アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2006年6月

テロにおびえる子どもたち

テロにおびえる子どもたち

それウガンダ北部路上で,夕方なるられる光景です。幾千はだし子どもが,日沈む農村離れ,グルー,キトグム,リーラなど都市徒歩向かいます。子どもたち都市入ると,建物バスターミナル,公園,中庭など散っゆきます。そして,日昇る再び姿現わして,同じ歩い帰ります。なぜ毎日そんな変わっ行動取るでしょか。

この子どもたちを“夜間避難児”と呼ぶたちます。夕暮れ離れるは,夜農村地帯自宅いる危険からです。

このこれまで20近くわたって,ゲリラ勢力農村集落襲撃は,子ども拉致ました。毎年,幾百少年少女からさらって,密林地帯姿くらますです。子どもおもに夜間連れ去られ,反乱兵士運搬要員て,また性的奴隷利用ます。捕らえられ子どもは,協力ない切り取られることあります。脱走試み捕まると,無残仕方殺さます。

子どもたちテロ被害遭うは,ほかあります。シエラレオネは,体障害負っ若者たちます。まだ幼いころ,なた振るうたち切り落とさしまっです。アフガニスタンは,チョウ色鮮やか地雷遊んで,指失ったり失明たり少年少女ます。その“おもちゃ”が爆発です。

それだけなく,テロ落とす子どもます。例挙げましょう。1995年,米国オクラホマシティーおけるテロ168死亡ましが,そのうち19子どもで,赤ちゃん含まました。突風が,揺らめくろうそく消し去るように,爆弾幼子たち瞬時奪い去りました。子ども時代過ごす権利を,つまり,遊び,笑い,父親母親抱かれる権利テロよっ奪わです。

これら最近出来事ですが,テロいう暴力世紀わたっ人類悩ましました。その確かめましょう。