内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1993-10-08

お子さんは危険にさらされています!

お子さんは危険にさらされています!

子供対する性的いたずらは,今日病める世界醜い現実です。リアーズよると,「ガンよりも,心臓よりも,エイズより多く影響及ぼして」います。したがって本誌は,その危険対策つい読者注意喚起する責務ある感じます。―エゼキエル 3:17‐21; ローマ 13:11‐13比較ください。

近年,世界至る所で,子供対する性的いたずらめぐる叫び声上がっます。しかし,メディア注意専ら,子供虐待こと公表する著名向けられるため,間違っ考え広まっしまいました。ある人々は,子供対する暴行これほど話題なっいるは,最近流行すぎない考えます。しかし実際は,そう性的暴行始まっことありません。人類ほぼ同じほど古い歴史持っいるです。

から問題

4,000ほどことですが,ソドムゴモラ堕落ぶり有名でした。その地域行なわ数々道徳行為小児性愛含まようです。創世記 194は,性狂っソドム暴徒たちが「少年から年寄りまで」,ロト男性レイプようことつい述べます。考えください。ほんの少年男性レイプすること考え興奮なぜでしょか。明らかに,少年たちすでに同性倒錯行為経験です。

世紀後,イスラエル国民カナン移住ました。その近親相姦,同性愛,獣姦,売春,さらに悪霊神々幼い子供いけにえささげる儀式盛ん行なわため,モーセ律法それら堕落行為すべてはっきり禁止なけれなりませでした。(レビ記 18:6,21‐23; 19:29。エレミヤ 32:35)神から警告かかわらず,一部支配はじめ,反抗イスラエルこう卑しむべき習慣取り入れました。―詩編 106:35‐38

しかしこのつい言えば,古代ギリシャローマイスラエルよりはるかひどい状態ありました。どちら幼児殺し普通行なわました。ギリシャは,年長男性幼い少年関係持ついう習慣広く受け入れられました。古代ギリシャどの都市も,少年売春宿繁盛ました。ローマ帝国は,児童売春あまりに広まっで,その商売ため特別税金休日定められました。円形闘技は,少女たち強姦れ,獣姦強制ました。同様残虐行為は,古代多く国々広く行なわました。

今日どうでしょか。文明十分進んで,そうおぞましい性行為はびこらない言える でしょか。聖書研究いる人々決してそう考えません。というのは,使徒パウロ時代特徴ついて「対処にくい危機時代」と述べことよく知っいるからです。パウロは,見さかいない自己愛,快楽対する愛,実家族対する崩壊など現代社会むしばむこと詳述し,さらに「邪悪かたり働くいよいよ進(む)でしょう」と述べました。(テモテ二 3:1‐5,13。啓示 12:7‐12)子供対する性的いたずら加害たいてい『邪悪かたり働く者』です。その事態悪化いるでしょか。

要する問題

子供対する性的暴行多く場合,闇から葬らます。そのため,届け出最も少ない犯罪ない言わいるほどです。それでも,この犯罪確かに,過去数十わたっ増え続けました。米国ロサンゼルスタイムズこの問題関する調査行なっところ,女性27%,男性16子供性的虐待受けこと分かりました。これショッキング数字ですが,米国関する綿密推定それより相当高くなっます。

マレーシアは,子供対する性的いたずら届け件数過去104増えました。タイは,ある調査対象なっ男性75子供買春行なっいること認めます。ドイツ当局は,毎年30万子供性的虐待受けいるものます。南アフリカケープタイムズよると,この暴行届け件数は,過去3175増加ました。オランダカナダ研究たちは,女性全体31子供性的虐待受けこと突き止めました。フィンランドは,第9生(15または16歳)の女子18男子7が,5以上年上性的接触持っことある報告ます。

様々で,サディスティック儀式拷問行なっ子供虐待する教団関する不穏報告明るみます。多く場合,そう犯罪犠牲なっ届け出るは,同情示される代わりに,疑い向けられます。

ですから,子供対する性的いたずらは,今始まっものなければ,例外ものなく,昔から問題あり,現在流行ようなっます。性的いたずら破壊影響及ぼしかねません。かつて犠牲なっ多くは,自分価値ないいう根深い感情自尊低下悩まさます。この分野専門たちは,近親相姦犠牲なっ少女現われる一般影響て,家出,麻薬アルコール乱用,うつ病,自殺未遂,非行,乱交,睡眠障害,学習障害など挙げます。長期及ぶ影響は,育児下手,不感症,男性不信,小児性愛結婚,レスビアン,売春,子供性的いたずら加害なること含まます。

これら影響犠牲必ず現われるわけなく,過去受け性的暴行だけ理由自分悪行言い訳できるわけありません。虐待からいって,犠牲道徳非行犯すよう運命づけられることなく,後人生選択する事柄つい個人責任全くなくなることありません。しかし,犠牲経験するこう一般結果確か危険です。それゆえにこそ,「どうすれ子供性的いたずらから守れるだろか」という質問緊急増します。