親族などが,あなたお子さん対象いる思いたくないものです。事実,たいていそのようなく,周りすべて疑い見る必要ありません。それでも,虐待典型手口知っおくことは,子ども守るため助けなります。―6ページ 囲みご覧ください。

そう手口知っおくなら,親皆さん子ども守る率先する有利立場あることなります。例えば,大人より子ども興味持っいる見えるが,お子さん特にかわいがっプレゼントくれたり,子守りすることお子さんだけ出かけること申し出たりするなら,どうますか。虐待するつもり判断べきですか。いいえ。早まっ結論下さないください。全く悪意ないいうことあります。といえ,用心べき要素あるしれません。「経験ないすべて言葉信じ,明敏自分歩み考慮する」と聖書述べます。―箴言 14:15

銘記べきて,あまりに親切申し出ある可能あります。お子さんだけ過ごすこと買っ出るを,十分吟味ください。そのようは,子ども様子随時確かめるつもりあること知らせます。3いるメリッサブラッドは,子ども大人きりならないよう注意払っます。息子音楽レッスン受ける時,メリッサ先生こう言いました。「先生ここいらっしゃるも,部屋出入りいただきます」。警戒しすぎ思えるしれませが,そのようするは,用心怠っ後悔するよりよい考えます。

お子さん活動,交友関係,勉強積極かかわっください。どこ出かける計画あるなら, 詳細把握ましょう。性的虐待問題33扱っ精神衛生専門は,親配っさえいれ防げケース多く言います。このは,性犯罪語っよう言葉引き合い出します。「親子ども文字どおり渡しくれました。……親お膳立てくれようものです」。虐待及ぶたいてい,簡単標的できる好む,ということ忘れないください。親子ども生活積極かかわっいる場合,その子ども標的する難しくなります。

お子さん活動かかわっください

子ども守る率先する方法は,よく聞くことです。虐待こと子ども自分から打ち明けるいうまれです。恥ずかしさや,どう思われるいう不安抱くです。ですから注意深く聞き,わずかサイン注意払っください。 * 気がかりこと子どもするなら,落ち着い質問し,気持ち引き出しましょう。あるベビーシッター来る子ども嫌がっなら,なぜ尋ねください。大人ゲームいる話しなら,「どんなゲーム? そのするの?」と聞いください。だれくすぐら訴えたら,「どこくすぐらの?」と尋ねましょう。子ども答えを,大したことないと,すぐはねつけなりません。子ども虐待するは,だれ言うこと信じくれないよ,と話します。そしてあまりに多く場合に,そうなっいるです。実際子ども虐待受け場合,親信じ支えあげるが,回復向け大きな一歩なります。

子ども守る率先する

子ども予備知識与える

児童虐待ついある参考文献は,性犯罪言葉引用ます。「性つい知らない子どもは,いいだ」。背筋寒くなるようこの言葉から,親大切銘記られます。性つい知らない子ども被害遭いやすいです。聖書は,知識 知恵が「ゆがん事柄話すから」わたしたち救い出す,と述べます。(箴言 2:10‐12,14)これこそ,お子さん関し望んおられる事柄ないでしょか。ですから,子ども守るため基本対策て,性いう重要テーマついためらわ教えください。

いえ,どのよう行なえよいでしょか。子どもつい話す幾分気まずく感じる少なくありません。しかし,子どももっと気まずく感じるしれず,自分からその持ち出すことまずありません。ですから,あなたから切り出しください。メリッサ言います。「小さいに,体各部名前教えることから始めました。幼児なく,正しい名称用いました。体は,変部分恥ずかしく思うべき部分などない,ということ示すためです」。こうすれば,自然流れ虐待つい教えやすくなります。多くは,水着隠れるところプライベート特別部分ある,とはっきり教えます。

つい子ども教えることためらわないください

記事ヘザーこう述べます。「主人わたし子どもに,あなたペニスあなただけプライベートもので,おもちゃない,と教えました。それ遊ぶことだれ許さおらず,ママパパも,お医者さんだめです。息子病院連れ行くは,どこ悪くない調べるためお医者さんそこ触ることある,と説明ます」。父親母親どちらあるごとそうちょっと行ない,良くない触り方され思いさせられいついいよ,と言い聞かせます。育児虐待防止取り組む専門たちは,すべて子どもこのようするよう勧めます。

つい教えるで「偉大教え手から学ぶ」 *とても役立つ感じいる大勢ます。「イエスどのよう保護か」という32は,虐待危険守ること大切ついて,子ども対する率直ながら安心せるメッセージ収められます。メリッサよう述べます。「このは,わたしたち子ども個人話し事柄補強するため完璧教材です」。

今日世界おい子どもたちは,良くない仕方子ども触ろするや,自分子ども触らようするいる,ということ知っいる必要あります。こう注意与える際,子ども怖がらたり,大人だれ信用ないようさせたりする必要ありません。ヘザーこう言います。「これ安全教育一つすぎません。ほかいろいろ教えいる事柄あり,その多く虐待関係ないものです。そうも,息子全く怖がりません」。

お子さんは,従順関する平衡取れ見方つい教える必要あります。従順あるよう子ども教える重要ことで,しかも従順簡単着きません。(コロサイ 3:20)しかし,行き過ぎしまうことあり得ます。もし状況かかわりなく,いつも,どの大人従うべき教えるなら,子ども虐待やすくなります。虐待たくらむは,何言いなりなる子どもすぐつけます。親賢明も,従順相対ものあること子ども教えます。クリスチャンとって,これ込み入っ問題なく,次よう教えることほかなりません。「エホバ良くない言っおられることするようだれ言わ も,そうする必要ないよ。ママパパも,エホバだめ話さことするよう言っいけないの。だれあなた良くないことさせようたら,いつママパパ知らせなさいね」。

最後に,親対し秘密するようだれ子ども求めるべきない,ということお子さん伝えください。親秘密よう言っくるいれば,そのこといつ知らせるよう教えましょう。どんなこと言わも―たとえ脅さたり,子ども自身良くないことしまったり―いつママパパところて,全部いいよ,と伝えるです。そうこと教える際,子ども怖がらせる必要ありません。たいていは,良くない触ったり,神従順なるよう求めたり,秘密するよう求めたりない話して,安心せることできます。こう話し合いは,火災避難ルート考える同じく,もしも場合予防あり,実際用いないすむしれません。

子ども予備知識与える

守るため基本方法子ども教える

対策は,あなたないところ子どもわいせつことされそうなっ場合できる子ども教えおく,ということです。よく勧められるは,ゲーム教える方法です。親は,「もしもこうなったら……?」と尋ね,子ども答えます。こう言えるしれません。「もしも一緒スーパー行っ迷子なったら,どうする? どうやっママ探す?」答え望むとおりないも,さらに質問正しい結論導くことできます。例えば,「もっと安全方法あるな?」と尋ねるです。

同様質問用いて,だれ子ども良くない触り方ようする時,どうすれいちばん安全思うか,尋ねることできます。そう質問する子どもすぐおびえるようなら,架空子どもみることできます。例えばこう言えます。「ある大好き親戚おじさん一緒時,触っいけない触らそうなっの。そのどうたら危ない遭わないいられる思う?」

守るため基本方法子ども教える

そういう状況どうするよう教えるべきでしょか。ある著述こう述べます。「『いやだ!』,『やめて!』,『あっち行って!』ときっぱり言うこと効果大きい。虐待ひるませ,そのから引こ考えさせることできるだ」。大きなきっぱり拒み,すぐ逃げ,起きこと話すいうことを,自信もっ行なえるよう,短い場面設定練習ください。訓練から十分理解よう思える子どもも,数か月する忘れしまうことあります。ですから,こう訓練定期行ないましょう。

虐待そうなっ場合断固態度取るよう,子ども教えください

子ども保護すべて,こう話し合い加わる必要あります。父親,継父,他親族男性加わるべきです。なぜでしょか。教え加わるたち皆,自分たちこう行為ない,と約束いることなるからです。残念ことに,性的虐待ほかなら家庭起きるケース少なくありません。次記事は,虐待まん延いる世界で,どうすれ家庭安全ところできる取り上げます。

^ 10節 専門は,虐待受け子ども多くが,言葉ないサインよっ異状訴える場合ある言います。例えば,おねしょたり,親まとわりついたり,一なる怖がったりするなど,少し卒業はず行動突然逆戻りするなら,何重大事柄ため取り乱しいるいうサインしれません。そう徴候そのもので,虐待断定することできません。子ども慰め,安心せ,守ることできるよう,何悩み原因落ち着い尋ねましょう。

^ 15節 発行: エホバ証人