アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1993-05-22

中絶論争のジレンマ―6,000万の命を奪うことが解決策になるか

中絶論争のジレンマ―6,000万の命を奪うことが解決策になるか

戸惑い恐れ浮かべ15少女は,愛想つかし去っ行くボーイフレンド姿見つめます。彼は,妊娠するなんて馬鹿やつ,と言い残し行きました。二愛し合っいるもの少女思っです。

6子供妊娠いること気づいある女性途方暮れます。夫失業で,幼い子供たち毎晩おなかすかまま就きます。このもうどうして養っゆけるでしょか。

「よりよっこんな妊娠するなんて」と,きれい服装女性医師言います。この女性やっと技師資格取得て,新しい仕事始めよういるところです。夫弁護仕事没頭ます。赤ちゃん世話する時間どこあるでしょか。

この3生活様式全くなり,違っ問題直面ますが,3同じ解決法,つまり中絶選びます。

中絶90年代最も議論呼ぶ問題一つあり,政治,社会,医学,神学など分野激しい論争巻き起こします。米国は,生命尊重胎児権利擁護抗議運動行ないます。選択優先は,自由女性決定いう法的根拠基づい主張ます。擁護運動自由戦士選挙法廷教会で,時路上争っます。

大勢この綱引き巻き込まれ,両者熱烈主張板ばさみなっます。“選択優先<プロチョイス>”とか“生命尊重<プロライフ>”といっ表現そのものも,まだ立場決めかねいる人々共感誘うため念入り選ば言葉です。自由あるよう崇拝れるこの時代に,自由選択好まないいるでしょか。しかし同時に,命尊重ないいるでしょか。選択優先ハンガー振りかざして,危険伴う違法中絶行なう抑圧女性印象表現ます。生命尊重中絶胎児入っ巧み用いて,何千万胎児死んいるいう恐ろしい現実思い起こさようます。

もたらすこの悲劇全容を,ローレンスHトライブ著書「妊娠中絶: 絶対不動道徳同士衝突」はよう適切表現ます。「胎児確か人間あること容易思い描くことでき,それ重要流す多くは,胎児宿しいる女性その女性陥っいる窮境ほとんど考えない。……妊婦そのからだすぐ思い描くことでき,女性自ら運命決める権利声高求める多くは,その女性体内いる胎児思い描くことほとんどなく,胎児送れしれない生活現実もの想像することない」。

このよう倫理論争激しく続いいるも,生まれる今年5,000万から6,000万,権利争奪戦場失われることでしょう。

感情からむこの問題対して,あなたどんな立場取りますか。次よう重要質問あなたならどのよう答えますか。決定する女性基本権利だろか。中絶どんな状況もと正当できるか。生命始まるいつか。 さらに,尋ねられることまれですが,究極質問て,生命出産創始創造中絶どうご覧なるか,という質問あります。

中絶長い歴史あります。古代ギリシャローマは,中絶普通行なわました。中世ルネサンスヨーロッパは,妊婦胎動感じるようなるあれば,中絶容認ました。また,性革命幾百万女性望まない妊娠するいう結果もたらしました。

1960年代女性解放運動盛り上がり見せ時期でした。その運動基本理念は,いわゆる生殖でした。ある人々は,レイプ近親相姦犠牲なっ妊娠場合や,母親健康危険さらさいる場合中絶叫び求めます。医療技術進歩て,先天欠損現われる危険胎児性別まで分かるようなりました。医師から悲観予告受け妊娠中絶することあります。40超え女性胎児奇形心配ます。

貧しい避妊入手する難しく,これ以上子供増えれ養っゆけない感じいる女性少なくありません。そのため,選択優先意味限界まで拡大解釈し,妊娠タイミング良くないか,胎児性別判明結果その欲しくないいっ理由中絶する妊婦ます。

この論争数多く投げかけられるは,生命いつ始まるいう問題です。受精細胞生きいるいうこと異論唱えるほとんどません。問題は,どんなもの生きいるいうです。受精単なる組織でしょか。それ人間でしょか。どんぐりカシ言えるでしょか。もしそうあれば,胎児人間言えるでしょか。胎児市民認められるでしょか。言葉めぐる論争限りなく続きます。一つ病院で,医師たち未熟懸命救おながら,一方同じほど成長胎児絶っいるいう皮肉ことでしょう。子宮赤ちゃん奪うこと法律認められも,赤ちゃん子宮いれそれ殺人なるです。

中絶合法最も強く叫んいるは,避妊自由利用妊娠最初から防ぐことできる,“解放た”現代思想持ち主たちです。そう人々生殖呼ばれるもの猛烈主張ますが,実際ところすでに妊娠生殖能力行使いるです。そのよう人々本当望んいるは,宿しものなかっことする権利です。どんな理由基づい正当いるでしょか。「私からだもの!」と彼女たち言います。しかし,本当そうでしょか。

母親: 「私からだもの!」

赤ちゃん: 「違うよ! 僕ものよ!」

「妊娠中絶問題―市民ためガイド」というは,妊娠12まであれば,「ゼラチン小さな組織除去やすい」と述べます。中絶を「組織小さな除去」,また「受精産物絶つこと」とみなしよいでしょか。 それとも,体裁良いこれら言葉は,不快事実聞こえ良くし,良心痛み紛らすため表現でしょか。

望まないその組織は,独自染色体持ち,成長真っ盛りある生命です。前もって書か自叙さながら,染色体形成つつある独特個人情報事細か書かます。胎児著名研究AWライリー教授こう説明ます。「生物は,どの段階おいも,胎児母親単なる付属あるいう見方賛成できない。遺伝は,母親子供受胎から別々人間ある」。

責任行動

しかし,中絶容易できるため,多く望まない妊娠防ぐ必要痛切感じません。そのようたちは,“失敗”の後始末するため安全て,中絶すること好みます。

統計よれば,今世紀入っから,人性的成熟する年齢早くなっます。つまり,出産能力持つ子供たち年齢下がっいるわけです。では子供たちは,出産いう特権伴う重い責任つい教えられいるでしょか。平均アメリカ16まで純潔失います。513まで純潔失います。既婚男女31現在不倫いる,または過去不倫ことあります。不特定関係持つ人々自分から進ん中絶するます。エイズ広がる阻止するため売春合法時折叫ばれるとき同じように,中絶合法れることよって,中絶医学ある程度安全ものなっしれませが,むしろ道徳病気蔓延せる―現にそうなっいる―温床作り出ししまう影響ほう大きかっです。

暴力不慮事態犠牲者?

興味深いことに,レイプされ妊娠すること極めてまれあるいう調査結果ます。米国ミネアポリス3,500レイプ被害対象調査は,妊娠ませでした。旧チェコスロバキア行なわ8万6,000中絶うち,レイプ原因中絶22だけでした。ですから,このよう理由中絶するは,中絶するごく一部すぎません。

施しようない先天欠損ため重症奇形生まれるだろいう恐ろしい予告される場合ついどうでしょか。兆候気づい時点すぐ中絶勧める医師ます。医師そう診断絶対確実でしょか。そのよう恐ろしい予告根拠ないものしれない証言できる少なくありません。その証拠に,それら幸福健康子供ます。また,障害みなされる子供抱えも,親喜び少し失っないます。実際米国は,胎児欠損現われるしれない言わ中絶するわずか1すぎません。

いえ,あなたこの記事読んおられるも,生まれる赤ちゃん何百死んいるです。それどこ起きいるでしょか。中絶関係する人々生活どのよう影響受けるでしょか。