内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2016年 No.6

 だれ設計?

ムール貝の足糸

ムール貝の足糸

ムールはじめするイガイ仲間は,フジツボ同様,岩船体張り付きますが,物表面固着するフジツボ違い,足糸呼ばれる細い繊維出し固定ます。この仕組みおかげ自由食べたり移動たりできますが,足糸衝撃耐えるあまりにきゃしゃ見えます。こんな足糸どうやっ固定し,海中流さしまわないようできるでしょか。

考えください: 足糸一方固くなっますが,もう一方柔らかく伸縮富んます。研究たちは,この足糸持つ,固い成分80%,柔らかい成分20いう比率付着最強すること突き止めました。その付着ゆえに,足糸荒波もま耐えることできるです。

ガイジェニン教授は,この研究結果を「驚くべきこと」と呼び,こう加えます。「この生物不思議は,柔らかい部分固い部分見事融合いう構造ある」。科学たちは,この足糸仕組みを,建物水中様々装置付着たり,腱癒合たり,手術傷口閉じたりするなど,多種多様分野活用できる考えます。米国カリフォルニア大学サンタバーバラ教授Jハーバートウェイトは,「接着方法関して,我々自然から学べること無尽ある」と述べます。

どう思わますか: ムール足糸進化よるものでしょか。それとも,だれ設計でしょか。

もっと調べる

本や冊子

生命 ― どこから?

生命の起源について何を信じるかは非常に重要なことです。