内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1993-05-22

命―大切にすべき贈り物

命―大切にすべき贈り物

エホバ人間家族出産いう特権お授けなっとき,それ本当すばらしい贈り物でした。生まくるかわいい赤ちゃんは,誕生待ちわび幸福両親抱かれるです。両親互い愛し合っおり,二この小さな結晶大切世話し,育てる用意できます。子供生まれ出るとき,家族待ち受けいる喜びだけです。

しかし,アダムエバ犯しため,人間赤ちゃん悲惨結果生じました。罪犯し結果,最初母親出産際し苦悩苦痛味わうことなりました。また,生ま子孫取り巻く罪深い環境ため,子育て大変難しいものなりました。したがって,今日複雑世界は,妊娠喜ばないことよくある不思議ありません。しかし,創造胎児どのようご覧なるでしょか。神見方道徳風潮変化変わっでしょか。そのようこともちろんありません。世界胎児対する見方配慮いつも変わりません。

聖書は,母体かけがえない人間成長いること明らかます。命受精時点始まります。世生まれ出るいうことは,神すでにご覧なっ赤ちゃん姿現わすことすぎないです。エゼキエルは「胎開くすべて子供」と述べます。(エゼキエル 20:26)ヨブは「わたし戸」という表現用い,流産を「光なかっ子供たち」と呼んます。―ヨブ 3:10,16

子宮育っいる小さな対するエホバ優しい気遣い注目ください。神エレミヤこのよう言わました。「わたしは,あなたうち形造っいるからあなた知っおり,あなた出るからあなた神聖ものた」。(エレミヤ 1:5)ダビデこう言いました。 「わたしひそか造らとき,わたし最も低い織り成さとき,わたしあなたから隠さませでした。あなた胎児ときわたしご覧なりました」。(詩編 139:15,16)ヨブを「わたし造ら方」,「胎内わたしたち整えられた」方呼んます。―ヨブ 31:15

では,子供欲しくない妊娠困り果ている女性どのよう気遣われるでしょか。親なること責任重大創造以上理解いるません。難しい境遇あっも,妊婦ご要求尊重赤ちゃん産むことするなら,神その決定祝福れるないでしょか。親子供育て幸福するため助け祈り求めることできますし,またそうべきです。神子育てつい最良助言を,すでにみ言葉与えおらます。聖書原則家庭生活当てはめるなら,良い結果生まます。立派子供育て上げならだれ述べるとおり,子供たち敬虔人間育て上げる喜び報いは,そのため払うどんな犠牲補っ余りあります。

レイプ近親相姦妊娠場合赤ちゃんついエホバ違っ見方されるでしょか。母親対するそう行為犯罪ですが,赤ちゃん責任ありません。胎児絶つことは,暴行対し暴行対抗いることなるだけです。エホバ犠牲経験する感情痛手確か理解おられ,母親子供平衡保ちながらそのこと対処できるよう助けることおできなります。

出産時期までそのままおく母親危険なる医師告げられ場合どうでしょか。アラングートマッハー医師よう述べます。「今は,ほとんどどんな患者妊娠期間生き延びること可能ある。母親ガン白血など致命病気かかっいる場合あるが,そのよう場合中絶延命期待できず,まして救うことできない」。アメリカーナ百科事典こう書かます。「重い病気抱えほとんど女性無事妊娠期間過ごすことできるで,母親健康守るため中絶手術まず必要ない。ほとんど中絶子供持たないようするため行なわいる」。ですから,そのよう状況極めてまれしか起きません。しかし,そのよう状況出産時点起き場合は,親母親子供どちら取る選ばなけれなりません。それ決定べき問題です。

創造わたしたち生殖能力用い方つい明確指針設けおられるも,それ驚くべきことでしょか。神は,世話するなく生み出すことは,命奪うこと同様です。

確かに,論争この体制終わるまで続くことでしょう。しかし,命創造あるエホバと,神律法大切守る人々とって,これ全く問題なりません。命貴重ものあり,まさに最初から大切育てるべき贈り物です。