アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2016年 NO.6

驚異のクマノミ

驚異のクマノミ

クラウン  アネモネフィッシュ

クマノミ ほど 注目  集め  いる   まれ です。この   英語  clown fish<クラウン  フィッシュ>と 呼ば   おり,サーカス  道化 師(clown)を 思わ  ます。その 美しい 配色      とらえる    しれ ませ ん。あるいは,わたしたち  驚嘆  せる  は,この   選ぶ   ほう   しれ ませ ん。なんと,イソギンチャク(sea anemone)の 触手    暮らし  いる  です! この   別名  anemonefish<アネモネフィッシュ>で ある   うなずけ ます。

クマノミ は,ハリウッド  スター 並み です。写真  撮ら れる こと  抵抗  ない  です。ダイビング  シュノーケリング  する  は,カメラ  向ける  クマノミ  大抵,“ポーズ  取っ て”くれる,と 考え   ます。滅多   から 離れ ず,それ ほど 人見知り   ない から です。

しかし,クマノミ  驚異  存在    いる  は,一見 危険  その ライフスタイル です。毒  持つ 触手    暮らす など,毒 ヘビ        構える よう  もの でしょ う。ところが,クマノミ  イソギンチャク  切っ   切れ ない 関係  ある  です。なぜ こんな 奇妙  コンビ  組む こと  でき,しかも うまく ゆく  でしょ  か。

“あなた なし   生き  ゆけ ない”

ツーバンデッド  アネモネフィッシュ

  良い コンビ  大抵 そう  ある よう に,クマノミ  イソギンチャク  持ちつ持たれつ  関係  あり ます。クマノミ  とっ て,この 関係  単に 都合  よい  いう だけ  こと   あり ませ  ん。なく   なら ない もの   です。海洋 生物   たち は,野生  クマノミ  家主  イソギンチャク   ない  生息 でき ない こと  突き止め まし た。泳ぎ  得意  ない クマノミ は,イソギンチャク  守ら    ない と,お腹  すか   捕食 生物  餌食  なっ  しまう こと でしょ う。しかし,イソギンチャク      し,敵  脅かさ     逃げ込む シェルター  する こと で,クマノミ  寿命  10    なる  考え られ   ます。

クマノミ  とっ て,イソギンチャク  安全  巣,そして 住まい です。家主  イソギンチャク  付け根    産み付け,父親  母親    いつも 大事  見守り ます。やがて,その イソギンチャク  周り  は,クマノミ 一家  泳ぎ回る 姿   られる よう  なり ます。

では,イソギンチャク  とっ  は,どんな メリット  ある  でしょ  か。クマノミ    ボディーガード  なっ て,イソギンチャク  触手  好物  する チョウチョウウオ  追い払い ます。少なく   サンゴイソギンチャク は,クマノミ なし   生き  ゆけ ませ ん。研究  たち  クマノミ  取り除い  ところ,24 時間 以内  イソギンチャク      なくなっ  しまい まし た。恐らく,チョウチョウウオ  食べ られ  しまっ   でしょ う。

クマノミ  家主  エネルギー  与える こと さえ する よう です。クマノミ  分泌 する アンモニウム は,イソギンチャク  成長  早め ます。さらに,クマノミ  触手    泳ぎ回る と,酸素  豊富  海水  循環  よく なる  です。

ほか    怖がる ところ  行く

ハナビラクマノミ

クマノミ  場合,その 皮膚  保護  なっ   ます。皮膚  表面  粘液   ある ため,イソギンチャク  刺さ    済み ます。この ケミカルコーティング  おかげ で,イソギンチャク  どうやら,クマノミ  自分 たち  仲間  考える よう です。ある 海洋 生物    言う  は,クマノミ は“イソギンチャク    かぶっ  魚”に なる  です。

幾つ   研究  よれ ば,クマノミ  新しい 家主  選ぶ  当たり,それ  順応 する 過程  踏ま なけれ  なら ない よう です。クマノミ  初めて イソギンチャク  近づく とき,数 時間  わたり,イソギンチャク  触れ たり 離れ たり  繰り返す 様子  観察     まし た。この よう  接触  仕方  より,その 新しい イソギンチャク  持つ   合わせ て,皮膚  保護   修正 できる よう です。恐らく この 過程 で,クマノミ  イソギンチャク  少し 刺さ  ます。でも その  は,仲良く 共生   ゆく  です。

種類  違う 生き物  こう   協力 関係 は,チームワーク  いう   素晴らしい 教訓  与え  くれ ます。様々  分野 で,多種 多様  文化  背景  持つ 人々 が,それぞれ  才知  出し合う こと  より,驚く べき 成果  上げ   ます。ほか    合わせ  仕事  する  は,クマノミ  同様,少し 時間  かかる   しれ ませ ん。でも,その 結果  考えれ ば,そう する だけ  価値  十分  あり ます。