内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2016年 No.6

 特集記事 | 病気 リスク減らす

病気から身を守る

病気から身を守る

多く古代都市は,巨大城壁守らました。城壁ほんの一部破られると,都市全体危険さらさました。体も,城壁守ら都市ます。どれほどしっかり防御するは,あなた健康大きく影響ます。では,病気もたらす可能ある5要素と,最善思える防御つい考えましょう。

1 水

危険: 有害生物は,汚染通し人体直接“進軍て”きます。

対策: 最善防御は,家使用する汚染から守ることです。それ汚染いる場合,あるいはその恐れある場合は,自分たち安全するため処理施すことできます。 * 飲料密閉容器保存し,清潔ひしゃく給水使っ衛生取り出すようます。清潔入れなりません。可能あれば,排せつ正しく処理すること地元水源汚染ないよういる地域住むようましょう。

2 食品

危険: 有害生物は,食品表面内部ます。

対策: 新鮮栄養たっぷり見えも,汚染いる食品あります。ですから,どんな果物野菜十分水洗いすること習慣ましょう。調理盛りつけは,調理器具,キッチン表面,手など清潔あること確かめます。食品よっは,危険病原殺すため特定温度調理なけれならないものあります。変色いるもの,変においするもの注意ください。それ微生物大群あなた待ち構えいるしるししれません。使わないできるだけ早く冷蔵入れます。病気は,ほか食事作るやめましょう。 *

 3 虫

危険: は,体内有害微生物宿して,それうつすものあります。

対策: 病気媒介する接触避けましょう。そう活動する時間屋内いるようたり,長袖ズボンなど着用露出ないようたりするです。寝る蚊帳虫よけなど使います。水たまりできそう容器などボウフラわくで,処分ます。 *

4 動物

危険: 動物体内何ら及ぼさない細菌も,人間健康脅かす場合あります。ペットなど動物かまたり引っかかたりすると,あるいはその触れたりすると,危険です。

対策: 飼っいる動物入れないようて,動物接触最小限いるます。家畜触っ洗います。野生動物接触一切避けます。かまたり引っかかたり場合は,傷口よく洗い,医師もらいましょう。 *

5 人間

危険: ある病原は,せきくしゃみよる飛沫感染体内侵入ます。ハグ握手いっ皮膚接触通し広がることあります。他触っドアノブ,手すり,電話機,リモコン,コンピュータータッチスクリーンキーボードは,微生物潜んいるしれません。

対策: カミソリ,歯ブラシ,タオルなど共用ないようましょう。血液血液由来製品含め,動物体液触れないようます。十分かつ頻繁洗うこと価値過小評価なりません。それは,感染阻止するうえ最も有効方法しれません。

病気は,できるだけ出歩かないようましょう。米国疾病対策予防センターは,せきくしゃみするは,手なくティッシュペーパー覆うよう勧めます。

格言こう述べます。「災い隠す明敏ある」。(箴言 22:3)この言葉は,危険潜む病気悩まされる今日世界あって,まさに至言です。ですから,地元保健当局から情報得るに,衛生習慣着けて,危険から隠しください。ガード固め,病気リスク減らしましょう。

^ 6節 世界保健機関は,家庭水質改善する方法て,塩素処理,日光消毒,ろ過,煮沸など推奨ます。

^ 9節 食品安全つい詳しくは,「目ざめよ!」201263‐9ページご覧ください。

^ 12節 マラリア対策ついは,「目ざめよ!」2015714‐15ページご覧ください。

^ 15節 有毒生物より負っ場合は,通常,緊急治療受ける必要あります。