内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2004年4月

攻撃されるモーセ

攻撃されるモーセ

ユダヤ教徒,キリスト教徒,イスラム教徒は,多くしばしば意見ました。しかし,どれほど異なっようと,少なく一つは,つまりモーセいう人物対する深い敬意一致ます。モーセは,ユダヤ教徒とっは「ユダヤ教師最大人物」,ユダヤ国家始祖です。キリスト教徒とっイエスキリスト前駆あり,イスラム教徒とっ初期最も偉大預言です。

ですから,モーセ人類上,ひときわ影響ある人物言えます。にもかかわらず,これまで100余りわたって,モーセ聖職両方から攻撃受けました。モーセ奇跡行なっイスラエルエジプトから導き出しことだけなく,モーセ存在ことそのもの疑問投げかける少なからずます。ジョナサンカーシュ著,「モーセ―ある人生」(英語)はこう結論ます。「モーセ史実つい言えるは,聖書叙述いるよう人物はるか昔,我々知りない時代場所存在しれないし,砂粒真珠形成ゆくように,幾世紀その人物功績伝説言い伝え徐々加わり,ついに聖書られる印象ながら物議醸す人物できあがっしれない,いうことだけある」。

そう懐疑は,一見もっともらしく思えるしれません。聖書登場人物て,例えばイスラエルエヒウなど存在裏づける考古証拠見つかっいるが,モーセ存在裏づける考古証拠発見ない,と批評たち言います。しかし,そのことモーセ単なる神話人物する証拠なりません。懐疑たち以前,聖書くるバビロンベルシャザルアッシリアサルゴンなど神話人物ましが,後考古より,その史実裏づけられました。

著述ジョナサンカーシュよう指摘ます。「聖書時代イスラエル遺物残存非常少ないで,モーセこと聖書以外どこ全くないこと自体意外も,決め手欠けるわけない」。そしてカーシュよれば,「あれほど多く詳細記述会話盛り込また,極めて複雑内容伝記が……作り話いうことまずあり得ない」から,モーセだれ単なる想像産物考えがたい,と論じるたちます。

信じなくも,モーセ燃える茂みところ出会っこと,エジプト奴隷状態からイスラエル導き出しこと,紅海分けことなど,その生涯おも出来事つい少なく幾らか知っおられることでしょう。しかし,そう本当起き信じる根拠ありますか。モーセ神話人物すぎないでしょか。次記事で,こう興味深い取り上げます。