アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1993-05-22

中絶の痛ましい犠牲者

中絶の痛ましい犠牲者

生まれる赤ちゃん毎年5,000万から6,000万,中絶死んゆきます。その大きさ理解できるでしょか。それは,ハワイ人口同じ人々毎週抹殺すること等しいです。

ほとんど中絶関する詳しい記録取っないで,正確数字入手する困難です。中絶制限いるまたは法律禁止いるついは,専門たち推測するしかありません。しかし,世界中絶事情おおよそようものです。

米国中絶手術は,扁桃摘出次い多く,毎年150万以上行なわます。そのうち多数―5つき4人―が未婚女性あること間違いありません。既婚女性出産回数平均中絶回数10ある対して,独身女性中絶回数出産回数2上ります。

カトリック多い中南米は,中絶関する法律世界特に厳しい地域です。しかし違法中絶絶たず,女性健康深刻脅威さらさます。例えば,昨年ブラジル女性受け中絶400万上り,そのうち合併ため治療必要なっ40万ありました。中南米は,妊婦全体うち4中絶行ないます。

大西洋向かいアフリカ大陸も,厳しい法律あります。傷負ったり死んだりすること珍しくありません。違法中絶行なう人々頼る貧しい女性たち特にそうです。

中東多く厳しい法律定められます。それでも,高い料金支払える女性たち中絶広く行なわます。

西ヨーロッパは,中絶ほとんどある程度許さます。中北欧最も解放です。英国国民医療制度は,1967中絶合法以来,中絶動向記録ました。その結果,私生誕生,性行為感染症,売春,生殖関係数多く障害増加し,それ加え中絶件数2増えいること分かりました。

ヨーロッパ情勢現在流動です。そのため中絶関する法律同様です。旧ソビエト連邦は,毎年推定1,100万中絶行なわおり,世界最も多い一つです。避妊少なく,経済状態悪いため,その地域平均女性一生うち6から9中絶ます。

ヨーロッパ全体解放路線進む傾向あります。顕著ルーマニアです。この政権は,人口増加促すため積極中絶禁止し,避妊禁じました。女性たちは,少なく4子供産むいうノルマ課さました。そのため1988までは,ルーマニア孤児院捨てられ子供あふれるようなりました。そこで,1989設立革命政府は,中絶関連これら制限撤廃ました。それ以来,4つき3赤ちゃん中絶おり,中絶割合ヨーロッパ最も高くなっます。

アジア世界中絶最も多く行なわいる地域です。一人っ子政策強制中絶進めいる中華人民共和中絶件数最も多く,毎年1,400万報告ます。日本女性たちは,小さな地蔵よだれ掛けおもちゃ供えて,中絶子供たち供養ます。避妊ピル対し一般人々大きな不安抱いいるため,中絶家族計画主要手段なっます。

 医療技術進んことで,アジア全土で,とりわけインド女性権利拡張運動とっ困っ状況生じました。羊水検査音波検査など技術利用すれば,赤ちゃん性別妊娠期間極めて早い段階分かります。東洋文化からより息子ほう重んじました。そのため,性別検査中絶容易できるは,女胎児数多く中絶され,男女出生バランス崩れます。今女権拡張運動事実上,女性胎児中絶する権利要求するいう矛盾なっます。

ほう好まれるアジアは,医師たち胎児幾千幾万中絶する

母親感じる

医療処置同様に,中絶ある程度危険痛み伴います。妊娠期間赤ちゃん安全守るため子宮入り口,つまり子宮頸固く閉じます。拡張用いたり器具挿入たりするに,痛み外傷伴うことあります。吸引中絶30ぐらい終わり,術中軽い痛みまたは激しい痛み感じたり,けいれん起こしたりする女性ます。食塩注入流産誘発する方法あります。分娩促進プロスタグランディン使われることあります。子宮収縮時間から続くことあり,痛み感情消耗伴う場合あります。

中絶直後現われる合併は,出血,子宮頸損傷あるいは裂傷,子宮穿孔,血液凝固,麻酔よる反応,けいれん,発熱,悪寒,嘔吐などあります。胎児胎盤一部子宮残っいると,感染かかる危険特に大きくなります。中絶完全ないことよくあります。その場合は,後残っ腐敗ゆく組織取り除く手術,場合よっ子宮そのもの摘出する手術必要なるしれません。米国,英国,旧チェコスロバキア政府行なっ調査は,妊娠中絶するその後,不妊,子宮妊娠,流産,早産,先天欠損など増加する可能非常高くなること示唆ます。

米国公衆衛生長官Cエベレットクープは,「中絶行なっものの,子供産めないなっ子供欲しくたまらないいう女性感情現われる反応罪悪関する研究」はだれ行なっことない,と述べました。

律法敬意払うゆえに純潔保つ貞潔若いクリスチャンたち調査対象含めいれば,これら若いクリスチャンほうより健全人間関係,より強い自尊心,長続きする安心持っいるいう結果ことでしょう。

 胎児感じる

母親子宮暖かく安らか心地よく過ごし胎児は,突然攻撃受け奪われるどう感じるでしょか。わたしたち想像することしかできません。胎児から直接聞くことできないからです。

中絶たいてい妊娠から12以内行なわます。このころまでは,小さな胎児呼吸たり飲み込んだりする練習おり,心臓拍動ます。小さな丸めたり,指握り締めたり,水中とんぼ返りたりすることできます。そして,痛み感じるです。

多く胎児子宮からもぎ取られ,鋭い付い吸引吸い取らます。この方法真空吸引呼ばます。強力吸引力(家庭掃除29倍)で小さなばらばら引き裂きます。拡張キュレットよっ取り除かれる胎児ます。キュレット輪型なっナイフで,これ使っ子宮内膜こすり,胎児細かく切り刻みます。

16過ぎ胎児も,食塩注入食塩中毒起こさ中絶ます。長い羊膜差し込ん羊水幾らか吸い取り,代わり濃縮食塩注入ます。胎児その有毒液体飲み込んだり吸い込んだりて,肺いっぱい なると,胎児苦しみます。食塩組織破壊する働きあるため,胎児表皮ただれ落ち,皮むけしなびしまいます。脳から出血始まります。数時間痛み苦しみながら死にます。ところが,1ほどたっ陣痛始まっも,死かけいるものまだ生きいる胎児生まれること時々あります。

胎児成長しすぎて,このよう方法中絶できない場合,方法一つしかありません。子宮切開です。これ帝王切開ですが,生命救ういう通常目的なり,生命終わらせるため行なわます。母親腹部切開し,胎児取り出す手術です。胎児ほとんどすべて場合生きます。泣くことさえあります。しかしそのまま見殺しされるです。窒息たり溺れさせたりするなど手段講じ胎児絶つ場合あります。

医師感じる

世紀医師たちは,尊いヒポクラテス誓い表わさいる価値信奉ました。その誓い一部通りです。「私は,たとえ頼まもたらす与えない。そのよう飲むよう勧めない。いかなる婦人も[中絶行なうための]有害座薬与えない。むしろ,己潔白かつ神聖もの保つ」。

子宮生命絶つ医師たちどのよう倫理葛藤直面するでしょか。ジョージフレッシュ医師よう述べます。「インターン研修中絶行なっ最初ころは,感情苦痛全くありませでした。……満足できなくなっ何百中絶手術施しからことでした。……私変化理由ですか。開業なっばかりころ,一夫婦ところて,中絶欲しい言いました。患者子宮頸硬直で,頸管広げ中絶行なうことできませでした。1また来れば,もっと柔らかくなっいるだろ言いました。夫婦再びましが,考え直し言いました。7か月この夫婦赤ちゃん出産立ち会いました。

「それからたって,私幼いジェフリーテニスクラブプール遊びました。その両親そこ会員だっです。ジェフリーかわいいで,幸せそうでした。あのジェフリー絶たなかっ単に技術困難だっからだ,と考えるぞっました。……母親から依頼いうだけで,成長胎児ずたずた引き裂くは,社会許しならない邪悪行為思います」。

米国は,中絶求める女性5つき4未婚女性ある

中絶手術手伝うやめ看護は,自分中絶診療行なっ仕事ついこう語りました。「胎児断片数える私たち仕事でした。……胎児一部子宮残しまま母親帰ると,深刻問題生じかねません。私肉片集めて,腕2本,脚2本,胴体,頭ある注意深く確かめました。……私4子供ます。……自分職業私生活矛盾あまりに大きく両立せることできませでした。……中絶難しい仕事です」。