内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2002年6月

 聖書見方

クリスチャンが他の人に伝道するのは正しいことですか

クリスチャンが他の人に伝道するのは正しいことですか

あなたは,受け教育ゆえに,あるいは文化背景ゆえに,宗教こと家庭教会以外場所話すものない,とお考えしれません。そうあれば,聖書前触れなくやっ来ると,気分害されるしれません。また,あるたち宗教上,魂救済口実暴力行為なさゆえに,そのよう見方するようなりました。

多く歴史は,キリスト対するなく,鋭いよっ集団転向行なわこと伝えます。迫害宗教転向するより,むしろ隠したり,家故国離れたり,さらに失ったり少なくありませでした。中は,火あぶりされます。

霊感もと記さ聖書は,そのよう転向強制する行為支持ません。では,自分信仰伝えること禁じられいるでしょか。聖書自体それ答えます。

権威ある教え

まず,イエスキリスト示し模範考慮ましょう。イエス聞き手生活影響与える教師でした。(ヨハネ 13:13,15)山上垂訓あるイエス教えは,簡潔ながら説得あるものでした。その効果ついこう記さます。「[イエス聴い人々は,]その教え方驚き入った。権威あるよう教えおられ……たかある」。(マタイ 7:28,29)約2,000たっも,その教え調べる人々生活影響及ぼします。ハンスディータベッツ教授同じ見方し,「山上垂訓及ぼす影響は,全般て,ユダヤキリストを,さらに西欧文化はるか超えいる」と述べました。

イエスは,天昇る直前一つ命令お与えなりました。その命令は,イエス始め教えるイエス死後続くだけなく,繁栄すること保証するものでした。(ヨハネ 14:12)イエス指示よれば,弟子たちすべて人々ところ行き,イエス命令た「事柄すべて守り行なうように[人々を]教え(る)」ことなっました。同じ陳述イエスは,『それゆえ,行って,弟子なさい』と述べ,この割り当て主要目的明確されました。―マタイ 28:19,20。使徒 1:8

使徒パウロ手本考慮ください。パウロは,自らキリスト転向後,自分新た見いだし信仰伝えることためらいませでした。(使徒 9:17‐19,22)パウロ習慣は,会堂し,「キリスト苦しみ受け,そして死人からよみがえること必要あっことを……関連事柄挙げて」証明することでした。「ユダヤギリシャ説得する」ために,巧みに「彼ら聖書から論じ」ました。ある権威 よると,「説得する」と訳さいるギリシャ言葉は,「理性道義訴え思い変化せる」という意味あります。説得あるパウロ論議は,「かなり多く人々説き付け違っ意見抱かせ(る)」という結果もたらしました。―使徒 15:3; 17:1‐4,17; 18:4; 19:26

強要もしくは説得―どちら使う

現代は,ある宗教から宗教強制転向せるいう意味で,「改宗活動」という用いられます。聖書そのよう行為支持ません。むしろ,聖書教えよれば,人自分生き方決定する権利責任持つ,倫理自由行為創造ました。神崇拝仕方決定することその一つです。―申命記 30:19,20。ヨシュア 24:15

イエスは,神人間お与えなっこの権利尊重ました。自分語ることを,畏怖抱かせる権威用い強制に,あるいは力ずく受け入れさせること決してありませでした。(ヨハネ 6:66‐69)根拠ある論じ方例え,見解尋ねる質問用い聞き手動かしましが,それらすべては,人々達するいう目的行なわました。(マタイ 13:34; 22:41‐46。ルカ 10:36)イエスは,弟子たち同様尊重すること教えました。―マタイ 10:14

パウロイエス宣教奉仕手本こと明らかです。パウロは,聖書根拠ある論じ方用い聞き手説得ましが,同時感情見解尊重ました。(使徒 17:22,23,32)創造積極仕えるようわたしたち動かすものは,神キリスト対するなけれならないこと理解です。(ヨハネ 3:16; 21:15‐17)ですから,決定一人一人するです。

一人一人決定

道理わきまえは,どんな購入するか,どこ働くか,どのよう子ども育てるいっ人生重要決定を,単なる思いつき行ないません。いろいろ可能調べ,分かっことよく考え,恐らくアドバイス求めるでしょう。それら考慮入れからなけれ決定ないでしょう。

どのよう崇拝する決定することは,人生どんな決定より時間努力費やすだけ価値あります。それは,今生き方,そしてさらに重要ことて,将来とこしえ見込み影響ます。1世紀ベレアクリスチャンこのことはっきり理解ました。これらクリスチャンは,使徒パウロから良いたよりつい個人説明もらいましが,引き続き聖書毎日注意深く調べ,学んこと真実あるどう確かめようました。その結果,「多く信者なり」ました。―使徒 17:11,12

今日エホバ証人は,人々教え弟子するいう,イエス取り決め続けます。(マタイ 24:14)エホバ証人は,人々与えられいる,自分宗教持つ権利尊重ます。しかし,自分たち信仰伝えるは,聖書示さいる倣います。確かエホバ証人は,命救う考える活動携わるに,聖書から誠実論じるいう方法用いいるです。―ヨハネ 17:3。テモテ一 4:16

もっと調べる

神からの良い知らせ

真の崇拝を行なう人々をどのように見分けられますか

真の宗教は一つだけですか。真の崇拝を行なう人々を見分けるのに役立つ5つの特徴を取り上げます。

よくある質問

エホバの証人の中に宣教者はいますか

だれが宣教を行なっていますか。なぜですか。宣教者として特別な訓練を受ける人はいますか。