アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 1991-10-08

児童虐待の無実の犠牲者

児童虐待の無実の犠牲者

「私もう少し40なりますが,30問題つきまとわ苦しんます。この怒り。この罪悪感。結婚生活問題だらけです。周りたち理解ようくれますが,やはり無理です」と,アイリーン言います。 * アイリーン問題でしょか。彼女子供ころ性的虐待受け,その影響至るまでずっ続いいるです。

そういう決してアイリーンだけありません。幾つ調査よれば,性的虐待受け女性―また男性―は驚くべき上ります。 * ですから子供対する性的虐待は,珍しい異常行動どころか,広くられる悪弊です。それあらゆる社会的,経済的,宗教的,人種集団及んいる悪弊です。

幸いことに,大多数男性女性は,子供そのよう虐待するなど考えことすらない違いありません。しかし,少数危険人物この病的傾向あります。しかも一般固定観念裏腹に,児童虐待加害が,遊び場潜む気違いじみ殺人あるいうケースごくわずかすぎません。大半は,正常外観見事装っいる人々です。そのようたちは,無邪気疑うこと知らない防備子供―普通自分娘―をねらっ倒錯欲望満たします。 * 人前は,優しく親切子供接しますが,ひそかは,脅しつけ,暴力振るい,屈辱堕落性的暴行加えるです。

確かに,そういう恐ろしいことが,一見立派見える多く家庭起こり得るいう理解がたいことです。しかし聖書時代おいさえ,「官能情欲……を一瞬だけ満足せるために」子供たち利用ました。(「国際批評解説」。ヨエル 3:3比較ください。)聖書こう予告ます。「しかし,このこと知っおきなさい。すなわち,終わりは,対処にくい危機時代ます。というのは,人々自分愛する者,……自然情愛持たない者,……自制ない者,粗暴者,善良愛さない者(となるからです)」。ですから今日,児童虐待非常広く行なわいる驚く当たりません。―テモテ二 3:1,3,13

いたずらされ子供残らないしれません。子供ころ虐待大人いう大人すべて,悩んいる様子見せるわけありません。しかし格言あるとおり,「笑っも,心痛むことある」のです。(箴言 14:13)確かに,多く犠牲深い感情残っます。それは,心ずきずき痛む秘められです。それにしても,子供対するいたずらそれほど深刻及ぼすことあるなぜでしょか。時間経過だけは,必ずしもいやさないなぜですか。この病弊広がり考えると,わたしたち注意向けないわけゆきません。確かに,続く記事は,特に児童虐待犠牲なっとっ読む耐えない思えるよう箇所あるしれません。しかし安心ください。希望あります。立ち直ること可能です。

^ 2節 名前すべて仮名です。

^ 3節 性的虐待定義調査方法まちまちで,正確数字把握することまず不可能です。

^ 4節 犠牲ほとんど実父継父いたずらます。また,年上兄弟,おじ,祖父,大人知人,見ず知らずなどよる虐待起きます。犠牲多数女性で,本誌犠牲述べいるおおむね女性ことですが,記事取り上げる情報一般男女いずれ当てはまります。