内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

子どもをどのように守るか

子どもをどのように守るか

子ども​の​性的​虐待​と​いう​テーマ​に​つい​て​ずっ​と​考え​て​い​たい​と​思う​親​は,まずい​ませ​ん。親​は,その​よう​な​こと​を​考える​だけ​で​ぞっ​と​し​ます。しかし,それ​は​今日​の​世界​に​おい​て,恐れ​を​抱か​せる​不快​な​現実​です。子ども​に​及ぶ​影響​は​計り知れない​もの​と​なる​こと​が​あり​ます。では,この​問題​に​つい​て​検討​する​価値​は​ある​の​でしょ​う​か。こう​考え​て​み​て​ください。あなた​は​お子さん​の​安全​の​ため​なら,どんな​犠牲​で​も​進ん​で​払う​の​で​は​ない​でしょ​う​か。虐待​の​現実​を​知る​こと​に​伴う​不快​感​は,そう​し​た​知識​が​もたらす​大きな​益​を​考えれ​ば,確か​に​ささい​な​もの​です。

ですから,虐待​が​社会​に​はびこっ​て​いる​と​いう​現実​の​ため​に,ひるま​ない​で​ください。少なく​と​も​あなた​に​は,お子さん​に​ない​力―お子さん​が​得る​に​は​何​年​も​何十​年​も​かかる​よう​な​能力―が​ある​の​です。親​の​皆さん​は​これ​まで​の​人生​から,知識,経験,知恵​を​得​て​こら​れ​まし​た。かぎ​と​なる​の​は,そう​し​た​能力​を​さらに​高め,子ども​を​守る​ため​に​活用​する​こと​です。ここ​で,親​が​講じ​られる​三つ​の​基本​的​な​対策​を​取り上げ​ましょ​う。それ​は,(1)子ども​を​虐待​から​守る​点​で​率先​する,(2)子ども​に​必要​な​予備​知識​を​与える,(3)身​を​守る​ため​の​基本​的​な​方法​を​子ども​に​教える,と​いう​こと​です。

あなた​は​率先​し​て​い​ます​か

子ども​を​虐待​から​守る​おも​な​責任​は,子ども​に​で​は​なく,親​に​あり​ます。ですから,子ども​より​も​前​に​親​が​教え​られ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。あなた​が​親​で​ある​なら,児童​虐待​に​つい​て​知っ​て​いる​べき​事柄​が​幾つ​か​あり​ます。どんな​人​が​子ども​を​虐待​する​の​か,どの​よう​に​そう​し​た​行為​に​及ぶ​の​か,と​いう​点​です。性的​虐待​を​たくらむ​人​と​し​て​多く​の​親​が​思い描く​の​は,暗がり​に​身​を​潜め,子ども​を​誘拐​し​て​犯す​機会​を​うかがう​ 見知ら​ぬ​人​です。もちろん,そう​し​た​極悪非道​な​人​も​おり,しばしば​ニュース​で​取り上げ​られ​ます。しかし,それら​は​比較​的​まれ​な​ケース​です。子ども​に​対する​性的​虐待​の​約​90​%​で​は,子ども​が​すでに​知っ​て​い​て​信頼​し​て​いる​人​が,加害​者​と​なっ​て​い​ます。

ごく​自然​な​こと​と​し​て,感じ​の​よい​近所​の​人​や,教師,医療​関係​者,スポーツ​の​コーチ,親族​など​が,あなた​の​お子さん​を​性​の​対象​と​見​て​いる​と​は​思い​たく​ない​もの​です。事実,たいてい​は​その​よう​な​人​で​は​なく,周り​の​すべて​の​人​を​疑い​の​目​で​見る​必要​も​あり​ませ​ん。それでも,虐待​の​典型​的​な​手口​を​知っ​て​おく​こと​は,子ども​を​守る​ため​の​助け​と​なり​ます。―6​ページ​の 囲みを​ご覧​ください。

そう​し​た​手口​を​知っ​て​おく​なら,親​の​皆さん​は​子ども​を​守る​点​で​率先​する​の​に​有利​な​立場​に​ある​こと​に​なり​ます。例えば,大人​より​も​子ども​に​興味​を​持っ​て​いる​か​に​見える​人​が,お子さん​を​特に​かわいがっ​て​プレゼント​を​くれ​たり,子守り​を​する​こと​や​お子さん​と​二​人​だけ​で​出かける​こと​を​申し出​たり​する​なら,どう​さ​れ​ます​か。虐待​する​つもり​な​の​だ​と​判断​す​べき​です​か。いいえ。早まっ結論下さないください。全く​悪意​が​ない​と​いう​こと​も​あり​ます。と​は​いえ,用心​す​べき​要素​は​ある​か​も​しれ​ませ​ん。「経験​の​ない​者​は​すべて​の​言葉​を​信じ,明敏​な​者​は​自分​の​歩み​を​考慮​する」と​聖書​も​述べ​て​い​ます。―箴言 14:15

銘記​す​べき​点​と​し​て,あまりに​も​親切​な​申し出​に​は​裏​の​ある​可能​性​が​あり​ます。お子さん​と​二​人​だけ​で​過ごす​こと​を​買っ​て​出る​人​を,十分​に​吟味​し​て​ください。その​よう​な​人​に​は,子ども​の​様子​を​随時​確かめる​つもり​で​ある​こと​を​知らせ​ます。3​人​の​男​の​子​が​いる​メリッサ​と​ブラッド​は,子ども​と​大人​が​二​人​きり​に​なら​ない​よう​注意​を​払っ​て​い​ます。息子​の​一​人​が​家​で​音楽​の​レッスン​を​受ける​時,メリッサ​は​先生​に​こう​言い​まし​た。「先生​が​ここ​に​いらっしゃる​間​で​も,部屋​に​出入り​さ​せ​て​いただき​ます」。警戒​しすぎ​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん​が,その​よう​に​する​親​は,用心​を​怠っ​て​後悔​する​より​は​よい​と​考え​て​い​ます。

お子さん​の​活動,交友​関係,勉強​に​積極​的​に​かかわっ​て​ください。どこ​か​に​出かける​計画​が​ある​なら, 詳細​を​把握​し​ましょ​う。性的​虐待​の​問題​を​33​年​間​扱っ​て​き​た​精神​衛生​の​専門​家​は,親​が​気​を​配っ​て​さえ​いれ​ば​防げ​た​ケース​を​実​に​多く​見​て​き​た​と​言い​ます。この​人​は,性​犯罪​者​が​語っ​た​次​の​よう​な​言葉​を​引き合い​に​出し​て​い​ます。「親​は​子ども​を​文字どおり​渡し​て​くれ​まし​た。……親​が​お膳立て​し​て​くれ​た​よう​な​もの​です」。虐待​に​及ぶ​人​は​たいてい,簡単​に​標的​に​できる​子​を​好む,と​いう​こと​を​忘れ​ない​で​ください。親​が​子ども​の​生活​に​積極​的​に​かかわっ​て​いる​場合,その​子ども​を​標的​に​する​の​は​難しく​なり​ます。

お子さん​の​活動​に​かかわっ​て​ください

子ども​を​守る​点​で​率先​する​別​の​方法​は,よく​話​を​聞く​こと​です。虐待​さ​れ​た​こと​を​子ども​が​自分​から​打ち明ける​と​いう​の​は​まれ​です。恥ずかしさ​や,どう​思わ​れる​か​と​いう​不安​を​抱く​の​です。ですから​注意深く​話​を​聞き,わずか​な​サイン​に​も​注意​を​払っ​て​ください。 * 気がかり​な​こと​を​子ども​が​口​に​する​なら,落ち着い​て​質問​し,気持ち​を​引き出し​ましょ​う。ある​ベビーシッター​が​来る​の​を​子ども​が​嫌がっ​た​なら,なぜ​な​の​か​尋ね​て​ください。大人​の​人​と​変​な​ゲーム​を​し​て​いる​と​話し​た​なら,「どんな​ゲーム? その​人​は​何​を​する​の?」と​聞い​て​ください。だれ​か​に​くすぐら​れ​た​と​訴え​て​き​たら,「どこ​を​くすぐら​れ​た​の?」と​尋ね​ましょ​う。子ども​の​答え​を,大した​こと​は​ない​と,すぐ​に​はねつけ​て​は​なり​ませ​ん。子ども​を​虐待​する​人​は,だれ​も​君​の​言う​こと​を​信じ​て​くれ​ない​よ,と​話し​ます。そして​あまりに​も​多く​の​場合​に,そう​なっ​て​いる​の​です。実際​に​子ども​が​虐待​を​受け​た​場合,親​が​信じ​て​支え​て​あげる​の​が,回復​に​向け​て​の​大きな​一歩​と​なり​ます。

子ども​を​守る​点​で​率先​する

子ども​に​予備​知識​を​与える

児童​虐待​に​つい​て​の​ある​参考​文献​に​は,性​犯罪​者​の​次​の​言葉​が​引用​さ​れ​て​い​ます。「性​に​つい​て​何​も​知ら​ない​子ども​は,いい​鴨​だ」。背筋​が​寒く​なる​よう​な​この​言葉​から,親​は​大切​な​点​を​銘記​さ​せ​られ​ます。性​に​つい​て​知ら​ない​子ども​は​被害​に​遭い​やすい​の​です。聖書​は,知識​ と​知恵​が「ゆがん​だ​事柄​を​話す​者​から」わたしたち​を​救い出す,と​述べ​て​い​ます。(箴言 2:10‐12,14)これ​こそ,お子さん​に​関し​て​望ん​で​おら​れる​事柄​で​は​ない​でしょ​う​か。ですから,子ども​を​守る​ため​の​二​つ​目​の​基本​的​な​対策​と​し​て,性​と​いう​重要​な​テーマ​に​つい​て​ためらわ​ず​に​教え​て​ください。

と​は​いえ,どの​よう​に​行なえ​ば​よい​の​でしょ​う​か。子ども​と​性​に​つい​て​話す​の​を​幾分​気まずく​感じる​親​は​少なく​あり​ませ​ん。しかし,子ども​は​もっと​気まずく​感じる​か​も​しれ​ず,自分​から​その​点​を​親​に​持ち出す​こと​は​まず​あり​ませ​ん。ですから,あなた​から​切り出し​て​ください。メリッサ​は​言い​ます。「小さい​時​に,体​の​各部​の​名前​を​教える​こと​から​始め​まし​た。幼児​語​で​は​なく,正しい​名称​を​用い​まし​た。体​に​は,変​な​部分​や​恥ずかしく​思う​べき​部分​など​ない,と​いう​こと​を​示す​ため​です」。こう​すれ​ば,自然​な​流れ​で​虐待​に​つい​て​教え​やすく​なり​ます。多く​の​親​は,水着​で​隠れる​ところ​は​プライベート​で​特別​な​部分​で​ある,と​はっきり​教え​て​い​ます。

性​に​つい​て​子ども​に​教える​こと​を​ためらわ​ない​で​ください

前​の​記事​の​ヘザー​も​こう​述べ​て​い​ます。「主人​と​わたし​は​子ども​に,あなた​の​ペニス​は​あなた​だけ​の​プライベート​な​もの​で,おもちゃ​で​は​ない,と​教え​まし​た。それ​で​遊ぶ​こと​は​だれ​に​も​許さ​れ​て​おら​ず,ママ​も​パパ​も,お医者さん​で​も​だめ​な​の​です。息子​を​病院​に​連れ​て​行く​時​に​は,どこ​も​悪く​ない​か​調べる​ため​に​お医者さん​が​そこ​を​触る​こと​も​ある,と​説明​し​ます」。父親​と​母親​の​どちら​も​が​折​ある​ごと​に​そう​し​た​ちょっと​し​た​話​を​行ない,良く​ない​触り方​を​され​た​時​や​嫌​な​思い​を​させ​られ​た​時​は​いつ​で​も​話​し​て​いい​よ,と​言い聞かせ​ます。育児​や​虐待​防止​に​取り組む​専門​家​たち​は,すべて​の​親​が​子ども​と​この​よう​な​話​を​する​よう​に​勧め​て​い​ます。

性​に​つい​て​教える​上​で「偉大​な​教え手​から​学ぶ」 * の​本​が​とても​役立つ​と​感じ​て​いる​人​は​大勢​い​ます。「イエス​は​どの​よう​に​保護​さ​れ​た​か」と​いう​32​章​に​は,虐待​の​危険​と​身​を​守る​こと​の​大切​さ​に​つい​て,子ども​に​対する​率直​ながら​も​安心​さ​せる​メッセージ​が​収め​られ​て​い​ます。メリッサ​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「この​本​は,わたしたち​が​子ども​に​個人​的​に​話し​て​き​た​事柄​を​補強​する​ため​の​完璧​な​教材​です」。

今日​の​世界​に​おい​て​子ども​たち​は,良く​ない​仕方​で​子ども​に​触ろ​う​と​する​人​や,自分​の​体​を​子ども​に​触ら​せ​よう​と​する​人​が​いる,と​いう​こと​を​知っ​て​いる​必要​が​あり​ます。こう​し​た​注意​を​与える​際,子ども​を​怖がら​せ​たり,大人​を​だれ​も​信用​し​ない​よう​に​させ​たり​する​必要​は​あり​ませ​ん。ヘザー​は​こう​言い​ます。「これ​は​安全​教育​の​一つ​に​すぎ​ませ​ん。ほか​に​も​いろいろ​教え​て​いる​事柄​が​あり,その​多く​は​虐待​と​は​関係​の​ない​もの​です。そう​し​た​話​を​し​て​も,息子​は​全く​怖がり​ませ​ん」。

お子さん​に​は,従順​さ​に​関する​平衡​の​取れ​た​見方​に​つい​て​も​教える​必要​が​あり​ます。従順​で​ある​よう​子ども​を​教える​の​は​重要​な​こと​で,しかも​従順​さ​は​簡単​に​は​身​に​着き​ませ​ん。(コロサイ 3:20)しかし,行き過ぎ​て​しまう​こと​も​あり得​ます。もし​状況​に​かかわり​なく,いつも,どの大人​従う​べき​だ​と​教える​なら,子ども​は​虐待​さ​れ​やすく​なり​ます。虐待​を​たくらむ​人​は,何​で​も​言いなり​に​なる​子ども​に​すぐ​目​を​つけ​ます。親​は​賢明​に​も,従順​と​は​相対​的​な​もの​で​ある​こと​を​子ども​に​教え​ます。クリスチャン​に​とっ​て,これ​は​込み入っ​た​問題​で​は​なく,次​の​よう​に​教える​こと​に​ほか​なり​ませ​ん。「エホバ​神​が​良く​ない​と​言っ​て​おら​れる​こと​を​する​よう​だれ​か​に​言わ​ れ​て​も,そう​する​必要​は​ない​の​よ。ママ​で​も​パパ​で​も,エホバ​が​だめ​だ​と​話さ​れ​た​こと​を​する​よう​に​と​言っ​て​は​いけ​ない​の。だれ​か​が​あなた​に​良く​ない​こと​を​させ​よう​と​し​たら,いつ​で​も​ママ​か​パパ​に​知らせ​なさい​ね」。

最後​に,親​に​対し​て​何​か​を​秘密​に​する​よう​だれ​も​子ども​に​求める​べき​で​は​ない,と​いう​こと​を​お子さん​に​伝え​て​ください。親​に​秘密​に​し​よう​と​言っ​て​くる​人​が​いれ​ば,その​こと​を​いつ​で​も​親​に​知らせる​よう​に​教え​ましょ​う。どんな​こと​を​言わ​れ​た​と​し​て​も―たとえ​脅さ​れ​たり,子ども​自身​が​良く​ない​こと​を​し​て​しまっ​たり​し​た​と​し​て​も―いつ​ママ​か​パパ​の​ところ​に​来​て,全部​話​し​て​いい​ん​だ​よ,と​伝える​の​です。そう​し​た​こと​を​教える​際,子ども​を​怖がら​せる​必要​は​あり​ませ​ん。たいてい​の​人​は,良く​ない​所​を​触っ​たり,神​に​不​従順​に​なる​よう​求め​たり,秘密​に​する​よう​求め​たり​は​し​ない​と​話し​て,安心​さ​せる​こと​が​でき​ます。こう​し​た​話し合い​は,火災​時​の​避難​ルート​を​考える​の​と​同じく,もしも​の​場合​の​予防​策​で​あり,実際​に​は​用い​ない​で​すむ​か​も​しれ​ませ​ん。

子ども​に​予備​知識​を​与える

身​を​守る​ため​の​基本​的​な​方法​を​子ども​に​教える

三​つ​目​の​対策​は,あなた​が​い​ない​ところ​で​子ども​が​わいせつ​な​こと​を​され​そう​に​なっ​た​場合​に​何​が​できる​か​を​子ども​に​教え​て​おく,と​いう​こと​です。よく​勧め​られる​の​は,ゲーム​の​形​で​教える​方法​です。親​は,「もしも​こう​なっ​たら……?」と​尋ね,子ども​が​答え​ます。こう​言える​か​も​しれ​ませ​ん。「もしも​一緒​に​スーパー​に​行っ​て​迷子​に​なっ​たら,どう​する? どう​やっ​て​ママ​を​探す?」答え​が​親​の​望む​とおり​で​は​ない​と​し​て​も,さらに​質問​を​し​て​正しい​結論​に​導く​こと​が​でき​ます。例えば,「もっと​安全​な​方法​が​ある​か​な?」と​尋ねる​の​です。

同様​の​質問​を​用い​て,だれ​か​が​子ども​に​良く​ない​触り方​を​し​よう​と​する​時,どう​すれ​ば​いちばん​安全​だ​と​思う​か,尋ねる​こと​が​でき​ます。そう​し​た​質問​を​する​と​子ども​が​すぐ​に​おびえる​よう​なら,架空​の​子ども​の​話​を​し​て​みる​こと​が​でき​ます。例えば​こう​言え​ます。「ある​女​の​子​が​大好き​な​親戚​の​おじさん​と​一緒​に​い​た​時,触っ​て​は​いけ​ない​所​を​触ら​れ​そう​に​なっ​た​の。その​子​は​どう​し​たら​危ない​目​に​遭わ​ない​で​いら​れる​と​思う?」

身​を​守る​ため​の​基本​的​な​方法​を​子ども​に​教える

そう​いう​状況​で​どう​する​よう​教える​べき​でしょ​う​か。ある​著述​家​は​こう​述べ​て​い​ます。「『いや​だ!』,『やめ​て!』,『あっち​へ​行っ​て!』と​きっぱり​言う​こと​の​効果​は​大きい。虐待​者​を​ひるま​せ,その​子​から​は​手​を​引こ​う​と​考え​させる​こと​が​できる​の​だ」。大きな​声​で​きっぱり​拒み,すぐ​に​逃げ,起き​た​こと​を​親​に​話す​と​いう​こと​を,自信​を​もっ​て​行なえる​よう,短い​場面​を​設定​し​て​練習​し​て​ください。訓練​から​十分​に​理解​し​た​よう​に​思える​子ども​で​も,数​週​間​や​数​か月​する​と​忘れ​て​しまう​こと​が​あり​ます。ですから,こう​し​た​訓練​を​定期​的​に​行ない​ましょ​う。

虐待​さ​れ​そう​に​なっ​た​場合​に​断固​と​し​た​態度​を​取る​よう,子ども​を​教え​て​ください

子ども​の​保護​者​は​すべて,こう​し​た​話し合い​の​場​に​加わる​必要​が​あり​ます。父親,継父,他​の​親族​の​男性​も​加わる​べき​です。なぜ​でしょ​う​か。教え​に​加わる​人​たち​は​皆,自分​たち​が​こう​し​た​行為​を​し​ない,と​約束​し​て​いる​こと​に​なる​から​です。残念​な​こと​に,性的​虐待​が​ほか​なら​ぬ​家庭​の​中​で​起きる​ケース​は​少なく​あり​ませ​ん。次​の​記事​で​は,虐待​の​まん延​し​て​いる​世界​で,どう​すれ​ば​家庭​を​安全​な​ところ​に​できる​か​を​取り上げ​ます。

^ 10節 専門​家​は,虐待​を​受け​た​子ども​の​多く​が,言葉​で​は​ない​サイン​に​よっ​て​異状​を​訴える​場合​が​ある​と​も​言い​ます。例えば,おねしょ​を​し​たり,親​に​まとわりつい​たり,一​人​に​なる​の​を​怖がっ​たり​する​など,少し​前​に​卒業​し​た​はず​の​行動​に​突然​逆戻り​する​なら,何​か​重大​な​事柄​の​ため​に​取り乱し​て​いる​と​いう​サイン​な​の​か​も​しれ​ませ​ん。そう​し​た​徴候​そのもの​で,虐待​さ​れ​た​と​断定​する​こと​は​でき​ませ​ん。子ども​を​慰め,安心​さ​せ,守る​こと​が​できる​よう,何​が​悩み​の​原因​な​の​か​を​落ち着い​て​尋ね​ましょ​う。

^ 15節 発行: エホバ​の​証人