内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

血塗られた歴史

血塗られた歴史

テロ​と​言え​ば,何​年​か​前​まで​は​北​アイルランド,スペイン​北部​の​バスク​地方,中東​の​一部​など,限ら​れ​た​地域​の​話​と​いう​印象​が​あり​まし​た。今​で​は―とりわけ​2001​年​9​月​11​日​に​おける​ニューヨーク​の​ツインタワー​崩壊​以降―テロ​は​世界​的​な​現象​と​なっ​て​い​ます。楽園​の​よう​な​バリ​島,スペイン​の​マドリード,英国​の​ロンドン,スリランカ,タイ,さらに​は​ネパール​で​も​生じ​て​い​ます。しかし,テロ​は​目新しい​こと​で​は​あり​ませ​ん。「テロ」と​は​何​でしょ​う​か。

テロ​つまり​テロリズム​と​は,「政治​的​目的​を​達成​する​ため​に,暗殺​・​暴行​・​粛清​・​破壊​活動​など​直接​的​な​暴力​や​その​脅威​に​訴える​主義」と​定義​さ​れ​て​い​ます。(「大辞泉」,松村 明 監修,小学館)と​は​いえ,著述​家​の​ジェシカ​・​スターン​は​こう​述べ​て​い​ます。「テロ​研究​者​たち​は​非常​に​多く​の​定義​を​目​に​する。……しかし,テロ​を​他​の​形態​の​暴力​と​区別​する​特徴​と​し​て​重要​な​意味​を​持つ​の​は​二つ​の​点​だけ​で​ある」。それ​は​どんな​点​でしょ​う​か。「第​一​に,テロ​は​非​戦闘​員​を​標的​と​し​た​もの​で​ある。……第​二​に,テロリスト​は​劇的​な​効果​を​ねらっ​て​暴力​を​用いる。つまり​多く​の​場合,どんな​物理​的​損害​を​もたらす​か​と​いう​こと​より​も,相手​に​恐れ​を​抱か​せる​こと​の​ほう​が​重要​な​の​で​ある。意図​的​に​恐怖​を​あおる​こと​が,テロ​と​ただ​の​殺害​や​襲撃​と​の​違い​で​ある」。

テロ―今​に​始まっ​た​こと​で​は​ない

1​世紀​の​ユダヤ​地方​で​は,熱心​党​と​呼ば​れる​過激​派​が,ローマ​から​の​ユダヤ​人​の​独立​を​推し進め​て​い​まし​た。その​中​で​も​特に​先鋭​的​な​の​は,シカリ​派(短剣​を​持っ​た​男​たち)と​し​て​知ら​れる​よう​に​なっ​た​人々​でし​た。この​名称​は,彼ら​が​衣​の​下​に​忍ば​せ​て​い​た​短剣​に​由来​し​て​い​ます。シカリ​派​は,エルサレム​の​祭り​に​来​て​い​た​群衆​の​中​に​紛れ込ん​で​は,敵​の​のど​を​かき​切っ​たり,背後​から​刺し​たり​し​まし​た。 *

西暦​66​年,熱心​党​の​一団​が​死海​ に​近い​マサダ​の​要塞​を​攻略​し​まし​た。その​一団​は​ローマ​の​守備​隊​を​壊滅​さ​せ,丘​の​上​の​要塞​を​作戦​基地​と​し​まし​た。幾​年​に​も​わたっ​て,そこ​から​繰り返し​出撃​し​て​は​ローマ​軍​を​悩ませ​まし​た。西暦​73​年,フラビウス​・​シルバ​総督​の​率いる​ローマ​の​第​10​軍団​が​マサダ​を​奪還​し​まし​た​が,熱心​党​の​者​たち​を​直接​征服​し​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。当時​の​歴史​家​に​よれ​ば,要塞​に​立てこもっ​て​い​た​総勢​960​人​は,ローマ​軍​に​投降​せ​ず​ に​自害​し​まし​た。生き延び​た​の​は,2​人​の​女性​と​5​人​の​子ども​だけ​でし​た。

熱心​党​に​よる​反乱​を,今​で​言う​テロリズム​の​始まり​と​見る​人​たち​も​い​ます。その​見方​が​適切​か​どう​か​は​さておき,テロ​は​これ​まで​の​歴史​に​色濃く​影響​を​及ぼし​て​き​まし​た。

キリスト​教​世界​と​テロ

1095​年​から​ほぼ​2​世紀​に​わたっ​て,十字軍​は​ヨーロッパ​と​中近東​の​間​を​幾​度​も​行き来​し​まし​た。それ​に​相対し​た​の​は,アジア​や​北​アフリカ​の​イスラム​教徒​の​勢力​です。エルサレム​の​統治​権​を​めぐっ​て,双方​が​優位​に​立と​う​と​し​まし​た。“聖戦”に​携わる​兵士​たち​は,多く​の​戦闘​で​凄惨​な​殺し合い​を​し​まし​た。さらに,ただ​居合わせ​た​だけ​の​人々​に​も​剣​や​斧​を​振るい​まし​た。12​世紀​の​僧職​者​テュロス​の​グリエルムス​は,1099​年​に​十字軍​が​エルサレム​に​攻め入っ​た​時​の​様子​を​次​の​よう​に​描写​し​て​い​ます。

「彼ら​は​剣​や​槍​を​手​に,一団​と​なっ​て​通り​を​進ん​だ。男​も​女​も​子ども​も,見つけ​次第,容赦なく​打ち殺し​た。……道端​で​殺さ​れ​た​人​は​あまり​に​多く,あちこち​に​死体​の​山​が​でき​て,それ​を​踏み越え​なけれ​ば​進め​ない​ほど​だっ​た。……おびただしい​流血​の​ため​に​辺り​は​血​の​海​と​なり,町​の​通り​は​どこ​も​死骸​で​埋め尽くさ​れ​た」。 *

後代​に,テロリスト​は​爆弾​や​火器​を​用い​はじめ,身​の​毛​の​よだつ​よう​な​悲惨​な​死​を​多く​の​人​が​遂げる​よう​に​なり​まし​た。

幾千万​人​に​上る​死者

歴史​家​たち​は​1914​年​6​月​28​日​を​ヨーロッパ​史​に​おける​転換​点​と​みなし​て​い​ます。その​日,一​人​の​青年​が​オーストリア​の​皇太子​フランツ​・​フェルディナント​大公​を​射殺​し​まし​た。青年​は​一部​の​人​たち​から​英雄​視​さ​れ​まし​た。この​事件​が​きっかけ​で​世界​は​第​一​次​世界​大戦​に​突入​し​まし​た。大戦​は​2,000万​人​も​の​死者​を​出し​て,ようやく​終わり​を​告げ​まし​た。

1914​年​6​月​28​日,世界​は​戦争​に​突入​し​た

第​一​次​世界​大戦​に​続い​て​第​二​次​世界​大戦​が​起き​まし​た。その​特色​と​なっ​た​の​は,強制​収容​所,空襲​に​よる​一般​市民​の​殺害,罪​の​ない​人々​に​対する​報復​攻撃​です。戦後​も​人々​の​殺害​は​続き​まし​た。1970​年代​に​は​カンボジア​で​大量​虐殺​が​行なわ​れ,100万​人​以上​が​犠牲​に​なり​まし​た。また​ルワンダ​で​は,1990​年代​に​80万​人​以上​が​虐殺​さ​れ,国民​は​今​も​その​痛手​から​立ち直っ​て​は​い​ませ​ん。

1914​年​から​今​に​至る​まで,多く​の​国​で​人々​は​テロ​に​苦しめ​られ​て​き​まし​た。それ​に​も​かかわら​ず,今日​の​世界​に​は,歴史​の​教訓​を​何ら​意​に​介さ​ない​よう​な​行動​を​取る​人​たち​が​い​ます。頻発​する​テロ​に​よっ​て​多く​の​人​が​命​を​落とし,さらに​多く​の​人​が​体​に​障害​を​負っ​て​い​ます。そして,平安​な​思い​や​安全​に​暮らす​権利​を​奪わ​れる​人​と​なる​と​数​知れ​ませ​ん。市場​で​爆弾​が​炸裂​し,村々​が​焼き討ち​に​遭い,女性​は​レイプ​され,子ども​は​連れ去ら​れ,人々​は​死ん​で​ゆき​ます。テロ​対策​の​法律​が​制定​さ​れ,テロ​を​非難​する​声明​が​世界​各国​から​出さ​れ​て​も,この​狂気​じみ​た​行動​は​とどまる​ところ​を​知り​ませ​ん。果たして,テロ​が​なくなる​と​いう​希望​を​持てる​の​でしょ​う​か。

^ 5節 使徒 21​章​38​節​に​記さ​れ​て​いる​とおり,ローマ​の​軍​司令​官​は​使徒​パウロ​に,『短剣​を​持っ​た​男』4,000​人​の​指導​者​で​は​ない​か​と​の​不当​な​嫌疑​を​かけ​まし​た。

^ 10節 イエス​は​弟子​たち​に,敵​を​憎ん​だり​殺し​たり​する​の​で​は​なく,『敵​を​愛する』よう​に​と​教え​まし​た。―マタイ 5:43‐45