アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1993-10-08

お子さんが虐待を受けているなら

お子さんが虐待を受けているなら

虐待食い止めるは,虐待識別できなけれなりません。虐待扱っ数多くで,専門虐待物語る徴候幾つ挙げ注意呼びかけます。例えば,排尿排便痛み訴える,性器感染かかる,性器擦り傷などある,突然夜尿なる,食欲減退など摂食障害起こす,性的ませた振る舞いする,家特定場所学校など突如怖がるようなる,時々パニック状態陥る,服脱ぐこと極度恐れる,知り合い一緒だけいること恐れる,自分傷つけるなどです。

もちろん,早合点ないよう注意ください。たいてい場合,そのよう症状られいうだけは,子供実際性的虐待受けいる言えません。それぞれ症状は,ほか問題あること示しいるしれません。しかし,気なる症状表われいるなら,優しく切り出しください。このよう言えるしれません。「だれ触らいや気持ちなるようことあったら,いつごらん。できること守っあげるから。そういうことこれまでなかった?」―箴言 20:5

性的虐待受け子供から打ち明けられると,あなたきっと打ちのめさよう気持ちなるでしょう。それでも,親反応子供立ち直り大きな影響与えること忘れなりません。お子さん背負いきれないほど重荷負っおり,大人あるあなた全力尽くし下ろしくれる必要ます。起き事柄話し勇気褒めあげましょう。最善尽くし守っあげるつもりあること,虐待責任虐待ありそのないこと,そのが“悪い”のないこと,あなたその愛しいること繰り返し安心ください。

法律専門は,直ちに当局虐待届け出るよう勧めるます。国よっは,そうすること法律よっ義務づけられます。しかし,起訴うまくゆくこと法律制度期待できそうないあります。

では,愛する配偶虐待ある場合どうでしょか。残念ことに,多く女性断固行動取りません。確かに,配偶児童虐待あるいう忌まわしい現実直視する容易ことありません。感情経済依存関係がんじがらめなっいる場合あります。妻は,行動取れ家族仕事評判失いかねないこと気づくしれません。 * しかし,夫自分まいもの刈り取っいるだけしれないいう動かしがたい現実です。(ガラテア 6:7)一方,無実子供信じもらえなかったり保護もらえなかったりすると,もっと多くもの失いかねません。子供将来全体危険さらさいるです。子供大人持っいるよう対応手段ありません。傷跡残り,子供一生歪めしまうおそれあります。子供こそ優しく接する必要あり,そうしかるべきです。―創世記 33:13,14比較ください。

ですから子供守るため,道理かなっあらゆる努力払わなけれならないです。責任自覚いる多くは,虐待受け子供ため専門援助求めることます。医師診察受ける場合同様,どんな専門もらうも,あなた宗教見解尊重もらえること確認ください。 *絶えそそぎ,お子さん打ち砕か自尊回復できるよう助けあげください。

^ 6節 虐待現に問題抱えおり,援助切実必要ます。たとえ後悔いる言っも,妻は,「被害遭っ明らかするどうして自分から告白なかっか」と考えることできるでしょう。

^ 7節 例えば,エホバ証人輸血関係する問題直面場合,医師自分たち宗教信条尊重くれること確認ます。