アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2004年4月

モーセ―実話? それとも神話?

モーセ―実話? それとも神話?

モーセ脅威迫るなか生まました。モーセもともと,遊牧家族集団でした。飢餓逃れるために,父ヤコブつまりイスラエル一緒エジプト移住たちでした。この人々幾十間,エジプト隣人たち平和共存ました。しかしその後,不穏変化生じました。高い評価受けいる歴史こう伝えます。「新しいエジプト立った。そして自分こう言うようなった。『見よ,イスラエル我々より多く強大だ。さあ,あのたち抜かりなく扱って,彼ら殖えないようよう』」。どのよう講じでしょか。人口抑制するために,イスラエルを「奴隷圧制置(き)」,そのヘブライ産婆たちに,生ま来るすべて殺すように,と命じです。(出エジプト記 1:8‐10,13,14)それかかわらず,その命令従うこと拒ん産婆たち勇気ある行動よって,イスラエル増大ゆきました。そこでエジプトついに,『生ま来るみなナイル投げ込むように』と布告出しました。―出エジプト記 1:22

イスラエル夫婦アムラムヨケベドは,『王命令恐れませでした』。(ヘブライ 11:23)ヨケベド産みました。そのは,後に,「こうごうしいまで美しい」と評さました。 *使徒 7:20)二親は,その恵み受けいること感じ取っしれません。いずれせよ,二みすみす死なせるようことませでした。命危険冒しも,その隠すことです。

3か月過ぎると,両親もはやモーセ隠しきれなくなりました。そこでやむず,行動取ります。ヨケベド幼子パピルス入れ物寝かせ,ナイル浮かべました。知らて,その歴史舞台送り出しです。―出エジプト記 2:3,4

本当起きこと?

今日多くは,これら出来事作り話片づけます。「実際ところ,イスラエルたちエジプト滞在た[年月]に関する直接考古証拠少しない」と,「今日キリスト教」誌(英語)は述べます。しかし,直接有形証拠欠けいるしれないものの,聖書記述信頼できること示す間接証拠かなりあります。エジプトジェームズKホフマイアーは,自著「エジプトイスラエル」(英語)のこう述べます。「考古データはっきり 示しいるとおり,レバント[地中海東部沿岸地方]の人々は,特に気候せい干ばつ生じなどに,よくエジプト訪れた。……こうて,西暦1800ごろから1540ぐらいまで時期に,エジプトアジア西部住むセム人々移住する格好場所なった」。

さらに,エジプト奴隷制度関する聖書記述正確ずっ以前から認められました。「モーセ―ある人生」のよう述べます。「たびたび複製いる古代エジプトは,イスラエル対する抑圧つい聖書記述裏づけいるようだ。そこは,奴隷一団れんが作っいる様子克明描かいる」。

ヨケベド用い小さいひつ関する聖書記述事実調和ます。聖書それパピルス作ら こと述べますが,クックの「注解」(英語)によると,パピルスは「軽く速い作るためエジプト普通使った」ものでした。

いえ,一国指導たる冷酷幼児殺害命じる信じがたいないでしょか。学ジョージローリンソンよると,「幼児殺しは……様々時代様々場所広く行なわおり,ごくささいことみなさて」いました。確か現代も,それ同じほど恐ろしい大量虐殺事例事欠きません。聖書記述穏やかならものあるしれませが,それ残念ながら真実です。

ファラオ養子

ヨケベド幼子運命全く偶然ゆだねられわけありません。ヨケベドは「[ひつを]ナイル岸辺置(き)」ました。そこならだれ見つけもらえる思っでしょう。そこファラオいつも水浴びやっ来る場所でした。 *出エジプト記 2:2‐4

その小さなひつすぐ見つけられました。『それ開けて[ファラオ娘]が子供でした。しかも,男泣いいるでした。それ彼女は,「これヘブライ子供です」と言いながらも,その対し同情覚えました』。そこで,このエジプト王女その養子することました。両親もともとそのつけ名前ずっ忘れられ,今分かりません。今日その人物は,養母つけモーセいう世界知らます。 *出エジプト記 2:5‐10

それにしても,エジプト王女そのよう子ども引き取るいう信じにくいことないでしょか。いいえ,そうありません。エジプト宗教教えよれば,親切行為天国入る必要条件だっからです。養子縁組そのものついて,考古ジョイスティルズリーこう述べます。「エジプト女性男性平等立場た。少なく表向き同じ法的,経済権利享受おり,……女性養子縁組することできた」。養子縁組関する古代パピルス文書実際に,あるエジプト女性自分奴隷たち養子こと記録ます。モーセ母親乳母雇っことついて,「アンカー聖書辞典」(英語)はこう述べます。「モーセ実母乳母報酬支払わことは,……メソポタミア養子縁組契約おける同様取り決め相通じるものある」。

養子されために,モーセヘブライ素性本人内密されでしょか。ハリウッド映画は,そのよう描き方いるものあります。しかし,聖書そう述べません。姉ミリアム賢明も,実母ヨケベドモーセ乳母なるよう取り計らいました。乳母なっその敬虔女性自分息子真実隠そなかっ違いありません。また,古代子どもたちあいだ母乳育てられること多かっで,ヨケベドは,「アブラハム神,イサク神,ヤコブ神」についモーセ教える機会十分あっでしょう。(出エジプト記 3:6)そう霊的土台モーセなりました。ファラオ引き渡さに,「モーセエジプト知恵ことごとく教授た」からです。モーセエチオピア戦争将軍地位上っする歴史ヨセフス主張裏づけることできません。といえ,聖書確かに,モーセが「言葉行ない強力者」だっ述べます。 *使徒 7:22

モーセは,40なるころ卓越エジプト指導なる備えできようです。ファラオ留まるなら,権力モーセものなっしれません。そのよう時,モーセ人生一変せる出来事生じました。

 ミディアン亡命生活

ある日,モーセは『自分兄弟あるヘブライひとりエジプト殴りかかっいるました』。長年間,モーセヘブライ社会エジプト社会良いところ享受ました。しかし,仲間イスラエルが,恐らく危うくなるほど殴らいるて,モーセ劇的選択ます。(出エジプト記 2:11)モーセは「ファラオ呼ばれること拒み,……神虐待れること選びました」。―ヘブライ 11:24,25

モーセ迅速に,そしてもはや引けない行動取ります。「そのエジプト打ち倒し,これ隠した」のです。(出エジプト記 2:12)これある批評言うような,「激発怒り立つ傾向の」ある行動ありません。誤っあっせよ,イスラエルエジプトから救い出すいう約束対する信仰基づく行為あっようです。(創世記 15:13,14)モーセ自分行動反乱駆り立てるだろ単純考えしれません。(使徒 7:25)しかし意外も,仲間イスラエルモーセ指導認めようませでした。人殺しいう知らせファラオ届き,モーセ亡命ざるなくなりました。モーセミディアン落ち着き,遊牧エテロチッポラ結婚ます。

救出なるいう望み絶たモーセは,40長きわたって,一介羊飼い暮らします。しかし,あること,エテロ群れ追っホレブ近くまで来ると,エホバみ使い燃える茂みモーセ現われます。その光景思い浮かべください。「わたしあるイスラエルエジプトから導き出す」ように,とお命じなります。しかし,当モーセためらい気後れ感じて,自分自信持てません。「一体この何者いうファラオもと行ったり,イスラエルエジプトから導き出したりすることなるでしょか」とモーセ訴え,自分欠点までます。この箇所一部映画制作あいまいする部分ですが,モーセどうやら言語障害生じようです。モーセ古代神話伝説英雄たち異なっいるでしょう。40わたる羊飼い生活は,この謙遜円熟ました。モーセ自分自信持てませでしが,神モーセ指導ふさわしいなっこと確信おらました。―出エジプト記 3:1–4:20

エジプトから救出

モーセミディアンたち,ファラオて,神解放要求ます。かたくな君主それ拒むと,十壊滅災厄加えられます。10災厄よっエジプト初子死ぬと,打ちひしがファラオ ついにイスラエル自由ます。―出エジプト記 5章‐13

たいてい読者こう出来事よく通じます。しかし,それら史実でしょか。一部は,ファラオない挙げて,その記述作り話違いない主張ます。 * しかし,先引用ホフマイアーは,エジプト書記しばしばあえてファラオ省い挙げて,こう述べます。「歴史は,カデシュメギドたち名前記録なくも,トトメス3よるメギド攻略史実あること否定ないはずだ」。ホフマイアー指摘よると,ファラオ挙げられないことは「もっとも神学理由」があります。一つて,ファラオ挙げないことより,その記述そのものは,ファラオなく注意向けます。

いえ,批評たちユダヤ人(ヘブライ人)の規模エジプト脱出あっこと受け入れようません。学ホーマーWスミスは,そのよう移動あっなら「エジプトシリア歴史大々的語らいるはずだ。……出エジプト説話恐らく,もっと少数人々エジプトからパレスチナ逃れいう事実ゆがめた,非現実あろう」。

 確かに,この出来事関するエジプト記録発見ません。しかしエジプトは,事実自分たち都合だったり,政治利益反したりする場合,歴史記録改ざんしかねませでした。トトメス3は,政権握る先王ハトシェプストつい記憶消し去ろました。「先王碑文消され,そのオベリスク囲まれ,その記念忘れ去らた。その名前年代ない」と,エジプトジョンレイ述べます。都合悪い事実改ざん,もしくは隠ぺいようする同様試みは,現代られます。

荒野滞在裏づける考古証拠ないついは,ユダヤ遊牧だっこと念頭置く必要あります。彼ら都市築くこと作物栽培することありませでした。後残しもの言えば,足跡ぐらいでしょう。といえ,荒野滞在裏づける強力証拠聖書そのもの見いだせます。この聖典多く箇所この滞在こと言及ます。(サムエル一 4:8。詩編 78編。詩編 95編。詩編 106編。コリント一 10:1‐5)とりわけ重要て,イエスキリストも,荒野出来事実際起きこと証言ます。―ヨハネ 3:14

ですから,モーセ関する聖書記述信頼でき,真実ものあること疑問ありません。といえ,モーセからずっ人物です。モーセ今日あなた生活どのよう影響及ぼすでしょか。

^ 3節 文字通りは,「神美しい」。「解説聖書注解」(英語)によると,この表現その並外れ容姿だけなく,「その特質」につい述べもの思わます。

^ 11節 ナイル水浴びは,「古代エジプト普通ことだった」と,クックの「注解」は述べます。「ナイルオシリスから流れ出るもの……と崇拝た。そのは,命授け,豊饒もたらす特異あるされた」。

^ 12節 この名前由来は,学たち論争なっます。ヘブライモーセいう名前は「引き出さた; 水から救い出さた」という意味あります。歴史フラビウスヨセフスは,モーセいうは「水」と「救われる」を意味する二つエジプト複合ものあるました。今日,一部たちは,モーセいうもともとエジプトある認めつつも,「息子」を意味するない考えます。といえ,こう論議は,「モーセ」という幾つエジプト人名発音いること基づいます。古代ヘブライエジプト正確発音知っいるないで,そう学説推測ません。

^ 14節 「エジプトイスラエル」のこう述べます。「モーセエジプト宮廷育てられいうすべて伝説よう思える。しかし,新王国宮廷さらに詳しく調べみると,必ずしもそう言えない。トトメス3世……は西アジア属国王子たちエジプト連れエジプト訓練施すいう慣行始めた。……そのようわけで,外国王子王女たちエジプト宮廷珍しくなかった」。

^ 22節 歴史は,出エジプト当時ファラオトトメス3するます。アメンホテプ2世,ラムセス2などするます。エジプト年代混とん状態あるで,このファラオだれあっ確定する不可能です。