内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2016年 No.6

驚異のクマノミ

驚異のクマノミ

クラウンアネモネフィッシュ

クマノミほど注目集めいるまれです。この英語clown fish<クラウンフィッシュ>と呼ばおり,サーカス道化師(clown)を思わます。その美しい配色とらえるしれません。あるいは,わたしたち驚嘆せるは,この選ぶほうしれません。なんと,イソギンチャク(sea anemone)の触手暮らしいるです! この別名anemonefish<アネモネフィッシュ>であるうなずけます。

クマノミは,ハリウッドスター並みです。写真撮られること抵抗ないです。ダイビングシュノーケリングするは,カメラ向けるクマノミ大抵,“ポーズ取って”くれる,と考えます。滅多から離れず,それほど人見知りないからです。

しかし,クマノミ驚異存在いるは,一見危険そのライフスタイルです。毒持つ触手暮らすなど,毒ヘビ構えるようものでしょう。ところが,クマノミイソギンチャク切っ切れない関係あるです。なぜこんな奇妙コンビ組むことでき,しかもうまくゆくでしょか。

“あなたなし生きゆけない”

ツーバンデッドアネモネフィッシュ

良いコンビ大抵そうあるように,クマノミイソギンチャク持ちつ持たれつ関係あります。クマノミとって,この関係単に都合よいいうだけことありませ ん。なくならないものです。海洋生物たちは,野生クマノミ家主イソギンチャクない生息できないこと突き止めました。泳ぎ得意ないクマノミは,イソギンチャク守らないと,お腹すか捕食生物餌食なっしまうことでしょう。しかし,イソギンチャクし,敵脅かさ逃げ込むシェルターすることで,クマノミ寿命10なる考えられます。

クマノミとって,イソギンチャク安全巣,そして住まいです。家主イソギンチャク付け根産み付け,父親母親いつも大事見守ります。やがて,そのイソギンチャク周りは,クマノミ一家泳ぎ回る姿られるようなります。

では,イソギンチャクとっは,どんなメリットあるでしょか。クマノミボディーガードなって,イソギンチャク触手好物するチョウチョウウオ追い払います。少なくサンゴイソギンチャクは,クマノミなし生きゆけません。研究たちクマノミ取り除いところ,24時間以内イソギンチャクなくなっしまいました。恐らく,チョウチョウウオ食べられしまっでしょう。

クマノミ家主エネルギー与えることさえするようです。クマノミ分泌するアンモニウムは,イソギンチャク成長早めます。さらに,クマノミ触手泳ぎ回ると,酸素豊富海水循環よくなるです。

ほか怖がるところ行く

ハナビラクマノミ

クマノミ場合,その皮膚保護なっます。皮膚表面粘液あるため,イソギンチャク刺さ済みます。このケミカルコーティングおかげで,イソギンチャクどうやら,クマノミ自分たち仲間考えるようです。ある海洋生物言うは,クマノミは“イソギンチャクかぶっ魚”になるです。

幾つ研究よれば,クマノミ新しい家主選ぶ当たり,それ順応する過程踏まなけれならないようです。クマノミ初めてイソギンチャク近づくとき,数時間わたり,イソギンチャク触れたり離れたり繰り返す様子観察ました。このよう接触仕方より,その新しいイソギンチャク持つ合わせて,皮膚保護修正できるようです。恐らくこの過程で,クマノミイソギンチャク少し刺さます。でもそのは,仲良く共生ゆくです。

種類違う生き物こう協力関係は,チームワークいう素晴らしい教訓与えくれます。様々分野で,多種多様文化背景持つ人々が,それぞれ才知出し合うことより,驚くべき成果上げます。ほか合わせ仕事するは,クマノミ同様,少し時間かかるしれません。でも,その結果考えれば,そうするだけ価値十分あります。