内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 若い尋ねる…

どうしてこんなに規則が多いのだろう

どうしてこんなに規則が多いのだろう

「うち​の​門限​は​厳しすぎる​の​で​いらいら​し​て​い​まし​た。ほか​の​子​たち​は​僕​より​遅く​まで​外出​を​許さ​れ​て​いる​と​いう​の​に,もう​本当​に​いや​でし​た」。―アレン。

「携帯​電話​で​話す​こと​まで​あれこれ​聞か​れる​ん​です​よ。まるで​子ども​扱い​さ​れ​て​いる​みたい​です」。―エリザベス。

あなた​は,家​の​決まり​を​重苦しく​感じ​て​い​ます​か。こっそり​家​を​抜け出し​たく​なっ​たり,自分​の​行動​に​つい​て​親​に​うそ​を​つき​たく​なっ​たり​し​た​こと​が​あり​ます​か。もし​そう​なら,ある​十​代​の​女​の​子​と​同じ​気持ち​か​も​しれ​ませ​ん。その​子​は​親​の​こと​を​過保護​だ​と​言い,『もう​少し​自由​に​させ​て​ほしい​わ』と​述べ​て​い​ます。

いわゆる​家​の​規則​と​は,す​べき​こと​や​し​て​は​いけ​ない​こと​を,親​もしくは​保護​者​が​あなた​の​ため​に​定め​た​もの​です。それ​に​は,宿題​や​家事​や​帰宅​時間​に​関する​約束ごと​は​もちろん,電話,テレビ,コンピューター​の​使用​制限​に​加え,家​の​外​の​事柄,例えば​学校​で​どう​振る​舞う​べき​か,どんな​友達​を​選ぶ​べき​か​と​いっ​た​こと​も​含ま​れる​か​も​しれ​ませ​ん。

親​の​定め​た​その​よう​な​規則​を​ついつい​破っ​て​しまう,と​いう​若い​人​は​少なく​あり​ませ​ん。ある​調査​で​は​対象​と​なっ​た​思春​期​の​若者​の​ほぼ​3​分​の​2​が,家​の​規則​を​破っ​た​と​の​理由​で​懲らしめ​られ​た​こと​が​ある​と​述べ​て​おり,それ​は​親​から​罰せ​られる​理由​と​し​て​圧倒​的​に​多い​もの​でし​た。

と​は​いえ,若者​たち​の​ほとんど​が,規則​は​全く​の​無​秩序​を​防ぐ​ため​に​必要​だ​と​いう​こと​を​認め​て​い​ます。それにしても,家​の​規則​が​実際​に​必要​な​の​で​あれ​ば,煩わしく​思える​もの​が​ある​の​は​なぜ​でしょ​う​か。また,もし​あなた​が​親​の​規則​を​息苦しく​感じ​て​いる​の​なら,どう​すれ​ば​多少​と​も​制限​を​緩め​て​もらえる​でしょ​う​か。

もう​赤ちゃん​じゃ​ない!

十​代​の​エミリー​は,「わたし​は​もう​赤ちゃん​じゃ​ない​こと​や,大人​と​し​て​扱っ​て​ほしい​こと​を,どう​すれ​ば​親​に​分かっ​て​もらえる​の」と​言い​ます。あなた​も​そう​思っ​た​こと​が​あり​ます​か。エミリー​の​よう​に,何​も​でき​ない​乳児​み​た​い​な​扱い​を​され​て​いる​と​感じ,規則​に​いら立っ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。もちろん,親​の​見方​は​異なっ​て​いる​こと​でしょ​う。おそらく,規則​は​あなた​を​保護​する​ため,また​大人​に​なっ​て​様々​な​責任​を​担える​よう​備え​させる​ため​に​必要​だ​と​考え​て​おら​れる​はず​です。

 あなた​は,ある​程度​の​自由​を​得​て​いる​と​し​て​も,うち​の​規則​は​自分​の​年齢​相応​の​もの​で​は​ない,と​感じ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。親​の​態度​が​自分​より​兄​や​姉​あるいは​弟​や​妹​に​は​甘い​よう​に​思える​と,特に​つらく​なる​場合​が​あり​ます。マーシー​と​いう​女​の​子​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​17​歳​です​が,門限​が​厳しい​ん​です。何​か​いけ​ない​こと​を​する​と,外出​禁止​に​なり​ます。でも​兄​は,わたし​ぐらい​の​年齢​の​時,門限​など​なく,外出​禁止​に​なる​こと​も​なかっ​た​ん​です​よ」。マシュー​も,自分​の​十​代​の​ころ​を​振り返り,妹​や​従姉妹​たち​に​つい​て,「妹​たち​は,何​を​やっ​て​も​罰せ​られ​たり​し​ませ​ん​でし​た」と​言い​まし​た。

規則​は​いら​ない?

あなた​は,親​の​権威​の​下​から​解放​さ​れ​たい​と​強く​願っ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。それ​は​理解​できる​こと​です​が,本当​に,親​の​制限​が​なけれ​ば​幸せ​に​なれる​の​でしょ​う​か。おそらく​あなた​が​知っ​て​いる​同​年代​の​子​の​中​に​は,遅く​まで​家​に​帰ら​なく​て​も​よく,何​で​も​好き​な​服​を​着​て,友達​と​一緒​に​いつ​で​も​どこ​に​で​も​出かける​こと​の​できる​人​が​いる​でしょ​う。もしか​し​たら,その​人​の​親​は,忙しすぎ​て​自分​の​子ども​が​何​を​し​て​いる​の​か​知ら​ない​だけ​な​の​か​も​しれ​ませ​ん。いずれ​に​し​て​も,子ども​の​教育​に​対する​その​よう​な​取り組み​方​は,良い​結果​を​生み出し​て​き​ませ​ん​でし​た。(箴言 29:15)世​の​中​に​愛​が​欠け​て​いる​の​は,主​に,自己​中心​的​な​人​が​多い​ため​で​あり,その​よう​な​人​は​たいてい,わがまま​の​通る​家庭​で​育っ​た​人​たち​な​の​です。―テモテ​第​二 3:1‐5

規則​の​ない​家庭​が​いい,と​いう​あなた​の​見方​も​いつか​は​変わる​か​も​しれ​ませ​ん。一つ​の​研究​結果​を​見​て​み​ましょ​う。調査​の​対象​に​なっ​た​の​は,家​の​規則​が​ほとんど​なく,親​から​全く​と​言っ​て​いい​ほど​監督​さ​れ​ず​に​大人​に​なっ​た​若い​女性​たち​です​が,懲らしめ​が​なく​て​よかっ​た​と​思っ​て​いる​人​は​ませ​でし​た。むしろ,その​こと​を​親​の​関心​や​能力​の​なさ​と​見​て​い​まし​た。

したい放題​に​させ​て​もらっ​て​いる​子​の​こと​を​うらやむ​の​で​は​なく,親​の​設け​た​規則​を,あなた​に​対する​愛​や​関心​の​証拠​と​考える​よう​に​し​て​ください。親​は,道理​に​かなっ​た​制限​を​設ける​こと​に​より,エホバ​神​に​見倣っ​て​いる​の​です。神​が​ご自分​の​民​に,「わたし​は​あなた​に​洞察​力​を​持たせ,その​行く​べき​道​を​教え諭す。わたし​は​あなた​に​目​を​留め​て​忠告​を​与え​よう」と​言っ​て​おら​れる​とおり​です。―詩編 32:8

と​は​いえ,いま​課せ​られ​て​いる​規則​に​は​どう​に​も​耐え​られ​ない,と​思っ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん。もし​そう​なら,家​で​の​生活​を​もっと​楽しく​する​ため​の​実際​的​な​事柄​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。

 上手​に​意思​を​伝える

もっと​自由​が​欲しい​と​いう​場合​で​も,不満​な​気持ち​を​何​と​か​し​たい​と​いう​だけ​の​場合​で​も,かぎ​と​なる​の​は,上手​に​意思​を​伝える​こと​です。『でも,親​に​話そ​う​と​努力​けど,うまく​いか​ない​ん​です』と​言う​人​も​いる​か​も​しれ​ませ​ん。あなた​も​そう​感じ​て​いる​なら,『意思​を​伝える​技術​を​改善​する​こと​は​でき​ない​だろ​う​か』と​自問​し​て​ください。意思​を​通わせる​こと​は,(1)望み​の​もの​を​得る,もしくは(2)望み​の​もの​が​なぜ​与え​られ​ない​の​か​を​もっと​よく​理解​する​の​に​役立つ​重要​な​手段​です。実​の​ところ,大人​が​持つ​よう​な​種々​の​特権​を​得​たい​の​で​あれ​ば,意思​を​伝える​技術​を​熟達​さ​せる​の​は​全く​理​に​かなっ​た​こと​です。

感情制御するようましょう。聖書​は,「愚鈍​な​者​は​自分​の​霊​を​さらけ出し,賢い​者​は​最後​まで​これ​を​穏やか​に​保つ」と​述べ​て​い​ます。(箴言 29:11)上手​に​意思​を​伝える​と​は,不満​を​述べる​だけ​の​こと​で​は​あり​ませ​ん。そう​する​なら,かえって​叱ら​れる​結果​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。ですから,めそめそ​し​たり,ふてくされ​たり,子ども​の​よう​に​かんしゃく​を​起こし​たり​し​ない​よう​に​し​ましょ​う。親​から​制限​を​課せ​られる​と,ドア​を​乱暴​に​閉め​て​出​て​いき​たく​なる​か,家​の​中​を​足​を​踏み鳴らし​て​歩き回り​たく​なる​か​も​しれ​ませ​ん。でも​実際​に​そんな​こと​を​すれ​ば,自由​に​させ​て​もらえる​どころ​か,規則​が​増やさ​れる​こと​に​なる​でしょ​う。

心配​し​て​いる​親​の​気持ち​を​くみ取る​よう​に​努める

思い理解するようましょう。ひとり親​家庭​の​娘​で​クリスチャン​で​ある​トレーシー​は,そう​する​の​が​有益​で​ある​こと​に​気づい​て​おり,こう​述べ​て​い​ます。「『お母さん​は,どんな​目的​で​規則​を​作る​の​か​しら』と​考え​て​み​ます。わたし​が​りっぱ​な​大人​に​なっ​て​ゆける​よう​に​し​て​くれ​て​いる​の​です」。(箴言 3:1,2)その​よう​に​親​の​身​に​なっ​て​考える​こと​は,自分​の​見方​を​親​に​分かっ​て​もらう​の​に​役立つ​か​も​しれ​ませ​ん。例えば,親​が​ある​パーティー​に​行か​せ​て​くれ​ない​と​し​ましょ​う。その​よう​な​場合​に​は,親​と​言い争う​の​で​は​なく,「しっかり​し​た,信頼​できる​友達​と​一緒​なら,行っ​て​も​いい?」と​尋ねる​こと​が​できる​か​も​しれ​ませ​ん。親​は​いつも​あなた​の​願い​どおり​に​許し​て​くれる​と​は​限り​ませ​ん​が,心配​し​て​いる​親​の​気持ち​を​くみ取る​なら,聞き入れ​て​もらえ​そう​な​提案​も​し​やすく​なる​はず​です。

から信頼もらえるようましょう。親​の​信頼​を​かち得る​こと​は,銀行​に​お金​を​預け​て​ゆく​こと​に​似​て​い​ます。引き出せる​金額​は,それ​まで​に​預け​た​もの​だけ​です。残高​を​超え​て​引き出す​なら​利息​が​課さ​れ,そう​し​た​借り越し​を​繰り返す​なら​口座​は​閉鎖​さ​れ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。何​か​の​特典​を​与え​て​もらう​こと​は,預金​を​引き出す​こと​に​似​て​おり,責任​ある​行動​の​実績​を​重ね​て​き​た​人​に​だけ​与え​られる​の​です。

期待しすぎないようましょう。親​に​は,子ども​の​行動​を​ふさわしく​監督​する​責任​が​あり​ます。ですから​聖書​は,「あなた​の​父​の​おきて」や「あなた​の​母​の​律法」と​述べ​て​い​ます。(箴言 6:20)と​は​いえ,家​の​規則​の​せい​で​自分​の​青春​が​台なし​に​なる,と​考える​必要​は​あり​ませ​ん。親​の​権威​に​服する​なら,長期​的​に​は『あなた​に​とっ​て​物事​が​良く​運ぶ』こと​に​なる,と​エホバ​は​約束​し​て​おら​れる​の​です。―エフェソス 6:1‐3

 

考え​て​み​て​ください

  • あなた​に​とっ​て​特に​従い​にくい​の​は,どんな​規則​です​か。

  • 親​の​設け​た​規則​を​守り​やすく​する​うえ​で,この​記事​の​どんな​点​が​役立ち​ます​か。

  • 親​から​もっと​信頼​し​て​もらう​ため​に,どんな​こと​が​でき​ます​か。