内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  1993-10-08

広く浸透している間違った考え

広く浸透している間違った考え

間違っ考え: 児童虐待たいてい見知ら人,子供誘拐力ずく虐待する,社会からはじき出さ異常ある。

子供信頼いる知り合い虐待ある場合多数占め,その割合85から90推測れることあります。虐待多くは,力ずくいうより,むしろ子供経験不足判断なさ付け込み,徐々子供操っ性的行動引き込みます。(コリント一 13:11および箴言 22:15比較ください。)これら虐待は,舌なめずりする内向人物いう固定観念該当ません。とても信心深く,尊敬て,地域人望あるいう場合少なくないです。米国連邦捜査よれば,「好ましいから,教会通っいるから,働き者から,動物好きからなど理由だけで,その小児性愛ない考える愚かこと」です。最近行なわある調査結果からすると,虐待必ず男性あるか,犠牲必ず女性あるいっ考え間違いです。

間違っ考え: 子供性的虐待つい空想たりうそついたりする。

普通状況は,子供虐待いうはっきり主張でっち上げられるほどつい経験なく,ませません。もっとも,幼い子供場合,詳細つい考え混乱しまうしれません。しかし,極めて懐疑研究さえ,虐待あっいう主張ほとんど根拠あること認めます。一例て,「性的虐待対する病的反応―セーレム魔女裁判再来」というは,虐待関する虚偽訴え焦点合わせます。 * そして,「子供対する正真正銘性的虐待まん延いる。そして子供対する性的虐待関する申し立て多数(多分95以上)には……恐らく十分根拠ある思われる」と認めます。子供は,虐待届け出ること大きな困難覚えます。もし虐待ついうそつくも,実際虐待かかわらず,その事実否定するいううそほとんどです。

間違っ考え: 子供ほう誘惑し,多く場合その振る舞いせい虐待招いいる。

これ特に歪ん考え方です。なぜなら,事実上,虐待れる犠牲悪いいることなるからです。子供性行為関するしっかり概念持っません。そう行為意味するか,それよっ自分起きる知りません。したがって,子供本当納得性行為合意する能力全くありません。虐待責め負うべき虐待あり,それ以外何者ありません。―ルカ 11:11,12比較ください。

間違っ考え: 虐待こと子供打ち明けなら,親は,そうことないよう,また“済んこと忘れる”よう子供言い聞かせるべきだ。

子供虐待つい沈黙守るとき最もするだれでしょか。ほかなら虐待ありませか。実際,調査示すところよれば,感情抑え事実否定することは,虐待よる痛手対処する最も効果小さい方法です。成人虐待経験対象英国調査九つ対処用いられましが,問題否定し,避け,押し隠し人々ほうが,大人生活重度感情適応苦悩経験ました。あなたよだつ暴行受け場合,そのこと話さないよう言わたいですか。では,どうしてそのようこと子供言っよいでしょか。そう恐ろしい出来事対して,悲しみ,怒り,嘆きなど普通反応させもらえるなら,子供なんとか虐待から立ち直るきっかけられるでしょう。

^ 5節 例えば,離婚訴訟おいて,係争大人児童虐待告発武器用いる場合あります。