内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書見方

外交によって世界平和は実現しますか

外交によって世界平和は実現しますか

すべて​の​戦争​が​なくなる​の​を​実際​に​見​たい​と​思わ​れ​ます​か。国内​紛争​や​国際​紛争​を​解決​する​ため​の​外交​上​の​方策​は,間違い​なく​ある​でしょ​う。多く​の​人​は,世界​の​指導​者​たち​が​協力​し​て​働け​ば,それ​だけ​で​戦争​は​なくなる,と​考え​て​い​ます。と​は​いえ,恐らく​あなた​は​外交​努力​の​結果​に​失望​し​て​おら​れる​こと​でしょ​う。何​世紀​も​の​間,外交​官​たち​は​数々​の​条約​を​締結​し,様々​な​解決​策​を​考案​し,首脳​会談​を​何​度​も​開い​て​き​まし​た​が,恒久​的​な​解決​を​見​た​問題​は​ほんの​わずか​です。

聖書​は​外交​と​平和​に​つい​て​多く​の​こと​を​述べ​て​い​ます。そして​次​の​よう​な​問題​の​答え​を​与え​て​い​ます。現在,外交​を​通し​て​平和​を​実現​し​よう​と​する​努力​は,何​に​よっ​て​妨げ​られ​て​い​ます​か。クリスチャン​が​外交​努力​に​関係​する​の​は​正しい​こと​です​か。真​の​平和​は​最終​的​に​どの​よう​に​達成​さ​れる​の​でしょ​う​か。

平和​を​妨げ​て​いる​の​は​何​か

聖書​中​の​幾つ​か​の​記述​は,実際​に​顔​を​合わせ​て​交渉​する​なら​平和​を​実現​できる​と​いう​こと​を​例証​し​て​い​ます。例えば,アビガイル​は​ダビデ​と​その​軍​を​巧み​に​説得​し,自分​ の​家​の​者​たち​に​復しゅう​が​臨ま​ない​よう​に​し​まし​た。(サムエル​第​一 25:18‐35)イエス​が​語っ​た​ある​例え​に​出​て​くる​王​は,頼み​の​綱​と​なる​最後​の​手段​と​し​て,和平​を​求める​大使​たち​を​遣わし​ます。(ルカ 14:31,32)確か​に​聖書​は,紛争​を​解決​できる​外交​手段​も​ある​こと​を​認め​て​い​ます。では,和平​交渉​が​多く​の​場合​ほとんど​成果​を​生み出し​て​い​ない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

聖書​は,今​の​時代​が​問題​の​多い​時代​に​なる​こと​を​正確​に​予言​し​て​い​まし​た。悪魔​サタン​の​邪悪​な​影響​力​の​ゆえに,人々​は,「容易​に​合意」する​こと​なく,「粗暴​な​者,善良​さ​を​愛さ​ない​者,裏切る​者,片意地​な​者,誇り​の​ため​に​思い上がる​者」と​なる​の​です。(テモテ​第​二 3:3,4。啓示 12:12)加え​て​イエス​は,現在​の​事物​の​体制​の​終結​が「戦争​の​こと​や​戦争​の​知らせ」に​よっ​て​特徴​づけ​られる​こと​を​預言​し​まし​た。(マルコ 13:7,8)そう​し​た​事柄​が​ますます​顕著​に​なっ​て​いる​事実​を​だれ​が​否定​できる​でしょ​う​か。それ​が​現状​です​から,国家​間​の​平和​の​ため​の​企て​が​しばしば​徒労​に​終わる​と​し​て​も​驚く​に​は​当たら​ない​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

さらに,次​の​事実​も​考え​て​ください。外交​官​たち​は​衝突​を​回避​し​よう​と​尽力​する​か​も​しれ​ませ​ん​が,それぞれ​の​外交​官​の​主​な​目的​は​自国​の​利益​を​図る​こと​です。それ​が​政治​的​外交​の​鉄則​です。では,クリスチャン​は​その​よう​な​問題​に​関与​す​べき​でしょ​う​か。

世界​の​外交​官​たち​に​は,その​動機​は​どう​あれ,恒久​的​な​解決​策​を​生み出す​能力​も​力量​も​ない

クリスチャン​と​外交

聖書​は,「高貴​な​者​に​も,地​の​人​の​子​に​も​信頼​を​置い​て​は​なら​ない。彼ら​に​救い​は​ない」と​忠告​し​て​い​ます。(詩編 146:3)これ​は​つまり,世界​の​外交​官​たち​に​は,その​動機​は​どう​あれ,恒久​的​な​解決​策​を​生み出す​能力​も​力量​も​ない​と​いう​こと​です。

イエス​は,ポンテオ​・​ピラト​の​前​で​審理​を​受け​て​い​た​時,こう​述べ​まし​た。「わたし​の​王国​は​この​世​の​もの​で​は​あり​ませ​ん。わたし​の​王国​が​この​世​の​もの​で​あっ​た​なら,わたし​に​付き添う​者​たち​は,わたし​を​ユダヤ​人​たち​に​渡さ​ない​よう​に​と​戦っ​た​こと​でしょ​う。しかし​実際​の​ところ,わたし​の​王国​は​その​よう​な​ところ​から​の​もの​で​は​あり​ませ​ん」。(ヨハネ 18:36)平和​の​ため​の​積極​的​な​行動​は,国家​主義​的​な​憎しみ​や​政治​的​利己​主義​に​よっ​て​しばしば​阻ま​れ​て​い​ます。この​よう​な​わけ​で,真​の​クリスチャン​は,この​世​の​紛争​や​外交​努力​に​かかわり​ませ​ん。

それ​は,クリスチャン​が​世界​情勢​に​無​関心​だ​と​いう​こと​でしょ​う​か。人間​の​苦しみ​に​対し​て​鈍感​で​ある​と​いう​意味​でしょ​う​か。いいえ。それ​どころ​か​聖書​は,神​の​真​の​崇拝​者​たち​を,周囲​で​生じる​悪い​事柄​の​ため​に「嘆息​し,うめい​て​いる」人々​と​し​て​描い​て​い​ます。(エゼキエル 9:4)クリスチャン​は​ひたすら,約束​どおり​平和​を​もたらし​て​くださる​神​に​頼っ​て​い​ます。あなた​の​考える​平和​と​は,戦争​が​なくなる​こと​でしょ​う​か。神​の​王国​は,間違い​なく​その​こと​を​成し遂げ​ます。(詩編 46:8,9)しかし​それ​だけ​で​は​なく,全地​の​住民​の​完全​な​安全​と​幸福​も​保障​し​ます。(ミカ 4:3,4。啓示 21:3,4)その​よう​な​より​高度​な​平和​は,外交​や​人間​の“平和​維持”組織​の​努力​で​は​決して​実現​さ​せる​こと​が​でき​ませ​ん。

聖書​預言​と​過去​の​経験​から​明らか​な​よう​に,平和​実現​の​ため​の​人間​に​よる​外交​に​期待​し​て​も,失望​する​結果​に​終わる​だけ​です。イエス​・​キリスト​に​平和​の​望み​を​置い​て​神​の​王国​を​支持​する​人々​は,願っ​て​い​た​真​の​平和​が​実現​する​の​を​見る​こと​が​でき​ます。さらに,その​平和​を​永遠​に​わたり​享受​する​こと​も​できる​の​です。―詩編 37:11,29