内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2016年 No.6

 特集記事

病気 リスクを減らすには

病気 リスクを減らすには

あなた毎日,敵戦っます。音立て見えないに,死もたらす恐れあるです。そのは,体侵入する細菌,ウイルス,寄生虫などで,健康脅かします。 * あなたそう戦い気づかないしれません。免疫システムが,症状出るに,そう侵入ほとんど追い払ったりやっつけたりするからです。しかし,有害病原優位立つ場合あります。そうなると,薬治療などよっ防御高める必要生じるしれません。

幾千間,肉眼見えないほど微小有害生物危険ほとんど知らませでした。しかし19世紀なって,科学たち研究より細菌病気関係分かっくると,もっと上手守ることできるようなりました。以来,医学たちは,天然ポリオいっ感染脅威撲滅あるいは激減ました。といえ最近は,黄熱デングなど返り咲います。なぜでしょか。以下要素考えられます。

  • 毎年,膨大人々地球行き来し,往々病原運び屋なっます。「臨床感染学」(英語)という機関記事よると,人々から移動するに「発病高い伝染ほぼすべて」を広める可能あるいうことです。

  • 一部細菌は,抗生物質対する耐性持つようなっます。「世界は,ポスト抗生物質時代向かっいる。一般感染は……再び死者出すものあるだろう」と,世界保健機関述べます。

  • 社会不安貧困も,病気まん延阻止ようする政府取り組み妨げます。

  • 病気予防関する実際知識持っない少なくありません。

こう気がかり傾向あるものの,自分家族守るためできることたくさんあります。発展途上おいさえ,簡単効果予防取ること可能です。次記事ご覧ください。

^ 3節 大半細菌病気引き起こしません。この一連記事取り上げるは,健康脅かす微生物病原などです。