「求め​つづけ​なさい。そう​すれ​ば​与え​られ​ます。探し​つづけ​なさい。そう​すれ​ば​見いだせ​ます。たたき​つづけ​なさい。そう​すれ​ば​開か​れ​ます。だれ​で​も​求め​て​いる​者​は​受け,探し​て​いる​者​は​見いだし,また​だれ​で​も​たたい​て​いる​者​に​は​開か​れる​の​です」。―ルカ 11:9,10

多く​の​クリスチャン​は,上​に​引用​さ​れ​て​いる​イエス​・​キリスト​の​言葉​に​対する​全幅​の​信頼​を​表わし,神​が​愛​や​気遣い​を​示し​て​くださる​と​いう​確信​の​うち​に,自分​の​問題​や​心配事​に​つい​て​祈り​の​うち​に​神​に​導き​を​仰ぎ​ます。しかし,自分​の​祈り​が​聞き届け​られる​の​を​待つ​間,いらだち​を​感じる​人​も​い​ます。あなた​は,自分​の​祈り​が​無駄​だ​と​思い​ます​か。あなた​が​祈る​とき,神​は​耳​を​傾け​て​くださる​でしょ​う​か。

自分​の​祈り​が​聞き届け​られ​て​い​ない​よう​に​思え​て​も,神​が​その​祈り​を​聞い​て​おら​れ​ない​わけ​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は​こう​保証​し​て​い​ます。「エホバ​の​目​は​義​に​かなっ​た​者​たち​の​上​に​あり,その​耳​は​彼ら​の​祈願​に​向け​られる」。(ペテロ​第​一 3:12)それで,エホバ​神​は,声​に​出し​た​祈り​で​あれ,心​の​中​で​ささげ​た​祈り​で​あれ,義​に​かなっ​た​人​たち​の​祈り​を​聞い​て​ください​ます。(エレミヤ 17:10)また​エホバ​は,祈っ​て​いる​人​が​たとえ​十分​に​理解​し​て​い​なく​て​も,あるいは​気づい​て​い​なく​て​も,一つ​一つ​の​祈り​に​秘め​られ​て​いる​考え​や​感情​を​お調べ​に​なり​ます。―ローマ 8:26,27

と​は​いえ,祈り​が​神​に​受け入れ​られる​ため​に​は,幾つ​か​の​条件​に​かなっ​て​い​なけれ​ば​なり​ませ​ん。第​一​に,祈り​は​神​に​のみ​ささげる​もの​で,イエス​や“聖人”や​偶像​に​ささげ​て​は​なり​ませ​ん。(出エジプト​記 20:4,5)また,神​の​み子​イエス​・​キリスト​の​名​に​よっ​て​ささげ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ヨハネ 14:6)これ​は,わたしたち​の​祈り​を​まず​イエス​が​聞き,イエス​が​その​内容​を​神​に​伝える​と​いう​意味​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,わたしたち​は​イエス​の​名​に​よっ​て​エホバ​ に​祈る​こと​に​より,自分​が​キリスト​の​弟子​で​ある​こと​を​示し,自分​が​神​に​近づける​の​は​ひとえ​に​キリスト​の​贖い​に​よる​と​いう​こと​を​認める​の​です。―ヘブライ 4:14‐16

祈り​は​信仰​の​うち​に​ささげ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。使徒​パウロ​は​こう​指摘​し​まし​た。「信仰​が​なけれ​ば,神​を​十分​に​喜ばせる​こと​は​でき​ませ​ん。神​に​近づく​者​は,神​が​おら​れる​こと,また,ご自分​を​切​に​求める​者​に​報い​て​くださる​こと​を​信じ​なけれ​ば​なら​ない​から​です」。(ヘブライ 11:6)自分​が​この​よう​な​信仰​を​持っ​て​いる​か​どう​か,どう​し​たら​分かる​の​でしょ​う​か。聖書​の​筆者​で​ある​ヤコブ​は,「わたし​は​自分​の​信仰​を​自分​の​業​に​よっ​て​あなた​に​見せ​て​あげ​ましょ​う」と​答え​まし​た。(ヤコブ 2:18)確か​に,信仰​は​行動​を​起こさ​せ,次い​で​その​行動​は,わたしたち​が​神​を​愛し,神​を​喜ばせ​よう​と​し​て​いる​こと​を​明らか​に​し​ます。

また,神​を​崇拝​する​人​は​粘り強く​祈ら​ね​ば​なり​ませ​ん。イエス​は,この​記事​の​冒頭​で​引用​し​た​ルカ 11​章​9,10​節​で,この​点​を​明らか​に​し​まし​た。結局​の​ところ,ある​こと​に​つい​て​たっ​た​一度​祈っ​た​だけ​で,その​人​は​その​こと​を​心​から​真剣​に​願っ​て​いる​と​言える​でしょ​う​か。

神​が​約束​し​て​いる​事柄

わたしたち​が​どれ​ほど​しきり​に,また​切​に​祈っ​た​と​し​て​も,今​が「対処​し​にくい​危機​の​時代」で​ある​こと​に​変わり​あり​ませ​ん。(テモテ​第​二 3:1)イエス​は,ご自分​の​追随​者​が​幸福​に​なる​と​確か​に​言わ​れ​まし​た​が,生活​から​問題​が​なくなる​と​は​言わ​れ​ませ​ん​でし​た。(マタイ 5:3‐11)イエス​が​言わ​れ​た​の​は,嘆き,飢え,渇き,迫害​が​あっ​て​も,弟子​たち​は​幸福​に​なれる​と​いう​こと​でし​た。

イエス​が​語ら​れ​た​幸福​と​は,理想​的​な​環境​に​依存​する​もの​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,神​に​仕える​こと​に​よっ​て​得​られる​内面​的​な​満足​感​です。したがって​騒然​と​し​た​さなか​で​も,ある​程度​の​幸福​は​得​られ​ます。―コリント​第​二 12:7‐10

個人​的​な​問題​に​対処​する

それ​で​は,ふさわしい​結婚​相手​を​見つけ​たり,家族​や​健康​や​雇用​の​問題​に​対処​し​たり​と​いっ​た​個人​的​な​事柄​に​つい​て​神​に​祈る​の​は,無駄​な​こと​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。神​は,わたしたち​の​生活​の​状況​を​奇跡​的​に​変える​と​約束​し​て​は​おら​れ​ませ​ん​が,問題​に​対処​する​知恵​を​与え​て​くださる​から​です。ヤコブ​は​試み​と​なる​事柄​に​関し​て​こう​記し​て​い​ます。「あなた方​の​中​に​知恵​の​欠け​た​人​が​いる​なら,その​人​は​神​に​求め​つづけ​なさい。神​は​すべて​の​人​に​寛大​に,また​とがめる​こと​なく​与え​て​くださる​の​です。その​よう​に​すれ​ば,それ​は​与え​られ​ます」。(ヤコブ 1:5)それ​で​エホバ​は,聖霊​を​通し​て​わたしたち​を​導い​て​ください​ます。つまり,物事​の​決定​に​際し​て,わたしたち​が​聖書​の​原則​を​理解​し​適用​する​よう​助け​て​くださる​の​です。

もちろん,神​の​霊​が​わたしたち​に​代わっ​て​決定​する​わけ​で​は​あり​ませ​ん。そう​で​は​なく,各人​の​努力​が​求め​られ​ます。例えば,何​か​の​問題​に​直面​し​た​とき,わたしたち​は​その​問題​に​つい​て​調査​し,その​状況​に​かかわる​さまざま​な​側面​や​要素​を​検討​し​て​き​た​でしょ​う​か。これ​は​一つ​の​業​で​あり,それ​に​よっ​て​わたしたち​は,信仰​が​ある​こと​を​神​に​示す​の​です。(ヤコブ 2:18)わたしたち​は​粘り強く​自分​の​問題​の​解決​を​図っ​て,絶え​ず​神​の​導き​を​求め​て​き​た​でしょ​う​か。(マタイ 7:7,8)その​状況​に​当てはまる​聖書​の​原則​を​注意深く​調べ​た​でしょ​う​か。神​の​言葉​に​より,わたしたち​は「十分​な​能力​を​備え,あらゆる​良い​業​に​対し​て​全く​整え​られ​た​者」と​なれる​の​です。―テモテ​第​二 3:16,17

神​は​確か​に,人間​の​事態​に​介入​し,わたしたち​の​問題​すべて​を​取り除く​こと​も​でき​ます​が,わたしたち​が​自分​の​自由​意志​を​表明​する​よう​に​し​て​こら​れ​まし​た。残念​な​こと​に,自分​の​自由​意志​を​用い​て​他​の​人​を​害する​人​も​少なく​あり​ませ​ん。したがって,わたしたち​が​祈る​問題​の​幾らか​は,神​の​新しい​世​が​来る​まで​なくなら​ない​か​も​しれ​ませ​ん。(使徒 17:30,31)その​問題​と​は,犯罪​や​明白​な​戦争​行為​など,わたしたち​が​生活​する​地域​に​存在​する​状況​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは​反対​者​が​もたらす​苦難​に​耐える​と​いう​問題​か​も​しれ​ませ​ん。(ペテロ​第​一 4:4)今日​の​不​敬虔​な​世界​で​は,状況​が​改善​さ​れ​ない​場合​も​ある​こと​を​知っ​て​おか​ね​ば​なり​ませ​ん。

それでも​神​は,ご自分​を​崇拝​する​人​たち​を​愛し​て​おら​れ,助け​たい​と​願っ​て​おら​れ​ます。神​の​王国​が​比類​の​ない​支配​権​を​全地​に​行使​する​とき,神​は​この​世​の​恐ろしい​諸​問題​を​完全​に​取り除か​れ​ます。(啓示 21:3,4)その​とき​まで,人生​の​諸​問題​に​対処​する​ため​の​導き​を​神​に​粘り強く​求め​て​ゆき​たい​もの​です。そう​する​なら,エホバ​が,聖書​の​イザヤ 41​章​10​節​に​ある​次​の​約束​を​果たして​くださる​と​いう​確信​を​抱け​ます。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する。わたし​は​あなた​を​本当​に​助ける。わたし​は​わたし​の​義​の​右手​で​あなた​を​本当​に​しっかり​と​とらえ​て​おく」。