それ​は​ウガンダ​北部​の​路上​で,夕方​に​なる​と​見​られる​光景​です。幾千​人​も​の​はだし​の​子ども​が,日​の​沈む​前​に​農村​を​離れ,グルー,キトグム,リーラ​など​の​都市​へ​徒歩​で​向かい​ます。子ども​たち​は​都市​に​入る​と,建物​の​中​や​バスターミナル,公園,中庭​など​に​散っ​て​ゆき​ます。そして,日​が​昇る​と​再び​姿​を​現わし​て,同じ​道​を​歩い​て​家​に​帰り​ます。なぜ​毎日​そんな​変わっ​た​行動​を​取る​の​でしょ​う​か。

この​子ども​たち​を“夜間​避難​児”と​呼ぶ​人​たち​が​い​ます。夕暮れ​時​に​家​を​離れる​の​は,夜​に​農村​地帯​の​自宅​に​いる​の​が​危険​だ​から​です。

この​国​で​は​これ​まで​20​年​近く​に​わたっ​て,ゲリラ​勢力​が​農村​部​の​集落​を​襲撃​し​て​は,子ども​を​拉致​し​て​き​まし​た。毎年,幾百​人​も​の​少年​少女​を​家​から​さらっ​て,密林​地帯​に​姿​を​くらます​の​です。子ども​は​おもに​夜間​に​連れ去ら​れ,反乱​軍​の​兵士​や​運搬​要員​と​し​て,また​性的​奴隷​と​し​て​利用​さ​れ​ます。捕らえ​られ​た​子ども​は,協力​し​ない​と​鼻​や​唇​を​切り取ら​れる​こと​が​あり​ます。脱走​を​試み​て​捕まる​と,無残​な​仕方​で​殺さ​れ​ます。

子ども​たち​が​テロ​の​被害​に​遭う​例​は,ほか​に​も​あり​ます。シエラレオネ​に​は,体​に​障害​を​負っ​た​十​代​の​若者​たち​が​い​ます。まだ​幼い​ころ,なた​を​振るう​男​たち​に​手​や​足​を​切り落とさ​れ​て​しまっ​た​の​です。アフガニスタン​に​は,チョウ​の​形​を​し​た​色鮮やか​な​地雷​で​遊ん​で,指​を​失っ​たり​失明​し​たり​し​た​少年​少女​が​い​ます。その“おもちゃ”が​爆発​し​た​の​です。

それ​だけ​で​は​なく,テロ​で​命​を​落とす​子ども​も​い​ます。例​を​挙げ​ましょ​う。1995​年,米国​オクラホマシティー​に​おける​テロ​で​168​名​が​死亡​し​まし​た​が,その​うち​19​名​は​子ども​で,赤ちゃん​も​含ま​れ​て​い​まし​た。突風​が,揺らめく​ろうそく​の​炎​を​消し去る​よう​に,爆弾​が​幼子​たち​の​命​を​瞬時​に​奪い去り​まし​た。子ども​時代​を​過ごす​権利​を,つまり,遊び,笑い,父親​や​母親​の​腕​に​抱か​れる​権利​を​テロ​に​よっ​て​奪わ​れ​た​の​です。

これら​は​最近​の​出来事​です​が,テロ​と​いう​暴力​は​幾​世紀​に​も​わたっ​て​人類​を​悩まし​て​き​まし​た。その​点​を​確かめ​て​み​ましょ​う。